機能制限モードについて(iR-ADV 8xxx/C7xxx/C9xxxシリーズ)



機能制限モードについて(iR-ADV 8xxx/C7xxx/C9xxxシリーズ)
更新日 : 2013年4月25日
文書番号 : Q000057113



 

フィニッシャーのシフトやステイプルソートを設定してプリントするときに何度も失敗する場合は、
フィニッシャーのシフトやステイプルソートの機能を一時的に使用しないよう設定できます。

また、サービスコール画面から一時的な処置として機能制限モードを設定した場合も、本設定を[OFF]にすることで機能制限を解除できます。
ただし、エラーの原因が解決されていない場合は、再びサービスコールが表示されます。

 

機能制限モードを設定する方法
  1. (設定/登録) → [管理設定] → [デバイス管理] → [機能制限モード]を押します。
  2. 機能制限モードを設定します。
      設定は、本体の主電源スイッチを入れなおしたあと有効になります。

    【iR-ADV C92xx/C90xx/82xx/8xxx シリーズの場合】
    • 制限したい機能/制限を解除したい機能を選択します。
    • [ON]または[OFF]を選択したあと、[OK]を押します。

    【iR-ADV C72xx/C70xx シリーズの場合】
    • [ON]または[OFF]を押したあと、[OK]を押します。
注意
機能制限モードの設定は本体操作のみとなり、リモートUIからの設定はできません。

 

戻る

 

 

 

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075 / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO

 

[TOP▲]
このページのトップへ