プリンターポートの設定方法



プリンターポートの設定方法
更新日 : 2017年3月17日
文書番号 : Q000068895



ネットワーク接続されているデバイスで使用するプリンターポートを、「Standard TCP/IP Port」に設定する方法を説明します。
印刷ができない場合、プリンタードライバーで設定したポートが実際に使用するポートと一致していない可能性があります。本体のIPアドレスを確認したあと、ドライバーでポートの設定をしてください。

 メモ

  • お使いの機種やオプションの装着状況によって画面が異なる場合があります。
  • お使いのコンピューターの環境、ドライバーの種類/バージョンによっては、画面が異なる場合があります。
  • 機種により対応のOSバージョンが異なります。詳細は「オフィス向け複合機OS対応状況 」をご参照ください。

本体のIPアドレスの確認

本機をネットワークに接続するには、そのネットワーク内で固有のIPアドレスが必要です。IPアドレスは「IPv4」と「IPv6」の2つのバージョンに対応しています。なお、IPv4とIPv6は片方だけ使用することも、同時に両方を使用することもできます。


IPv4アドレスを確認する場合

IPv4アドレスは、DHCPなどを使って自動で割り当てられている場合と手動で設定されている場合があります。次の手順で確認してください。

  1. (設定/登録)を押します。

  2. [環境設定]→[ネットワーク]を押します。


  3. [TCP/IP設定]→[IPv4設定]を押します。


  4. [IPアドレス設定]を押し、IPアドレスを確認します。
     メモ
    • [DHCP]または[Auto IP]が選択されているときは、IPv4アドレスは自動的に割り当てられています。
      [DHCP]と[Auto IP]の両方が選択されているときは、[DHCP]による自動割り当てが優先されます。

  5. [OK]→[閉じる]を押します。

IPv6アドレスを確認する場合

IPv6アドレスは、次の手順で確認してください。

  1. (設定/登録)を押します。

  2. [環境設定]→[ネットワーク]を押します。


  3. [TCP/IP設定]→[IPv6設定]を押します。


  4. 使用環境や目的に応じて設定されているIPv6アドレスを確認します。
    • ステートレスアドレスを確認する
      (1)[ステートレスアドレス設定]を押します。


      (2)ステートレスアドレス設定を確認し、[OK]を押します。

    • 手動アドレスを確認する
      (1)[手動アドレス設定]を押します。


      (2)手動アドレス設定の内容を確認し、[OK]を押します。

    • ステートフルアドレスを確認する
      (1)[DHCPv6を使用]を押します。


      (2)ステートフルアドレスの内容を確認し、[OK]を押します。


  5. [閉じる]を押します。

このページのトップへ


ドライバーのポートの設定(Windows XP/7/8/8.1/10)

 重要

  • コンピューターを起動した際に、必ずAdministratorsのメンバーとしてログオンしてください。

 メモ

  • LPRは、TCP/IPで一般的に使用されているプロトコルです。本体側が、留め置き印刷などの条件としてLPRを使用する設定の場合は、ここでドライバー側もLPRの設定を行ってください。
  • Rawは、Windowsで利用できるプロトコルです。LPRより高速にデータを送信できます。

  1. Windowsコントールパネルの[プリンタとFAX]/[デバイスとプリンター]から、ドライバー画面を表示します。
    Windows 10 ]を右クリックして、[コントロールパネル]→[デバイスとプリンターの表示]をクリックします。
    Windows 8 / 8.1 デスクトップで画面右側のチャームを表示したあと、[設定]→[コントロールパネル]→[デバイスとプリンター]をクリックします。
    Windows 7 ](スタート) → [デバイスとプリンター]をクリックします。
    Windows XP [スタート] → [プリンタとFAX](または[スタート] → [コントロールパネル] → [プリンタとその他のハードウェア] → [プリンタとFAX])をクリックします。

  2. お使いのデバイスのアイコンを右クリックして、[プリンターのプロパティ(Windows XPはプロパティ)]をクリックします。

  3. [ポート]をクリックしたあと、[ポートの追加]をクリックします。


  4. [利用可能なプリンタポートの種類]/[利用可能なポートの種類]から[Standard TCP/IP Port]を選択したあと、[新しいポート]をクリックします。


  5. [次へ]をクリックします。


  6. [プリンタ名またはIPアドレス]/[プリンター名またはIPアドレス]にデバイス名、またはIPアドレスを入力 → [次へ]をクリックします。


    • デバイス名は、ネットワーク上で使用されているデバイス名を入力してください。
    • IPアドレスは、「本体のIPアドレスの確認」の手順4で確認したアドレスを入力してください。
    • [ポート名]は自動的に入力されます。必要に応じて変更してくだい。
    • [ポート情報がさらに必要です]画面が表示された場合は、以下のいずれかの操作を行います。
      • ウィザードの前のページに戻り、[プリンタ名またはIPアドレス]を再入力したあと、[次へ]をクリックします。
      • [デバイスの種類]で[標準]を選択して、[Canon Network Printing Device with P9100]を選択したあと、[次へ]をクリックします。
       メモ
      • お使いの機種によっては、[ポート情報がさらに必要です]画面の[デバイスの種類]-[標準]で選択するデバイス種類が異なる場合があります。


  7. [完了]をクリックします。

  8. [プリンターポート]/[プリンタポート]ダイアログボックスで、[閉じる]をクリックします。
    LPRを使用する場合のみ次の9,10の手順に進んでください。Rawを使用する場合は手順11に進みます。

  9. [ポートの構成]をクリックします。


  10. ポートを設定して[OK]ボタンを押します。
    [プロトコル]で[LPR]を選択したあと、[LPR設定]の[キュー名]にプリントキュー名を入力します。


    [キュー名]に次のいずれかのプリントキューを指定できます。
    LP デバイスのスプールの設定に従って出力します。通常はこの設定にしてください。
    SPOOL デバイスの設定にかかわらず、常にハードディスクにスプールしてから出力します。
    DIRECT デバイスの設定にかかわらず、常にハードディスクにスプールせずに出力します。

  11. [閉じる]をクリックします。

このページのトップへ


▼ Macでの設定

「本体のIPアドレスの確認」で確認したIPアドレスと、MacでのIPアドレス設定が合っているか確認してください。合っていない場合、Macで一度デバイスを削除して、再度デバイスを登録してください。


IPアドレス設定の確認

  1. [システム環境設定]を開き、[プリントとファクス](Mac OS X 10.5/10.6)/[プリントとスキャン](Mac OS X 10.7/10.8)/[プリンタとスキャナ](Mac OS X 10.9/10.10/10.11/10.12)をクリックします。


  2. お使いのデバイスを選択したあと、[オプションとサプライ]をクリックします。


  3. [URL]にデバイスのIPアドレスが表示されます。


    「本体のIPアドレスの確認」で確認したアドレスと合っていない場合、一度デバイスを削除して、再度正しいIPアドレスを入力してデバイスを登録してください。

デバイスの削除

  1. [システム環境設定]を開き、[プリントとファクス](Mac OS X 10.5/10.6)/[プリントとスキャン](Mac OS X 10.7/10.8)/[プリンタとスキャナ](Mac OS X 10.9/10.10/10.11/10.12)をクリックします。


  2. お使いのデバイスを選択したあと、[-]をクリックします。

デバイスの登録

詳細は、「プリンタードライバーインストール方法(Mac版)」の「プリンターの登録」を参照してください。
「本体のIPアドレスの確認」で確認したIPアドレスを設定します。

このページのトップへ


デバイスとの接続がうまくいかない場合

デバイスとの接続がうまくいかない場合は、以下の項目をご確認ください。

コンピュータからデバイスへの通信確認

コンピューターからpingコマンドを送信してデバイスへの通信を確認します。

Windows 10の場合:

「スタート」→「すべてのアプリ」→「Windowsシステムツール」→「コマンドプロンプト」を起動し、「PING△プリンタのIPアドレス」で「Enter」を押します。
デバイスと通信できている場合は「プリンタのIPアドレス からの応答:バイト数 = xx 時間 < xms TTL=xx」が4行表示されます。

Windows 8/8.1の場合:

スタート画面の下側でチャームを表示→「すべてのアプリ」→「コマンドプロンプト」を起動し、「PING△プリンタのIPアドレス」で「Enter」を押します。
デバイスと通信できている場合は「プリンタのIPアドレス からの応答:バイト数 = xx 時間 < xms TTL=xx」が4行表示されます。

Windows 7の場合:

「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を起動し、「PING△プリンタのIPアドレス」で「Enter」を押します。
デバイスと通信できている場合は「プリンタのIPアドレス からの応答:バイト数 = xx 時間 < xms TTL=xx」が4行表示されます。

Windows XPの場合:

「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を起動し、「PING△プリンタのIPアドレス」で「Enter」を押します。
デバイスと通信ができている場合は「Reply from プリンタのIPアドレス:bytes=xx time=xms TTL=xx」が4行表示されます。

Mac OS Xの場合:

「お使いのハードディスク」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」を起動し、「PING△プリンタのIPアドレス」で「Enter」を押します。
デバイスと通信ができている場合は「xx bytes from プリンタのIPアドレス:icmp_seq=xx ttl=xx time=x ms」が表示されます。

デバイスと通信できていない場合

デバイスと通信が出来ない場合は「Request timed out」や「Destination host unreachable」、「転送に失敗しました」など、「Reply from プリンタのIPアドレス・・・」(プリンタのIPアドレス からの応答・・・)、「xx bytes from プリンタのIPアドレス・・・」以外が表示されます。
この場合は、他ネットワークデバイスに対してpingを実行してください。
 他のネットワークデバイスに対して通信ができている場合は、下記「デバイスの確認項目」をご確認ください。
 他のネットワークデバイスに対して通信ができない場合は、ネットワークの物理的接続やPCおよびデバイスのネットワーク設定をご確認ください。

デバイスの確認項目

デバイスに対してのみ通信ができない場合は、以下の項目をご確認ください。

デバイスとネットワークとの物理的接続

本体がネットワークケーブルで正しくネットワークに接続されているかご確認ください。

デバイス主電源の入れなおし

デバイスのTCP/IP各項目の変更は、主電源を入れなおすことで有効になります。

MACアドレスフィルター設定

デバイスのTCP/IP設定には、MACアドレスフィルターの設定があります。
指定したMACアドレスを持つ機器と本製品間でのデータ送受信を拒否する場合は、送信フィルターまたは受信フィルターのデフォルトポリシーを許可に設定してMACアドレス(拒否MACアドレス)を指定します。この結果、指定したMACアドレスを持つ機器と本製品間でデータを送受信できなくなります。指定したMACアドレスを持つ機器のみとデータを送受信する場合は、送信フィルターまたは受信フィルターのデフォルトポリシーを拒否に設定してMACアドレス(許可MACアドレス)を指定します。この結果、本製品がデータを送受信できるのは、指定したMACアドレスを持つ機器のみになります。

1. [設定/登録]キーを押します。
2. [環境設定]→[ネットワーク]を押します。
3. [ファイアウォール設定]→[MACアドレスフィルター]を押します。
4. [送信フィルター]または[受信フィルター]を押します。
5. <フィルターを使用>が[ON]に設定されている場合は、以下をご確認ください。
 <デフォルトポリシー>が[許可]の場合、ご使用のコンピュータのMACアドレスが登録されているとデータの送受信が拒否されます。
 <デフォルトポリシー>が[拒否]の場合、ご使用のコンピュータのMACアドレスが登録されているとデータの送受信が許可されます。

このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C2020 / iR-ADV C2020F / iR-ADV C2030 / iR-ADV C2030F / iR-ADV C2030F-R / iR-ADV C2218F-V / iR-ADV C2220 / iR-ADV C2220F / iR-ADV C2230F / iR-ADV C350F / iR-ADV C355F / iR-ADV C3320F / iR-ADV C3330 / iR-ADV C3330F / iR-ADV C3520F / iR-ADV C3530 / iR-ADV C3530F / iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5035F-R / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C5051F-R / iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C5535 / iR-ADV C5535F / iR-ADV C5540 / iR-ADV C5540F / iR-ADV C5550 / iR-ADV C5550F / iR-ADV C5560 / iR-ADV C5560F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C7565 / iR-ADV C7570 / iR-ADV C7580 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 4025 / iR-ADV 4025F / iR-ADV 4035 / iR-ADV 4035F / iR-ADV 4045 / iR-ADV 4045F / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 4525 / iR-ADV 4525F / iR-ADV 4535 / iR-ADV 4535F / iR-ADV 4545 / iR-ADV 4545F / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6065-R / iR-ADV 6075 / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 6555 / iR-ADV 6560 / iR-ADV 6565 / iR-ADV 6575 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO / iR-ADV 8085 B / iR-ADV 8095 B / iR-ADV 8105 B / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO / iR-ADV 8205 B / iR-ADV 8285 B / iR-ADV 8295 B / iR-ADV 8585 / iR-ADV 8595 / iR-ADV 8505 / iR-ADV 8585B / iR-ADV 8595B / iR-ADV 8505B

 

[TOP▲]
このページのトップへ