プロトコルの設定方法(TCP/IPv4とTCP/IPv6に共通の設定):iR-ADV C2200シリーズ/C350F



プロトコルの設定方法(TCP/IPv4とTCP/IPv6に共通の設定):iR-ADV C2200シリーズ/C350F
更新日 : 2014年7月15日
文書番号 : Q000070898



Eメール/Iファクスを使用できるようにするには、プロトコルの設定が必要です。
本製品の操作パネルでTCP/IPv4TCP/IPv6に共通する設定を行う手順は、次のとおりです。
お使いのネットワーク環境に必要な項目を設定してください。TCP/IPv4通信とTCP/IPv6通信を両方使用する場合は、それぞれに必要な項目を設定してください。

 メモ

本手順の設定後は、「ネットワークが正しく設定できているかどうか確認する方法」の手順に従ってネットワークの設定が正しくできているかどうかを確認してください。

 1.
(設定/登録)を押します。
 2.
[環境設定][ネットワーク]TCP/IP設定]を押します。

 3.
TCP/IP設定]の[LPD印刷の設定]を押して次の項目を設定し、[OK]を押します。

プリントアプリケーションにLPDを使用するときは、[ON]を押します。
 4.
TCP/IP設定]の[RAW印刷の設定]を押して次の項目を設定し、[OK]を押します。

プリントアプリケーションにRawを使用するときは、[ON]を押します。
双方向通信を行う場合は、<双方向通信を使用>の[ON]を押します。
 5.
TCP/IP設定]の[SNTP設定]を押して次の項目を設定し、[OK]を押します。

時刻同期にSNTPを使用するときは、<SNTPを使用>の[ON]を押します。
時刻の同期をとる間隔を、<ポーリング間隔>に入力してください。
[NTPサーバーアドレス]を押して、NTPサーバーのIPアドレスまたはホスト名を入力したあと[OK]を押してください。
 6.
TCP/IP設定]の[FTP印刷の設定]を押して次の項目を設定し、[OK]を押します。

プリントアプリケーションにFTPを使用するときは、<FTP印刷を使用>の[ON]を押します。
ユーザー名を設定するときは、[ユーザー名]を押します。FTPサーバーにログインするためのユーザー名を入力したあと[OK]を押してください。
パスワードを設定するときは、[パスワード]を押します。FTPサーバーにログインするためのパスワードを入力したあと[OK]を押してください。確認入力画面で同じパスワードを入力したあと、[OK]を押します。
 7.
TCP/IP設定]の[WSD設定]を押して次の項目を設定し、[OK]を押します。

プリントアプリケーションにWSD(Web Services on Devices)を使用するときは、<WSD印刷を使用>の[ON]を押します。[ON]を押すと、[HTTPを使用]の設定は自動的に「ON」になります。
<WSD参照を使用>の設定は、<WSD印刷を使用>の[ON]を押すと自動的に「ON」になり、WSDを使用して本製品の情報取得を行えます。
WSD Scan機能を使用するときは、<WSD Scan機能を使用>の[ON]を押します。[ON]を押すと、[HTTPを使用]の設定は自動的に「ON」になります。
 8.
TCP/IP設定]の[FTPPASVモードを使用]を押して次の項目を設定し、[OK]を押します。
ファイアウォールを介してインターネットに接続している場合にもFTPによるファイル転送を利用したいときは、[ON]を押します。
 9.
TCP/IP設定]の[IPP印刷の設定]を押して次の項目を設定し、[OK]を押します。

プリントアプリケーションにIPPを使用するときは、[ON]を押します。[ON]を押すと、[HTTPを使用]の設定は自動的に「ON」になります。
IPPの通信データのSSLによる暗号化を行うときは、<SSLを使用>の[ON]を押します。
IPP認証機能を使用するときは、<認証を使用>の[ON]を押します。[ユーザー名]を押して、IPP認証で使用するユーザー名を入力したあと[OK]を押してください。[パスワード]を押して、IPP認証で使用するパスワードを入力したあと[OK]を押してください。確認入力画面で同じパスワードを入力したあと、[OK]を押します。
 10.
TCP/IP設定]の[マルチキャスト探索設定]を押して次の項目を設定し、[OK]を押します。

他の複合機から配信されたアドレス帳や部門管理IDなどの設定/登録設定を使用したり、ユーティリティーソフトウェアからのマルチキャスト探索に応答したりするときは、<探索応答>の[ON]を押します。
必要に応じて、スコープ名を設定してください。[スコープ名]を押して、マルチキャスト探索で使用されるスコープ名を入力したあと[OK]を押します。
 11.
TCP/IP設定]の[HTTPを使用]を押して項目を選択し、[OK]を押します。
リモートUI、IPP印刷、BMLinks、WSD印刷、WSD Scan、部門別ID管理の暗証番号確認を使用するときは、[ON]を押します。
 12.
TCP/IP設定]の[プロキシー設定]を押して項目を選択し、[OK]を押します。

次の場合に、<プロキシーを使用>の[ON]を押して、ご使用のネットワーク環境に応じて各項目を設定します。

 ダイレクトプリント拡張キット(PDF/XPS用)を有効にした場合にリモートUIからダイレクトプリントするとき
 ウェブブラウザー拡張キット(Webページを本製品のタッチパネルディスプレーで閲覧するために用いるオプションの拡張キット。)を有効にした場合
 WebDAVサーバーを使用する場合に、WebDAVクライアントをプロキシー経由でインターネットに接続するとき
 ユーザー署名&タイムスタンプ拡張キットを有効にした場合

[サーバーアドレス]を押して、プロキシーサーバーのIPアドレス、またはFQDN(starfish.company.comのような形式)を入力したあと[OK]を押します。
[ポート番号]にプロキシーサーバーのポート番号を入力します。
同一ドメインにもプロキシーを使用する場合は、<同一ドメインにもプロキシーを使用>の[ON]を押してください。
プロキシー認証を使用する場合は、[認証設定]を押したあと、<プロキシー認証を使用>の[ON]を押してください。[ユーザー名]を押して、プロキシー認証で使用するユーザー名を入力したあと[OK]を押してください。[パスワード]を押して、プロキシー認証で使用するパスワードを入力したあと[OK]を押してください。確認入力画面で同じパスワードを入力したあと、[OK]を押します。
 13.
[上へ]を押します。
 14.
[ネットワーク]の[ファイアウォール設定]MACアドレスフィルター]を押します。

 15.
次の項目を設定してから[OK]を押します。
本項目を設定すると、MAC(Media Access Control)アドレスを使って受信パケットと送信パケットのフィルタリングを行い、データを送受信する際のセキュリティーを向上できます。[MACアドレスフィルター]を使用環境に合わせて設定することによって、第三者から不正アクセスされるリスクを低減できます。
指定したMACアドレスを持つ機器と本製品間でのデータ送受信を拒否する場合は、送信フィルターまたは受信フィルターのデフォルトポリシーを許可に設定してMACアドレス(拒否MACアドレス)を指定します。この結果、指定したMACアドレスを持つ機器と本製品間でデータを送受信できなくなります。指定したMACアドレスを持つ機器のみとデータを送受信する場合は、送信フィルターまたは受信フィルターのデフォルトポリシーを拒否に設定してMACアドレス(許可MACアドレス)を指定します。この結果、本製品がデータを送受信できるのは、指定したMACアドレスを持つ機器のみになります。

 指定したMACアドレスを持つ機器とのデータ送受信を拒否する:
 指定したMACアドレスを持つ機器のみとデータを送受信する:
 データの送受信を制限しない:

■指定したMACアドレスを持つ機器とのデータ送受信を拒否する:
 MACアドレスフィルター]の[送信フィルター]または[受信フィルター]<フィルターを使用>の[ON <デフォルトポリシー>の[許可]を押します。

 [登録]を押します。
 データの送受信を拒否するMACアドレスを入力してから[OK]を押します。

■指定したMACアドレスを持つ機器のみとデータを送受信する:
 MACアドレスフィルター]の[送信フィルター]または[受信フィルター]<フィルターを使用>の[ON <デフォルトポリシー>の[拒否]を押します。
 [登録]を押します。
 データの送受信を許可するMACアドレスを入力してから[OK]を押します。

■データの送受信を制限しない:
 MACアドレスフィルター]の[送信フィルター]または[受信フィルター]<フィルターを使用>の[OFF]を押します。
 16.
[上へ][上へ]TCP/IP設定]を押します。
 17.
TCP/IP設定]の[部門別ID管理の暗証番号確認を使用]を押して項目を選択し、[OK]を押します。
Windows Vista/7対応のドライバーを使用して印刷する際に、部門別IDと暗証番号を確認するときは、[ON]を押します。[ON]を押すと、[HTTPを使用]の設定は自動的に「ON」になります。


このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C2218F-V / iR-ADV C2220 / iR-ADV C2220F / iR-ADV C2230F / iR-ADV C350F

 

[TOP▲]
このページのトップへ