ドメイン環境でネットワークドライブに割り当てたアドバンスドボックスにアクセスできなくなるときの対処方法



ドメイン環境でネットワークドライブに割り当てたアドバンスドボックスにアクセスできなくなるときの対処方法
更新日 : 2016年10月14日
文書番号 : Q000069810



アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てたあと、コンピューターを再起動すると、以下のようなメッセージが表示され、ネットワークドライブからアドバンスドボックスに接続できなくなる場合があります。

その場合は、以下に示す手順にしたがってネットワークドライブを割り当て直してください。
ここでは例として、共有スペース内の「folder」フォルダーをネットワークドライブに割り当て直す方法を説明します。

 既存のネットワークドライブとショートカットを削除する
 「サーバー名」を確認する
 アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当て直す

 必要な条件

 ネットワークの設定がされている
 アドバンスドボックスがSMBプロトコルで公開されている


 メモ

お使いの機種やオプションの装着状況によって画面が異なる場合があります。


既存のネットワークドライブとショートカットを削除する

 Windows XPの場合
 Windows 7の場合

Windows XPの場合
 1.
[スタート][マイコンピューター]をクリックします。

 2.
アドバンスドボックスが割り当てられているネットワークドライブを右クリックして、[切断]をクリックします。

 3.
[コントロールパネル]をクリックします。

 4.
[ユーザーアカウント]をダブルクリックして開きます。

 5.
[詳細設定][パスワードの管理]をクリックします。

 6.
アドバンスドボックスの「IPアドレス」または「ホスト名」を選択して、[削除]をクリックします。

 7.
OK]をクリックします。

 8.
アドバンスドボックスへのショートカットがある場合は、ショートカットを右クリックして、[削除]をクリックします。

 9.
[はい]をクリックします。
既存のネットワークドライブとショートカットが削除されました。


Windows 7/8の場合
 1.
(スタート)[コンピューター]をクリックします。

Windows 8の場合は、デスクトップ画面右上(右下)にカーソルを置き、[検索]をクリック→[コンピューター]をクリックします。

2.

アドバンスドボックスが割り当てられているネットワークドライブを右クリックして、[切断]をクリックします。

 3.
(スタート)[コントロールパネル]をクリックします。

 4.
[ユーザーアカウント](Windows 8の場合は[ユーザー アカウントとファミリー セーフティ])をクリックします。

 5.
[資格情報マネージャー]をクリックします。

 6.
アドバンスドボックスの「IPアドレス」を選択して、[資格情報コンテナーから削除]をクリックします。
Windows 8の場合は、[Windows資格情報]をクリックしてからアドバンスドボックスの「IPアドレス」を選択して、[削除]をクリックします。
アドバンスドボックスの「IPアドレス」がない場合は、手順8に進んでください。

 7.
[はい]をクリックします。

 8.
アドバンスドボックスへのショートカットがある場合は、ショートカットを右クリックして、[削除]をクリックします。

 9.
[はい]をクリックします。
既存のネットワークドライブとショートカットが削除されました。


このページのトップへ


「サーバー名」を確認する

 1.
本体にシステム管理者としてログインします。
 2.
(設定/登録)を押します。
 3.
[環境設定][ネットワーク]SMBサーバー設定]を押します。
 4.
大文字と小文字に注意して[サーバー名]をメモします。

画面の場合、[サーバー名]は「201205-XX」となります。


このページのトップへ


アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当て直す

 Windows XPの場合
 Windows 7の場合

Windows XPの場合
 1.
[スタート][マイコンピュータ]を右クリック[ネットワークドライブの割り当て]をクリックします。

 2.
[フォルダ]に「\\<本体のIPアドレス>\share\folder」と入力します。

 3.
[ログオン時に再接続する]にチェックマークがついていることを確認します。

 4.
[異なるユーザー名]をクリックします。
 5.
[ユーザー名]と[パスワード]を入力します。

入力項目

入力項目の説明

入力例

ユーザー名

以下のように入力します。
<サーバー名>\アドバンスドボックスのユーザー名

201205-XX\user_b

パスワード

アドバンスドボックスのユーザー名に対応するパスワードを入力します。

●●●●●


 メモ

<サーバー名>には、「「サーバー名」を確認する」の手順4でメモしたものを入力します。

 6.
OK]をクリックします。
 7.
[完了]をクリックします。

 8.
[スタート][マイコンピュータ]をクリックします。
共有スペース内の「folder」フォルダーが、ネットワークドライブに再度割り当てられます。
コンピューターを再起動して、新しいネットワークドライブからアドバンスドボックスに接続できることを確認してください。


Windows 7/8の場合
 1.
(スタート)[コンピューター]をクリックします。

Windows 8の場合は、デスクトップ画面右上(右下)にカーソルを置き、[検索]をクリック→[コンピューター]をクリックします。
 2.
[ネットワーク]を右クリックして、[ネットワークドライブの割り当て]をクリックします。

 3.
[フォルダー]に「\\<本体のIPアドレス>\share\folder」と入力します。

 4.
[ログオン時に再接続する]にチェックマークがついていることを確認します。
 5.
[別の資格情報を使用して接続する]にチェックマークをつけます。
 6.
[完了]をクリックします。
 7.
「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

入力項目

入力項目の説明

入力例

ユーザー名

以下のように入力します。
<サーバー名>\アドバンスドボックスのユーザー名

201205-XX\user_b

パスワード

アドバンスドボックスのユーザー名に対応するパスワードを入力します。

●●●●●


 メモ

<サーバー名>には、「「サーバー名」を確認する」の手順4でメモしたものを入力します。

 8.
[資格情報を記憶する]にチェックマークをつけます。
 9.
OK]をクリックします。
 10.
(スタート)[コンピューター]をクリックします。
共有スペース内の「folder」フォルダーが、ネットワークドライブに再度割り当てられます。
コンピューターを再起動して、新しいネットワークドライブからアドバンスドボックスに接続できることを確認してください。


このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5035F-R / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C5051F-R / iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C5535 / iR-ADV C5535F / iR-ADV C5540 / iR-ADV C5540F / iR-ADV C5550 / iR-ADV C5550F / iR-ADV C5560 / iR-ADV C5560F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 4025 / iR-ADV 4025F / iR-ADV 4035 / iR-ADV 4035F / iR-ADV 4045 / iR-ADV 4045F / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6065-R / iR-ADV 6075 / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 6555 / iR-ADV 6565 / iR-ADV 6575 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO / iR-ADV 8585 / iR-ADV 8595 / iR-ADV 8505

 

[TOP▲]
このページのトップへ