紙がない時にファクス受信をした場合の動作(メモリー代行受信)



紙がない時にファクス受信をした場合の動作(メモリー代行受信)
更新日 : 2015年10月2日
文書番号 : Q000058956




メモリー代行受信をします。(iR-ADVシリーズは最大32ジョブ(C3300シリーズは320ジョブ)まで蓄積可能)

メモリー代行受信とは

用紙切れ、トナー切れ、紙づまり等により受信文書が出力できない場合、本体のHDDに貯めておく事ができる機能です。
トラブルが解消した後は自動的に出力されます。メモリー受信の時と異なり、データの閲覧はできません。


※本体HDDの使用状況によっては32ジョブ(C3300シリーズは320ジョブ)に満たない場合があります。
 ブラックトナーが残っている場合は、メモリー受信せずに受信文書が印刷されます。

 


紙づまりやトナー切れ発生時にファクス転送は出来るか

紙づまりやトナー切れが発生していてもスキャナ部に問題なければファクス転送自体は行われます。
例)転送しつつ紙出力の設定時に紙づまりが発生した場合
メモリー代行受信した後ファクス転送はそのまま行われ、紙出力に関しては、紙づまりの処理後出力されます。

※メモリー代行受信の上限を超えていた場合にはファクス受信自体ができないので転送も行われません。

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C2020 / iR-ADV C2020F / iR-ADV C2030 / iR-ADV C2030F / iR-ADV C2218F-V / iR-ADV C2220 / iR-ADV C2220F / iR-ADV C2230F / iR-ADV C350F / iR-ADV C3320F / iR-ADV C3330 / iR-ADV C3330F / iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 4025 / iR-ADV 4025F / iR-ADV 4035 / iR-ADV 4035F / iR-ADV 4045 / iR-ADV 4045F / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075 / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO

 

[TOP▲]
このページのトップへ