手差しトレイを使って封筒にプリントする方法(iR-ADV C2200シリーズ)



手差しトレイを使って封筒にプリントする方法(iR-ADV C2200シリーズ)
更新日 : 2014年6月6日
文書番号 : Q000071016



手差しトレイを使うことで、封筒にプリントすることが可能です。
封筒を手差しトレイのデフォルトに登録することで、手差しトレイを封筒専用にできます。手差しトレイにいつも封筒をセットする場合に便利です。
毎回異なる用紙を給紙したい場合は、手差しトレイのデフォルトを未設定にしておけば、手差しトレイから給紙する用紙の種類やサイズを毎回指定することができます。
ここでは、手差しトレイを封筒専用にする方法と、Microsoft Word 2010を使用して以下のような社名入りの角形2号封筒を作成する方法を説明します。


 必要な条件

 プリンタードライバーがインストールされている
 (設定/登録)→[ファンクション設定]→[コピー]→[オートタテヨコ回転]が「ON」に設定されている


 メモ

 封筒の裏面にはプリントできません。
 お使いの機種やオプションの装着状況によって画面が異なる場合があります。
 使用できる封筒の種類とサイズについては、「使用できる用紙について(iR-ADV C2200シリーズ)」を参照してください。

 
手差しトレイを封筒専用に設定する場合
→ 「手差しトレイを封筒専用にする」へ進んでください。

手差しトレイを封筒専用に設定しない場合
→ 「封筒にプリントする」へ進んでください。


手差しトレイを封筒専用にする

 1.
(設定/登録)を押します。
 2.
[環境設定][用紙設定][手差し用紙のデフォルト設定登録]を押します。
 3.
ON[登録]を押します。

 4.
[封筒]を押します。

 5.
[角形2号]OK]を押します。

 6.
[次へ]を押します。

 7.
[封筒(75105 g/m2)]が選択されていることを確認して、[OK]を押します。

 8.
OK]を押します。


このページのトップへ


封筒にプリントする

 1.
Microsoft Word 2010を使用して、社名入りの封筒のデータを作成します。

 2.
手差しトレイを開きます。

 3.
スライドガイドを「封筒角2」の位置にあわせます。

 4.
封筒を5枚ほど手にとり、よくさばいて揃えます。

この操作を5回繰り返します。
 5.
封筒を清潔で平坦な場所に置いて、矢印の方向に手で伸ばします。

この操作を5回繰り返します。
封の部分がめくれないように封筒の四隅をよく押さえます。

*封

 重要

 封の部分にのりが付いた封筒を使用すると、定着器の熱や圧力により、のりが溶けることがあります。
 特に通紙方向を念入りに行ってください。

 重要

封筒の中に空気が入ってふくらんでいるときは、手でならして空気抜きをしてからセットしてください。


*封
 6.
封筒の向きをイラストにあわせてセットします。
長形3号、角形2号

洋形長3号

COM10 No.10、Monarch、DL、ISO-C5

 重要

 手差しトレイに一度にセットできる封筒は5 枚までです。
 ここまでの手順を行っても正しく通紙されない場合は、同様の手順を1 枚ずつ行ってください。

手差しトレイを封筒専用に設定している場合は、手順11に進んでください。
 7.
[封筒]を押します。

 メモ

<手差し:用紙サイズ>画面が表示されないときは、(節電)を押して、スリープ状態を解除してください。

 8.
[角形2号]OK]を押します。

 9.
[次へ]を押します。

 10.
[封筒(75105 g/m2)]が選択されていることを確認して、[OK]を押します。

 11.
社名入りの封筒のデータを開いて、[ファイル][印刷]をクリックします。

 12.
プリンターを選択して、[プリンターのプロパティ]をクリックします。

 13.
[給紙]タブの[給紙部]で[手差し]を選択し、[OK]をクリックします。

 14.
[印刷]をクリックします。

社名入りの封筒がプリントされます。

 メモ

 1枚プリントしてみて仕上がりを確認してから、必要な枚数分プリントすることをおすすめします。
 10 枚排紙されるごとにトレイから封筒を取り除いてください。

このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C2218F-V / iR-ADV C2220 / iR-ADV C2220F / iR-ADV C2230F

 

[TOP▲]
このページのトップへ