リモートファクス時、子機のユーザー名をヘッダーに印字することは可能ですか



リモートファクス時、子機のユーザー名をヘッダーに印字することは可能ですか
更新日 : 2014年2月4日
文書番号 : Q000053451




可能です。
基本的には親機のユーザ略称がヘッダに印刷されますが、子機に発信人名称を登録し、送信時に登録した発信人名称を選択することで、子機の発信人名称が印字されます。
(デフォルト設定をすることにより送信のつど選択する必要もありません)


注意
ファクス番号に関しては、必ず親機に登録した番号が印字されます。


ケース1(回線1、親機×1、子機×2の場合)
親機のユーザー略称または子機側で選択した発信人名称、親機に登録したファクス番号が印字される。


ケース2(回線4、親機×1、子機×4、回線を指定した場合)
親機のユーザー略称または子機側で選択した発信人名称、選択した回線ごとに親機側で登録したファクス番号が印字される。
(印字されるファクス番号は固定)


ケース3(回線4、親機×1、子機×4、回線を自動選択に指定した場合)
親機のユーザー略称または子機側で選択した発信人名称、送信時に自動選択された回線に登録したファクス番号が印字される。
(印字されるファクス番号は固定されない)                                   

重要
iR-ADV C2000/C2200シリーズは、リモートファクスの親機として使用することができません。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C2020 / iR-ADV C2020F / iR-ADV C2030 / iR-ADV C2030F / iR-ADV C2218F-V / iR-ADV C2220 / iR-ADV C2220F / iR-ADV C2230F / iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 4025 / iR-ADV 4025F / iR-ADV 4035 / iR-ADV 4035F / iR-ADV 4045 / iR-ADV 4045F / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075 / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO

 

[TOP▲]
このページのトップへ