アドバンスドボックスの共有スペースへファクス転送を行う場合の手順を教えてください



アドバンスドボックスの共有スペースへファクス転送を行う場合の手順を教えてください
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000053198




アドバンスドボックスの共有スペースへファクス転送を行う場合の設定手順例

今回は一例としてSMB接続で行う場合を取り上げます。

1.アドバンスドボックスを公開し、SMB接続できるようにする。
2.アドバンスドボックスを宛先表に登録する。
3.ファクス転送設定を行う。
 
1.アドバンスドボックスを公開し、SMB接続できるようにする
1、(SMB公開設定し、共有スペース利用設定を行う)
設定/登録>ファンクション設定>ファイル保存/利用>アドバンスドボックス設定>
外部公開設定>SMBで公開

2、(外部PCからのアクセスを許可する)
設定/登録>ファンクション設定>ファイル保存/利用>アドバンスドボックス設定>
外部からの書き込み禁止:OFF

3、(様々なファイル形式の保存を可能にする)
設定/登録>ファンクション設定>ファイル保存/利用>アドバンスドボックス設定>
保存許可ファイル形式:すべて

4、(認証による利用管理を行う)
設定/登録>ファンクション設定>ファイル保存/利用>アドバンスドボックス設定>
認証管理:ON
*タッチパネルからのログイン時に認証が必要がない場合はOFFのままでも可



5、(ユーザがPCからアドバンスドボックスにアクセス可能にする) 
1)設定/登録>環境設定>ネットワーク設定>SMBサーバー設定>SMBサーバを使用:ON
2)設定/登録>環境設定>ネットワーク設定>SMBサーバー設定>SMB認証設定> SMB認証を使用:ON
認証タイプ(NTLMv1/NTLMv2)を選択



6、アドバンスドボックス用のユーザ作成
リモートUIからアドバンスドボックスのユーザー管理をクリックし管理者ログインし、ユーザーの追加から
WindowsPC からSMB接続するためのユーザーを作成します。
例)ユーザー名:advuser パスワード:***
※Windowsログイン時のユーザー名と"Administrator"以外の新規ユーザー名で作成することを推奨します。





2.アドバンスドボックスを宛先表に登録する
1、アドレス帳>登録/編集>新規宛先の登録>ファイル





[名称]: 宛先の名称を入力します。任意の名称をつけることができます。

[プロトコル]: Windows SMBを選択します。
[ホスト名]: アドバンスドボックスの共有フォルダへのアクセス 例)\\ADVANCE\share
[フォルダーへのパス]: shareフォルダ下の階層のフォルダを入力 *1
[ユーザー名]: 登録したアドバンスドボックスのユーザ名 (例:advuser)
[パスワード]: 登録したパスワード(例:***)

*1、shareフォルダ直下にファイルを格納できないため、入力は必須になります。

 

3.ファクス転送設定を行う

1、設定/登録>ファンクション設定>受信/転送>共通設定>転送設定>登録
上記で作成したアドバンスドボックスを転送先に指定する。

2、設定/登録>ファンクション設定>受信/転送>共通設定>転送設定
登録した転送設定を選択して条件をONにします。

                                   

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075

 

[TOP▲]
このページのトップへ