階調や濃度を自動補正する方法(iR-ADV C2200シリーズ)



階調や濃度を自動補正する方法(iR-ADV C2200シリーズ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000071048



特別な設定を行わずにコピーしたときに、コピーの階調や濃度、色味が原稿と異なるような場合、自動階調補正で正しい画像が得られるように調整します。
自動階調補正には、次の2 種類があります。
自動階調補正をする場合は、フル補正をお使いになることをおすすめします。クイック補正は、次回フル補正をするまでの簡易補正としてお使いください。

フル補正
テストページを出力して原稿台ガラスにセットするだけで、画像の階調、濃度および色味を自動的に補正します。クイック補正よりも精密に補正されます。テストページは4枚出力します。
クイック補正
画像の階調、濃度および色味を簡易に補正します。内部的に補正するため、テストページを出力しません。

 フル補正をする
 クイック補正をする


フル補正をする

 1.
(設定/登録)を押します。
 2.
[調整/メンテナンス][画質調整][自動階調補正]を押します。
 3.
[フル補正]を押します。

 4.
補正する用紙の種類を選択OK]を押します。

 重要

 本製品では、用紙種類に応じてトナーやプリントスピードを調節しています。確実に調整をするために、正しい用紙種類を選択してください。
 厚紙を使用して自動階調補正がうまくいかないときは、普通紙でテストページを行ってください。
 画面は一例です。使用できる用紙の種類はお使いの機種により異なります。

 5.
[プリント開始]を押します。
 6.
出力されたテストページ1を原稿台ガラスにセットして、[読込開始]を押します。
ブラックの帯のあるほうを原稿台ガラスの左奥側にある矢印にあわせて、プリント画像面を下向きにセットします。

 7.
原稿台からテストページ1を取り除いて、[プリント開始]を押します。
 8.
出力されたテストページ2を原稿台ガラスにセットして、[読込開始]を押します。
ブラックの帯のあるほうを原稿台ガラスの左奥側にある矢印にあわせて、プリント画像面を下向きにセットします。

 9.
原稿台からテストページ2を取り除いて、[プリント開始]を押します。
 10.
出力されたテストページ3 を原稿台ガラスにセットして、[読込開始]を押します。
ブラックの帯のあるほうを原稿台ガラスの左奥側にある矢印にあわせて、プリント画像面を下向きにしてセットします。

 11.
原稿台からテストページ3を取り除きます。

このページのトップへ


クイック補正をする

 1.
(設定/登録)を押します。
 2.
[調整/メンテナンス][画質調整][自動階調補正]を押します。
 3.
[クイック補正]を押します。

 重要

 本製品では、用紙種類に応じてトナーやプリントスピードを調節しています。確実に調整をするために、正しい用紙種類を選択してください。
 画面は一例です。使用できる用紙の種類はお使いの機種により異なります。

 4.
[開始]を押します。


このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C2218F-V / iR-ADV C2220 / iR-ADV C2220F / iR-ADV C2230F

 

[TOP▲]
このページのトップへ