カセット用紙サイズの変更方法(iR-ADV C2000/C2200/C5000/C5200/4000/4200 シリーズ)



カセット用紙サイズの変更方法(iR-ADV C2000/C2200/C5000/C5200/4000/4200 シリーズ)
更新日 : 2014年1月31日
文書番号 : Q000055300



セットする用紙サイズが今までセットしていた用紙と異なる場合は、次のようにカセットガイドを調節してください。

注意事項
※OHPフィルムはA4サイズのみセットできます。OHPフィルムをセットするときは、スライドガイドを必ずA4にあわせてください。A4サイズ以外のOHP フィルムをセットすると、用紙サイズや用紙残量を正しく検知できません。
※日本でおもに使われている用紙サイズは、A3、A4、B4、B5などの「A/B系列」です。レター(LTR)やリーガル(LGL)といった「インチ系列」は北米などの地域でよく使われています。本製品は、お客様の使用状況にあわせてどちらの系列でも使用できます。

カセット用紙サイズを変更する方法

1.用紙サイズを変更するカセットのオープンボタンをいったん押して離します。カセットを引き出し、セットされている用紙をすべて取り出します。

 

2.左側ガイドをセットする用紙サイズの指標までスライドさせます。

ガイドは、カチッと音がする位置までスライドさせます。

※305×457mmの用紙をセットする場合は、左側ガイドを左側手前の指定された指標までスライドさせます。

 

3.図のようにレバーをつまみ、前側ガイドをスライドさせ、セットする用紙サイズの指標にあわせます。

ガイドは、カチッと音がする位置までスライドさせます。

※紙づまりやプリントの汚れ、本製品内部の汚れの原因になりますので、用紙サイズの指標に必ず正しくあわせてください。

 

4.変更したサイズの用紙をカセットにセットします。

※用紙を補給するときは、用紙の端で手を切ったりしないように、注意してください。

 

5.用紙サイズラベルの表示を変更後の用紙サイズに変更します。

※用紙サイズラベルには、機種や設定によっては使用できないサイズも書かれています。

 

6.カセットをカチッと音がするまで静かに本体に押し込みます。

※カセットを戻す場合は、すき間に指をはさまないように注意してください。

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C2020 / iR-ADV C2020F / iR-ADV C2030 / iR-ADV C2030F / iR-ADV C2218F-V / iR-ADV C2220 / iR-ADV C2220F / iR-ADV C2230F / iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV 4025 / iR-ADV 4025F / iR-ADV 4035 / iR-ADV 4035F / iR-ADV 4045 / iR-ADV 4045F / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F

 

[TOP▲]
このページのトップへ