用紙カセット自動選択のON/OFFを設定する(iR-ADV 40xx/42xx/60xx/62xx/80xx/81xx/82xx シリーズ)



用紙カセット自動選択のON/OFFを設定する(iR-ADV 40xx/42xx/60xx/62xx/80xx/81xx/82xx シリーズ)
更新日 : 2014年1月24日
文書番号 : Q000058173



自動用紙選択とオートカセットチェンジの対象となる給紙箇所を各段ごとに設定できます。
また、この設定はそれぞれの機能ごとに設定できます。機能ごとに給紙箇所を使い分ける場合に設定してください。
重要
[ON」に設定した給紙箇所は、次の機能の選択時に対象となります。
 自動用紙選択:プリント時に自動的に適切な用紙(給紙箇所)を選ぶ機能です。
 オートカセットチェンジ:連続プリント中に給紙箇所の用紙がなくなりかけたときに、同じサイズ・種類の用紙がセットされている他の給紙箇所から自動的に給紙する機能です。

 

用紙カセット自動選択のON/OFFを設定する
  1. (設定/登録)→[ファンクション設定]→[共通]→[給紙動作]→[用紙カセット自動選択のON/OFF]を押します。


  2. [コピー]、[プリンター]、[保存ファイルの利用]、[受信/ファクス]または[その他]を押します。



  3. [受信/ファクス]は、FAXボードを装着している場合に表示されます。
    FAXボードを装着していない場合は、[受信]と表示されます。
    [その他]は、レポート出力時に対象となる給紙箇所の設定を行います。


  4. 給紙箇所について[ON]または[OFF]を選択したあと、[OK]を押します。
    [ON]: 給紙箇所をオート選択の対象にします。
    [OFF]: 給紙箇所をオート選択の対象にしません。
給紙箇所の各番号はそれぞれ以下の場所を示しています。

 例) ペーパーデッキユニット装着時(:手差しトレイ)
      ※iR-ADV 60xx シリーズ
    1.:ペーパーデッキ(右側)
    2:ペーパーデッキ(左側)
    3:カセット(上段)
    4:カセット(下段)
    5:ペーパーデッキユニット
     (オプション)
 例) ペーパーデッキユニット装着時(:手差しトレイ)
      ※iR-ADV 60xx シリーズ
    1:ペーパーデッキ(右側)
    2:ペーパーデッキ(左側)
    3:カセット(上段)
    4:カセット(下段)
    5:ペーパーデッキユニット
     (オプション)

 

注意
・手差し以外の給紙箇所をすべて「OFF」に設定することはできません。
・[生産性を重視する]を押すと、用紙を完全に使い切る前に給紙箇所を変更することにより、給紙箇所の変更時にも途切れずに給紙を行います。
・[コピー]を選択した場合は、用紙の種類を考慮するかどうか設定できます。
・[用紙の種類を考慮する]を「ON」にした場合は、プリント中に用紙がなくなったときに、 サイズが同じであっても登録されている用紙の種類が異なる場合は、他の給紙箇所から給紙を行いません。
・[用紙の種類を考慮する]を「OFF」にした場合は、プリント中に給紙箇所の用紙がなくなったときに、サイズが同じ用紙がセットされていれば、 他の給紙箇所から給紙を行います。
・手順2で[プリンター]を選択した場合、は表示されません。

 

 

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV 4025 / iR-ADV 4025F / iR-ADV 4035 / iR-ADV 4035F / iR-ADV 4045 / iR-ADV 4045F / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075 / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO

 

[TOP▲]
このページのトップへ