アドバンスドボックスをネットワークプレースに追加する方法(WebDAV)



アドバンスドボックスをネットワークプレースに追加する方法(WebDAV)
更新日 : 2013年11月22日
文書番号 : Q000069812



アドバンスドボックスにWebDAVプロトコルを使用している場合は、アドバンスドボックスをネットワークプレースに追加することで簡単にアクセスできるようになります。
ここでは、以下のケースで「アドバンスドボックスをネットワークプレースに追加する方法」を説明します。
共有スペース内の「folder」フォルダーをネットワークプレースに追加する。

 アドバンスドボックスをネットワークプレースに追加する(Windows XPの場合)
 アドバンスドボックスをネットワークプレースに追加する(Windows 7の場合)

 必要な条件

 ネットワークの設定がされている
 アドバンスドボックスがWebDAVプロトコルで公開されている


 重要

WebDAVサーバーとして公開されたアドバンスドボックスへコンピューターから接続する場合、お使いのOS/ソフトウェア環境によっては、次の更新プログラムをインストールする必要があります。
 Windows XP、またはWindows Vistaの場合
Webフォルダのソフトウェア更新プログラム:KB907306
 Office XPの場合
Microsoft Office XP Service Pack 1(SP-1)
 2007 Office systemの場合
2007 Microsoft Office system Service Pack 1(SP-1)
詳しくは、Microsoftのホームページを参照してください。


 メモ

お使いの機種やオプションの装着状況によって画面が異なる場合があります。


アドバンスドボックスをネットワークプレースに追加する(Windows XPの場合)

 1.
コンピューターの[スタート][マイネットワーク]をクリックします。

 2.
[ネットワークプレースを追加する]をクリックします。

 3.
[次へ]をクリックします。
 
 4.
[別のネットワークの場所を選択][次へ]をクリックします。
 
 5.
[インターネットまたはネットワークのアドレス]に以下の公開されているパスを入力します。(大文字と小文字の区別をします。)
http://<本体のIPアドレス>/share/folder

 メモ

コンピューターから接続を行う場合、接続先 URL にポート番号を含めなければ接続できない場合があります。
接続できない場合は、以下の方法で接続できるかどうかを確認してください。

SSL が無効な場合:

http://IPアドレス:80/share

SSL が有効な場合:

https://IPアドレス:443/share

imagePASSまたはColorPASS を装着している場合:

SSL が無効な場合:

http://IPアドレス:18080/share

SSL が有効な場合:

https://IPアドレス:18443/share

 6.
[次へ]をクリックします。

 7.
認証画面が表示されたら、アドバンスドボックスのユーザー名とパスワードを入力して、[OK]をクリックします。
例)ユーザー名「user_b」、パスワード「●●●●●」

 8.
[このネットワークプレースの名前を入力してください]にネットワークプレースの名前を入力して、[次へ]をクリックします。

 9.
[完了]をクリックします。

共有スペース内の「folder」フォルダーが表示されます。

 10.
[スタート][マイネットワーク]をクリックします。
共有スペース内の「folder」フォルダーが、ネットワークプレースに追加されます。


このページのトップへ


アドバンスドボックスをネットワークプレースに追加する(Windows 7/8の場合)

 1.
(スタート)[コンピューター]をクリックします。

 2.
フォルダー内で右クリック[ネットワークの場所を追加する]をクリックします。

 3.
[次へ]をクリックします。

 4.
[カスタムのネットワークの場所を選択][次へ]をクリックします。

 5.
[インターネットまたはネットワークのアドレス]に以下の公開されているパスを入力します。(大文字と小文字の区別をします。)
http://<本体のIPアドレス>/share/folder

 メモ

コンピューターから接続を行う場合、接続先 URL にポート番号を含めなければ接続できない場合があります。
接続できない場合は、以下の方法で接続できるかどうかを確認してください。

SSL が無効な場合:

http://IPアドレス:80/share

SSL が有効な場合:

https://IPアドレス:443/share

imagePASSまたはColorPASSを装着している場合:

SSL が無効な場合:

http://IPアドレス:18080/share

SSL が有効な場合:

https://IPアドレス:18443/share

 6.
[次へ]をクリックします。

 7.
認証画面が表示されたら、アドバンスドボックスのユーザー名とパスワードを入力して、[OK]をクリックします。
例)ユーザー名「user_b」、パスワード「●●●●●」

 8.
[名前]にネットワークプレースの名前を入力して、[次へ]をクリックします。

 9.
[完了]をクリックします。

共有スペース内の「folder」フォルダーが表示されます。

 10.
(スタート)[コンピューター]をクリックします。
共有スペース内の「folder」フォルダーが、ネットワークスペースに追加されます。


このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 4025 / iR-ADV 4025F / iR-ADV 4035 / iR-ADV 4035F / iR-ADV 4045 / iR-ADV 4045F / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075 / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO

 

[TOP▲]
このページのトップへ