アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる方法(ワークグループ環境/認証あり)



アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる方法(ワークグループ環境/認証あり)
更新日 : 2013年11月22日
文書番号 : Q000069819



ここでは、以下のケースで「アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる方法」を説明します。

 ワークグループ環境のコンピューターを使用する。
 共有スペース内の「folder」フォルダーをネットワークドライブに割り当てる。
 アドバンスドボックスを「認証あり」で使用している。

 「サーバー名」と「ワークグループ名」を確認する
 アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる(Windows XPの場合)
 アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる(Windows 7/8の場合)

 必要な条件

 ネットワークの設定がされている
 アドバンスドボックスがSMBプロトコルで公開されている


 メモ

お使いの機種やオプションの装着状況によって画面が異なる場合があります。


「サーバー名」と「ワークグループ名」を確認する

 1.
本体にシステム管理者としてログインします。
 2.
(設定/登録)を押します。
 3.
[環境設定][ネットワーク]SMBサーバー設定]を押します。
 4.
大文字と小文字に注意して、[サーバー名]と[ワークグループ名]をメモします。

画面の場合、[サーバー名]は「201205-XX」、[ワークグループ名]は「WORKGROUP」となります。


このページのトップへ


アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる(Windows XPの場合)

 1.
コンピューターの[スタート][マイネットワーク]をクリックします。

 2.
[ネットワーク全体]をクリックします。

 3.
Microsoft Windows Network]をダブルクリックして開きます。

 4.
「「サーバー名」と「ワークグループ名」を確認する」の手順4でメモした「ワークグループ名」と同じ名前のワークグループを、ダブルクリックして開きます。

ここでは「Workgroup」を開きます。

 メモ

メモしたワークグループが表示されない場合は、コンピューターのワークグループを本体のワークグループに一致させてください。(→コンピューターのワークグループを変更する方法

 5.
「サーバー名」と「ワークグループ名」を確認する」の手順4でメモした「サーバー名」と同じ名前のコンピューターを、ダブルクリックして開きます。

ここでは「201205-XX」を開きます。
 6.
認証画面が表示されたら、アドバンスドボックスのユーザー名とパスワードを入力して、[OK]をクリックします。
例)ユーザー名「user_b」、パスワード「●●●●●」
ログインに成功すると、アドバンスドボックスが開きます。

 7.
[スタート][マイコンピュータ]を右クリック[ネットワークドライブの割り当て]をクリックします。

 8.
[フォルダ]に「\\<サーバー名>\share\folder」と入力します。

 メモ

<サーバー名>には、「「サーバー名」と「ワークグループ名」を確認する」の手順4でメモしたものを入力します。

 9.
[ログオン時に再接続する]にチェックマークがついていることを確認します。
 10.
[異なるユーザー名]をクリックします。
 11.
アドバンスドボックスのユーザー名とパスワードを入力して、[OK]をクリックします。
例)ユーザー名「user_b」、パスワード「●●●●●」

 12.
[完了]をクリックします。
共有スペース内の「folder」フォルダーが表示されます。

 13.
[スタート][マイコンピュータ]をクリックします。
共有スペース内の「folder」フォルダーが、ネットワークドライブに割り当てられます。


このページのトップへ


アドバンスドボックスをネットワークドライブに割り当てる(Windows 7/8の場合)

 1.
(スタート)[コンピューター]をクリックします。

 2.
[ネットワーク]をクリックします。

 3.
「「サーバー名」と「ワークグループ名」を確認する」の手順4でメモした「サーバー名」と同じ名前のコンピューターを、ダブルクリックして開きます。

ここでは「201205-XX」を開きます。

 メモ

メモした「サーバー名」と同じ名前のコンピューターが表示されない場合は、コンピューターのワークグループを本体のワークグループに一致させてください。(→コンピューターのワークグループを変更する方法

 4.
認証画面が表示されたら、アドバンスドボックスのユーザー名とパスワードを入力して、[OK]をクリックします。
例)ユーザー名「user_b」、パスワード「●●●●●」
ログインに成功すると、アドバンスドボックスが開きます。

 5.
(スタート)[コンピューター]をクリックします。

 6.
[ネットワーク]を右クリックして、[ネットワークドライブの割り当て]をクリックします。

 7.
[フォルダー]に「\\<サーバー名>\share\folder」と入力します。

 メモ

<サーバー名>には、「「サーバー名」と「ワークグループ名」を確認する」の手順4でメモしたものを入力します。

 8.
[ログオン時に再接続する]にチェックマークがついていることを確認します。
 9.
[別の資格情報を使用して接続する]にチェックマークをつけます。
 10.
[完了]をクリックします。
 11.
アドバンスドボックスのユーザー名とパスワードを入力して、[OK]をクリックします。

例)ユーザー名「user_b」、パスワード「●●●●●」

共有スペース内の「folder」フォルダーが表示されます。

 12.
(スタート)[コンピューター]をクリックします。

Windows 8の場合は、デスクトップ画面右上(右下)にカーソルを置き、[検索]をクリック→[コンピューター]をクリックします。

共有スペース内の「folder」フォルダーが、ネットワークドライブに割り当てられます。


このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 4025 / iR-ADV 4025F / iR-ADV 4035 / iR-ADV 4035F / iR-ADV 4045 / iR-ADV 4045F / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 6055 / iR-ADV 6065 / iR-ADV 6075 / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 8085 PRO / iR-ADV 8095 PRO / iR-ADV 8105 PRO / iR-ADV 8085 B / iR-ADV 8095 B / iR-ADV 8105 B / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO / iR-ADV 8205 B / iR-ADV 8285 B / iR-ADV 8295 B

 

[TOP▲]
このページのトップへ