原稿向き自動検知機能について



原稿向き自動検知機能について
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000058818




 
概要
スキャン時に原稿の向きを検知して自動的に回転して送信する機能です。 ファイル形式で「PDF/XPS/OOXML(OCR)」を選択時、原稿向き自動検知機能がONになっていた場合に 有効になる機能です。

注意事項
・OCR認識と連動しているため、OCR認識不可の場合は、原稿の向きが検知出来ず回転出来ません。
・用紙のサイズや原稿の種類によっては、あとから向き修正が必要になる場合もあります。
 (その場合は設定をオフにしておき、まとめて回転処理をしてください。)




設定方法
1、(設定/登録)→[ファンクション設定]→[共通]→[ファイル生成]→[OCR(文字認識)設定]を押します。

2、各項目を設定したあと、[OK]を押します。

 

<原稿向き自動検知>:

[ON]: 原稿向き自動検知を行い、原稿の向きを自動的に回転して送信を行います。
[OFF]:原稿向き自動検知を行いません。

                                   

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C2020 / iR-ADV C2020F / iR-ADV C2030 / iR-ADV C2030F / iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075

 

[TOP▲]
このページのトップへ