リモートファクスで子機から親機に送信する場合の動作について



リモートファクスで子機から親機に送信する場合の動作について
更新日 : 2018年2月2日
文書番号 : Q000052447




Q1)子機側から送信のキャンセルは出来ますか。
A1)キャンセル出来ます。


注意事項
・同報送信ジョブをキャンセルした際は同報リスト全てがキャンセルされます。
・サーバーに届いているジョブはタイムラグによりキャンセル指示を行った際に通信が終了しており、キャンセルできない場合があります。


Q2)子機側から送信状況の確認は出来ますか。
A2)子機から確認出来ます。

Q3)子機側から送信エラー状況を確認できますか。
A3)子機から確認出来ます。

*親機の送信結果は、子機と同期を取ります

重要

・1台のiR-ADVにスーパーG3FAXボードとリモートFAX送信キットを同時に装着することはできません。そのためFAXボード搭載機はリモートファクスの子機になることができません。

・iR-ADV C2000/C2200/C3300シリーズはリモートファクスの親機になることができません。

・iR-ADV C2218F-V/C350Fはリモートファクス非対応です。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C2020 / iR-ADV C2020F / iR-ADV C2030 / iR-ADV C2030F / iR-ADV C2030F-R / iR-ADV C2218F-V / iR-ADV C2220 / iR-ADV C2220F / iR-ADV C2230F / iR-ADV C355F / iR-ADV C356F II / iR-ADV C3320F / iR-ADV C3330 / iR-ADV C3330F / iR-ADV C3520F / iR-ADV C3530 / iR-ADV C3530F / iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5035F-R / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C5051F-R / iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C5535 / iR-ADV C5535F / iR-ADV C5540 / iR-ADV C5540F / iR-ADV C5550 / iR-ADV C5550F / iR-ADV C5560 / iR-ADV C5560F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C7565 / iR-ADV C7570 / iR-ADV C7580 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 4025 / iR-ADV 4025F / iR-ADV 4035 / iR-ADV 4035F / iR-ADV 4045 / iR-ADV 4045F / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 4525 / iR-ADV 4525F / iR-ADV 4535 / iR-ADV 4535F / iR-ADV 4545 / iR-ADV 4545F / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6065-R / iR-ADV 6075 / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 6555 / iR-ADV 6560 / iR-ADV 6565 / iR-ADV 6575 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO / iR-ADV 8585 / iR-ADV 8595 / iR-ADV 8505

 

[TOP▲]
このページのトップへ