ローカルアドレス帳にFAX宛先を登録する



ローカルアドレス帳にFAX宛先を登録する
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000054716



ローカルアドレス帳にFAX宛先を登録する

FAX宛先を登録する方法

1.[アドレス帳]→[登録]を押します。

  

  

2.[新規宛先の登録]を押して[ファクス]を選択します。

    

3.[名称]を押します。

  

4.宛先の名称を入力したあと、[次へ]を押します。

5.宛先の名称のフリガナを入力したあと、[OK]を押します。

  前の手順で入力した文字のフリガナが、あらかじめ入力されています。

注意事項
宛先の検索をする場合、ここで入力したフリガナをもとに検索を行います。検索には、フリガナの1文字目をもとに宛先を限定して並べ替えをする方法や、半角24文字までのカタカナ、記号を使用して宛先を絞り込む方法があります。

6.宛先表ドロップダウンリストを押したあと、宛先表1〜10のいずれかを選択します。

  宛先表1〜10は、アドレス帳を10個に分けているものです。宛先をグループ分けするときなどに便利です。

  これらの宛先表をサブ宛先表と呼びます。

  ここで選択したサブ宛先表(宛先表1〜10)に、ファクス番号が登録されます。

7.(テンキー)でファクス番号を入力します。

    

表示される項目  
[ポーズ] 海外への送信のときに、国際電話識別番号などの次や、ファクス番号の末尾で押します。数字と数字の間で[ポーズ]を押すと「p」と表示され、数字の末尾で[ポーズ]を押すと「P」と表示されます。
[トーン] ダイヤル回線から、プッシュ信号を入力する前に押します。[トーン]を押すと、「T」と表示されます。ダイヤル回線に接続している場合でも、プッシュホンサービスなどを利用できます。
[][] カーソルを移動するときに押します。
[バックスペース] 数字を押し間違えたときに押します。カーソル位置の手前の数字が消去されて、正しい数字が入力できます。
[スペース] スペースを入力するときに押します。
[Fネット] Fネットのファクス番号を入力するときに押します。[Fネット]を押すと、「.」と表示されます。
[詳細設定] Fコード、パスワード、ECM送信、送信スピード、国際送信の設定をするときに押します。モデムダイヤルイン設定で[回線1]を「ON」にしている場合やG3回線増設キット(2回線)、またはG3回線増設キット(2回線)とG3回線増設キット(3・4回線)を追加している場合は、送信時に使用する回線を選択することもできます。
注意事項

ポーズ、スペース、Fネットはファクス番号の先頭に入力することはできません。

ファクス番号の末尾にポーズを入れた場合は、ポーズ時間は10秒固定になります。

  ●[詳細設定]を押した場合

  各項目を設定したあと、[OK]を押します。

  

[Fコード]

[パスワード]

[Fコード]を押して、(テンキー)で入力します。

[パスワード]を押して、(テンキー)で入力します。

[確認入力]を押して、同じパスワードを入力したあと、[OK]を押します。

スペースを入力するときは[スペース]を押します。

[バックスペース]を押すと、最後の1文字が削除されます。

相手先が目的のFコードにパスワードを設定していない場合は、パスワードを入力する必要はありません。

<ECM送信>

[ON]または[OFF]を押します。

<送信スピード>

送信スピードドロップダウンリストを押したあと、送信スピードを選択します。

「33600bps」から「14400bps」、「9600bps」、「4800bps」の順にスピードを下げて、調整してください。

<国際送信>

国際送信ドロップダウンリストを押して、目的の項目を選択します。

国際送信は、海外送信(海外のファクス番号を登録している場合)で、通信エラーがよく発生するときは[国際送信(1)]を設定してください。エラーが解消されないときは、[国際送信(2)]、[国際送信(3)]の順で設定を変更してください。

<回線選択>

回線選択ドロップダウンリストを押して、回線を選択します。

選択できる回線は、オプションの装着状況とファンクション設定(設定/登録)の[モデムダイヤルイン設定]により、次のようになります。

 ・モデムダイヤルイン設定で[回線1]を「ON」にしている場合→ 自動選択、回線1、回線2

 ・G3回線増設キット(2回線)追加時→ 自動選択、回線1、回線2、回線3(モデムダイヤルイン設定で[回  線 1]を「ON」にしている場合)、 回線4(モデムダイヤルイン設定で[回線2]を「ON」にしている場合)

 ・G3回線増設キット(2回線)+G3回線増設キット(3・4回線)追加時→ 自動選択、回線1、回線2、回線  3、 回線4、 回線5(モデムダイヤルイン設定で[回線1]を「ON」にしている場合)、
  回線6(モデムダイヤルイン設定で[回線2]を「ON」にしている場合)、
  回線7(モデムダイヤルイン設定で[回線3]を「ON」にしている場合)、
  回線8(モデムダイヤルイン設定で[回線4]を「ON」にしている場合)

[自動選択]を設定すると、ファンクション設定(設定/登録)の[送信回線の選択]で「優先送信」が設定されている回線が選択されます。

※Fコードを付加して送信する場合は、送信先のファクス機がITU-T(国際電気通信連合の通信規格などを制定する部門)規格に準拠したFコード通信に対応している必要があります。

8.宛先の登録を終了します。

  ●アドレス帳のアクセス番号管理をしている場合

  ・[次へ]を押します。

  ・[アクセス番号]を押します。

  ・[アクセス番号]を押したあと、(テンキー)でアクセス番号を入力します。

  ・[確認入力]を押して、同じアクセス番号を入力したあと、[OK]→[OK]を押します。

  ・アクセス番号を指定しない場合は、空欄のまま[OK]を押します。

  ●アドレス帳のアクセス番号管理をしていない場合

  ・[OK]を押します。

 

戻る


関連情報

戻る


 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075

 

[TOP▲]
このページのトップへ