主電源を切る方法



主電源を切る方法
更新日 : 2013年11月22日
文書番号 : Q000069267



以下の方法で主電源を切ります。
本製品は、主電源を切るときに、ハードディスクを保護するための処理を行います。
実行中のジョブがあるときや、MEAPアプリケーションなどが起動中のときも、本製品の電源を安全に切ることができます。



iR-ADV C5200シリーズ

1.主電源スイッチのカバーを開きます

2.スイッチを「」側へ倒します。

3.カバーを閉じます。


iR-ADV C9200/C7200/8200シリーズ


iR-ADV 4200シリーズ


iR-ADV 6200シリーズ

 

 重要

 ファクス/IPファクス/Iファクス機能を使用しているときは、主電源スイッチを切らないでください。送受信ができなくなります。
 本体タッチパネルディスプレーに「リモートUIから保存ファイルをバックアップ中です。」というメッセージが表示されているときは、主電源スイッチを切らないでください。保存ファイルのバックアップができなくなります。
 本体がシャットダウンする直前に、他のimageRUNNER ADVANCEまたはコンピューターからアドバンスドボックスにアクセスを受けると、保存されているデータが破損する場合があります。
 本製品の電源が切れるまでに、しばらく時間がかかることがあります。本製品の主電源ランプが消灯するまで電源プラグを抜かないでください。
 原稿読み込み時や出力時に主電源スイッチを切ると、紙づまりの原因になることがあります。


 メモ

[環境設定](設定/登録)の[タイマー/電力設定]で[主電源ON時の高速起動]を「ON」、かつb_app_043.ai(音量調整)のスリープ移行音の設定を「ON」に設定している場合は、主電源を切るとブザーが鳴ります。(使用状況により高速起動されない場合は、ブザーは鳴りません。)

 

このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO / iR-ADV 8205 B / iR-ADV 8285 B / iR-ADV 8295 B

 

[TOP▲]
このページのトップへ