ナンバーディスプレイ対応について(iR-ADV C2200シリーズ)



ナンバーディスプレイ対応について(iR-ADV C2200シリーズ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000070985



ナンバーディスプレイ(発信者番号通知)契約回線に本製品を接続すると、ナンバーディスプレイを利用できます。ここでは、ナンバーディスプレイを導入するとできることと、ナンバーディスプレイを有効にする方法について説明します。

 ナンバーディスプレイを導入するとできること
 ナンバーディスプレイを有効にする方法

 必要な条件

 ファクスを使用できる
 ナンバーディスプレイの契約をしている


 メモ

 ナンバーディスプレイを利用するには、契約電話会社と別途契約をする必要があります。
 本製品はナンバーディスプレイ対応の外付け電話機の接続は保証していません。ナンバーディスプレイ対応の外付け電話機を接続しても、電話機の液晶画面などに電話番号は表示されません。


ナンバーディスプレイを導入するとできること

ナンバーディスプレイを導入すると、この機能によって通知された相手先電話番号が本体タッチパネルディスプレーに表示され、ファクスの内容を確認する前に、送信元を特定することができます。そのほか、ファクス関連の各種レポートにも表示されたり、転送条件との照合に使用されたりします。

画面やレポートに相手先電話番号を表示する
ファクス受信開始後、本体タッチパネルディスプレーに相手先電話番号が表示されます。また、ファクス受信後、各種レポートに相手先電話番号が表示されます。

 

表示される箇所

本体タッチパネルディスプレー

各画面のステータスライン、ジョブ状況画面

        

レポート

ファクス通信管理レポート、通信管理レポート、ファクス受信結果レポート、ファクスボックス受信レポートの相手先アドレス欄

相手先電話番号を転送条件との照合に使う
ファクス受信時に、通知された相手先番号をあらかじめ登録した転送条件と照合します。転送条件と合致した場合、受信したファクスは指定の転送先に転送されます。

 メモ

ファクスの発信者番号は、FAX手順信号(TSI)でも通知されます。転送条件との照合にどちらを使用するかを[ファンクション設定](設定/登録)の[転送設定]にある<転送条件設定>で選択できます。

このページのトップへ


ナンバーディスプレイを有効にする方法

契約電話会社とナンバーディスプレイの利用契約をしたうえで以下の設定を行うと、ナンバーディスプレイを使用できるようになります。
 1.
(設定/登録)を押します。
 2.
[ファンクション設定][受信/転送][ファクス設定]を押します。
 3.
[ナンバーディスプレイ設定]を押します。
 4.
有効にする回線を[ON]にして、[OK]を押します。

表示される回線は、オプションの装着状況により次のようになります。

 スーパーG3FAXボード装着時:

回線1

 スーパーG3FAXボード装着+G3回線増設キット(2回線)追加時:

回線1、回線2

 5.
[閉じる]を押して、本製品の電源を切り、もう一度主電源を入れます。

 メモ

設定変更は、本製品の主電源スイッチを入れなおしたあとに有効になります。


このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C2218F-V / iR-ADV C2220 / iR-ADV C2220F / iR-ADV C2230F

 

[TOP▲]
このページのトップへ