バージョンアップで強化されたアドバンスドボックスの機能



バージョンアップで強化されたアドバンスドボックスの機能
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000060350




 
アドバンスドボックス機能強化   
以下の4つの機能が強化されました

1)画像表示
2)URI送信
3)Internal転送
4)管理者権限の拡張

1)画像表示
■ファイルの画像を操作パネルから表示する機能

ボックスに保存されているデータだけでなく、アドバンスドボックス(ネットワーク連携含む)
にあるファイルや、 メモリーメディアに保存されているファイルの画像を、操作パネルで
プレビュー表示できるようになりました。

ここではアドバンスドボックスを例に説明します。

1、メインメニュー画面で[保存ファイルの利用]を押し、格納場所の選択画面で
  [アドバンスドボックスを押します。

2、スペース選択画面で目的のスペースを選択


3、目的のファイルがある階層を表示

4、画像を表示するファイルを選択した後[画像表示]を押します。
    
   

  

メモ
・機能:ページ移動(ジャンプ、次ページ、前ページ)/拡大・縮小/スクロール
・対象:アドバンスドボックス(自機)/ネットワーク(他機のアドバンスドボックス)/メモリーメディア
・対象ファイルフォーマット:JPEG/ TIFF/PDF
※PDFの画像表示には「PS拡張キット」もしくは「ダイレクトプリント拡張キット」が必要です。

注意事項
・表示されるプレビューは、ファイルプレビュー(≠プリントプレビュー)であるため、
印刷結果がプレビューと異なる可能性がございます。
・メモリを多く使う複雑なファイル(ファイルサイズの大きなデータ 等)は、
プレビューできない可能性がございます。
・閲覧可/印刷不可のPDFの場合、プレビューできても印刷はできませんのでご注意ください。
・“ボックス”のプレビュー(画像表示)に比べ、表示までに時間がかかりますのでご注意ください。
(プレビュー用の画像作成を都度行う為)

このページのTopに戻る  

2)URI送信

■アドバンスドボックスにファイル保存時に通知する機能

アドバンスドボックス内にファイルが保存されたときに、Eメールを送信して通知する設定ができます。
Eメールにはファイル名を含めたフォルダーへのパス(URI=Uniform Resource Identifier)が記載されます。
※ファイルは送信されません。

■リモートUI
  設定/登録:ファンクション設定:ファイル保存/利用>アドバンスドボックス設定>URI送信設定
 

 

注意事項
・指定の1フォルダのみ監視になります。
 (子フォルダについての監視をするには、それぞれで設定する必要がございます。)
・URI送信設定のみのリモートUIでのインポート・エクスポートはできません。
 (ユーザモードファイル(umd)には含まれております) 
・URI送信の宛先は“Eメールアドレス、またはEメールアドレスを含んでいるグループのみ有効”です。
・フォルダーへのパスの指定は、ループバックアドレス(127.0.0.1)はできません。

メモ
・通知条件:スキャンして保存時/FAX転送時
・設定方法 :リモートUIより設定

・通知先:アドレス帳から選択
・通知メール:本文)任意で設定可能(半角140文字まで)/件名)任意で設定可能(半角40文字まで)
・通知設定の上限数 :最大16件


このページのTopに戻る
3)Internal転送

■閲覧のみのアドバンスドボックスにファクス転送する機能

ユーザがアドバンスドボックスを読み取り専用に設定している場合であっても、ファクス文書に限り
アドバンスドボックスに転送⇒格納できるようになりました。

●設定方法 :転送の宛先指定で自機を、127.0.0.1(ループバックアドレス)で指定します。
SMBの場合(共有スペース) :\\127.0.0.1\Share\folder
WebDAVの場合 :http://127.0.0.1/Share/folder


 

このページのTopに戻る
4)管理者権限の拡張

■閲覧のみのアドバンスドボックスへの管理者ユーザのアクセス権拡張
SMB/WebDAVで公開されたアドバンスドボックスが読み取り専用に設定している場合であっても、
アドバンスドボックスの管理者ユーザでアクセスした場合には、すべてのフォルダに対し、読み・書き・削除が
可能になります。

●こんな場合に便利です
1 ファイル・フォルダの整理整頓 (削除・移動)
2 パソコンからウイルススキャンを実行
3 任意フォルダからのデータ取得・バックアップ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO

 

[TOP▲]
このページのトップへ