アドバンスドボックスへのショートカットを作成する方法(SMB)



アドバンスドボックスへのショートカットを作成する方法(SMB)
更新日 : 2013年11月22日
文書番号 : Q000069811



アドバンスドボックスにSMBプロトコルを使用している場合は、ショートカットを作ることでアドバンスドボックスに簡単にアクセスできるようになります。
ここでは、以下のケースで「アドバンスドボックスへのショートカットを作成する方法」を説明します。
コンピューターに、共有スペース内の「folder」フォルダーへのショートカットを作成する。

 必要な条件

 ネットワークの設定がされている
 アドバンスドボックスがSMBプロトコルで公開されている


 メモ

お使いの機種やオプションの装着状況によって画面が異なる場合があります。

 1.
コンピューターの(スタート)[すべてのプログラム][アクセサリ]でエクスプローラを起動し、アドレス欄に以下の公開されているパスを入力します。(大文字と小文字の区別をします。)
Windows 8の場合は、デスクトップ画面右上(右下)にカーソルを置き、[検索]をクリック→[エクスプローラー]をクリックします。

2.
エクスプローラーのアドレス入力欄に、以下の公開されているパスを入力します。(大文字と小文字の区別をします。)

\\<本体のIPアドレス>\share\folder

 3.
認証画面が表示されたら、アドバンスドボックスのユーザー名とパスワードを入力して、[OK]をクリックします。
例)ユーザー名「user_b」、パスワード「●●●●●」
共有スペース内の「folder」フォルダーが表示されます。

 4.
をクリックします。(Windows 8の場合は)をクリックします。
 5.
folder]を右クリックして、[ショートカットの作成]をクリックします。

 6.
[はい]をクリックします。
デスクトップに、共有スペース内の「folder」フォルダーへのショートカットが作成されます。

 


 参考情報 ―アドバンスドボックスをネットワークプレースに追加する方法―
アドバンスドボックスにWebDAVプロトコルを使用している場合は、ショートカットの代わりにネットワークプレースを追加します。ネットワークプレースを追加する方法は、「アドバンスドボックスをネットワークプレースに追加する方法(WebDAV)」を参照してください。


このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 4025 / iR-ADV 4025F / iR-ADV 4035 / iR-ADV 4035F / iR-ADV 4045 / iR-ADV 4045F / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075 / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO

 

[TOP▲]
このページのトップへ