宛先表編集ツールの概要と用途



宛先表編集ツールの概要と用途
更新日 : 2015年10月9日
文書番号 : Q000058690




概要

「iR-ADV/iR宛先表編集ツール」はimageRUNNER ADVANCE/Color imageRUNNER/imageRUNNERの宛先表をコンピュータ上で簡単に編集・加工するためのツールです。各シリーズ間の宛先表の変換、あるいはCSVデータやWindowsアドレス帳データの変換に対応し、宛先表の作成とメンテナンス作業を簡単にします。

■動作環境/バージョンアップ情報/ダウンロード/ユーザガイド
hhttp://cweb.canon.jp/drv-upd/ir/atesaki-win8.html


■宛先表編集ツールVer.2.0からの新機能
・imageRUNNER ADVANCEに正式対応
・FAX論理8回線に対応
・宛先情報のCSVエクスポート機能に対応
・[標準設定]や一覧画面から[アクセス番号]入力対応
・SMB送信などの[パスワードをその都度入力する]に対応




用途

■既存データの変換

既に表計算ソフト等でアドレス帳を作成している場合、宛先表編集ツールを使用する事でiR-ADVの宛先表にインポートできる形式に変換することが可能です。

■宛先表データ/ワンタッチ宛先データの相互変換

宛先表のデータをそのままワンタッチ宛先にインポートすることは出来ません。宛先表編集ツールにて変換することで対応が可能です。

■異なるiRシリーズへのデータ移行

異なる機種では作成される宛先表フォーマットが違い、そのままインポートは出来ない場合があります。 その場合、宛先表編集ツールで変換することで対応が可能です。
仕様

■読込可能なファイルフォーマット
・専用ファイルフォーマット(.abk)
・カンマ区切りテキストファイル(.csv)

■書き出し可能なファイルフォーマット
・専用ファイルフォーマット(.abk)
・CSVファイル形式(Ver.2.0より)

■iR-ADVからのインポート/エクスポート設定方法
リモートUI>設定/登録>管理設定>データ管理>インポート/エクスポート>宛先表>エクスポート

                                   

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C2020 / iR-ADV C2020F / iR-ADV C2030 / iR-ADV C2030F / iR-ADV C2218F-V / iR-ADV C2220 / iR-ADV C2220F / iR-ADV C2230F / iR-ADV C350F / iR-ADV C3320F / iR-ADV C3330 / iR-ADV C3330F / iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 4025 / iR-ADV 4025F / iR-ADV 4035 / iR-ADV 4035F / iR-ADV 4045 / iR-ADV 4045F / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075 / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO

 

[TOP▲]
このページのトップへ