アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる方法(SMB)



アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる方法(SMB)
更新日 : 2013年11月22日
文書番号 : Q000069815



アドバンスドボックスにSMBプロトコルを使用している場合は、アドバンスドボックスをネットワークドライブへ割り当てることで、簡単にアクセスできるようになります。
コンピューター側の環境やアドバンスドボックスの認証の有無によって、アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる方法は異なります。
以下の中から、設定したい項目を選んでください。

 ドメイン環境にあるコンピューターのネットワークドライブに、アドバンスドボックスを割り当てたい。
 アドバンスドボックスを「認証なし」で使用している。
 アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる方法(ドメイン環境/認証なし)

 ドメイン環境にあるコンピューターのネットワークドライブに、アドバンスドボックスを割り当てたい。
 アドバンスドボックスを「認証あり」で使用している。
 アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる方法(ドメイン環境/認証あり)


 ワークグループ環境にあるコンピューターのネットワークドライブに、アドバンスドボックスを割り当てたい。
 アドバンスドボックスを「認証なし」で使用している。
 アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる方法(ワークグループ環境/認証なし)


 ワークグループ環境にあるコンピューターのネットワークドライブに、アドバンスドボックスを割り当てたい。
 アドバンスドボックスを「認証あり」で使用している。
 アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる方法(ワークグループ環境/認証あり)


 参考情報 ―アドバンスドボックスをネットワークプレースに追加する方法―
アドバンスドボックスにWebDAVプロトコルを使用している場合は、ネットワークドライブに割り当てる代わりに、ネットワークプレースを追加します。ネットワークプレースを追加する方法は、「アドバンスドボックスをネットワークプレースに追加する方法(WebDAV)」を参照してください。


このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 4025 / iR-ADV 4025F / iR-ADV 4035 / iR-ADV 4035F / iR-ADV 4045 / iR-ADV 4045F / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075 / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO / iR-ADV 8085 B / iR-ADV 8095 B / iR-ADV 8105 B / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO / iR-ADV 8205 B / iR-ADV 8285 B / iR-ADV 8295 B

 

[TOP▲]
このページのトップへ