ローカルアドレス帳にEメール宛先を登録する



ローカルアドレス帳にEメール宛先を登録する
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000054770



ローカルアドレス帳にEメール宛先を登録する

ローカルアドレス帳にEメール宛先を登録する方法

1.[アドレス帳]を押します。

   

2.[登録]を押します。

  

3.[新規宛先の登録]を押します。

  

4.[Eメール]を選択します。

  

5.[名称]を押して宛先の名称を入力したあと、[次へ]を押します。

  

6.宛先の名称のフリガナを入力したあと、[OK]を押します。

前の手順で入力した文字のフリガナが、あらかじめ入力されています。

注意事項
宛先の検索をする場合、ここで入力したフリガナをもとに検索を行います。検索には、フリガナの1文字目をもとに宛先を限定して並べ替えをする方法や、半角24文字までのカタカナ、記号を使用して宛先を絞り込む方法があります。

7.宛先表表示ドロップダウンリストを押したあと、宛先表1〜10のいずれかを選択します。

宛先表1〜10は、アドレス帳を10個に分けているものです。
宛先をグループ分けするときなどに便利です。
ここで選択した宛先表(宛先表1〜10)に、Eメールアドレスが登録されます。

8.[Eメールアドレス]を押してアドレスを入力したあと、[OK]を押します。

 

9.データ分割の[ON] または[OFF] を選択します。

選択する項目

[ON]:
相手先のメールソフトに、分割されたデータを結合する機能がある場合は、[ON]に設定します。
添付画像のデータサイズがファンクション設定(設定/登録)のEメール/Iファックス設定の
[送信データサイズ上限値] で設定した上限値を超えた場合は、複数のデータに分割して送信します。
相手先ですべての分割データを受信したら1つのデータに結合されます。

[OFF]:
相手先のメールソフトに、分割されたデータを結合する機能がない場合は[OFF]に設定します。
添付画像 のデータサイズがファンクション設定(設定/登録)のEメール/Iファックス設定の
[送信データサイズ上限値]で設定した上限値を超えた場合は、添付画像をページ境界で区切り、
複数のメールに分割して送信します。

相手先のメールソフトの仕様を確認してから設定してください。
相手先で使用できない設定をした場合、エラーが発生することがあります。

10.宛先の登録を終了します。

●アドレス帳のアクセス番号を管理している場合:

  • [次へ]を押します。
  • [アクセス番号]を押します。
  • [アクセス番号]を押したあと、(テンキー)でアクセス番号を入力します。
  • [確認入力]を押して、同じアクセス番号を入力したあと、[OK]→[OK]を押します。

アクセス番号を指定しない場合は、空欄のまま[OK]を押します。

●アドレス帳のアクセス番号を管理していない場合:

  • [OK]を押します。

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO

 

[TOP▲]
このページのトップへ