コンピューターでお使いのEメール設定に合わせて本体のEメール/Iファクスの送信設定を行う方法



コンピューターでお使いのEメール設定に合わせて本体のEメール/Iファクスの送信設定を行う方法
更新日 : 2013年11月22日
文書番号 : Q000071450



「本体からEメール/Iファクスを送りたいが、何を設定したらいいのかわからない」。
そんな場合は、コンピューターでお使いの自分のEメールアドレスの設定情報を利用できます。
お使いのEメールアドレスの設定情報を確認し、同じ内容で本体のEメール/Iファクス送信設定をします。ここでは、お使いのコンピューターのメールソフトがMicrosoft Outlookの例で設定方法を説明します。

 コンピューターでお使いのEメールアドレスの設定情報を確認する
 確認した情報を利用して本体のEメール/Iファクスの送信設定を行う
 本体からEメールが送信できるかどうか確認する

 必要な条件

 ネットワークの設定がされている
 送信メールサーバーにSMTPサーバーを使用している


 メモ

お使いの機種やオプションの装着状況によって画面が異なる場合があります。


コンピューターでお使いのEメールアドレスの設定情報を確認する

 1.
以下の記入シートをプリントして、メモを取る準備をします。

 2.
Microsoft Outlookを開いて、[情報][アカウント設定][アカウント設定]をクリックします。

 3.
自分のアカウントを選択して、[変更]をクリックします。

 4.
大文字と小文字に注意して、[送信メールサーバー(SMTP)]をメモします。

 5.
[詳細設定]をクリックします。

 6.
[送信サーバー]をクリックします。

 7.
認証の有無を確認して、認証ありの場合は[アカウント名]と[パスワード]をメモします。

 [送信サーバー(SMTP)は認証が必要]にチェックマークがついていない場合
 [送信サーバー(SMTP)は認証が必要]にチェックマークがついていて、[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]が選択されている場合
 [送信サーバー(SMTP)は認証が必要]にチェックマークがついていて、[次のアカウントとパスワードでログオンする]が選択されている場合

■[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]にチェックマークがついていない場合

 記入シートの「認証の有無」の「なし」をで囲みます。
 [キャンセル][キャンセル][閉じる]をクリックします。

■[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]にチェックマークがついていて、[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]が選択されている場合

 記入シートの「認証の有無」の「あり」をで囲みます。
 [キャンセル]をクリックします。
 大文字と小文字に注意して、<メールサーバーへのログオン情報>の[アカウント名]と[パスワード]をメモします。

画面の場合、[アカウント名]は「user_a」、[パスワード]は「********」となります。
 [キャンセル][閉じる]をクリックします。

■[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]にチェックマークがついていて、[次のアカウントとパスワードでログオンする]が選択されている場合

 記入シートの「認証の有無」の「あり」をで囲みます。
 大文字と小文字に注意して、[アカウント名]と[パスワード]をメモします。

画面の場合、[アカウント名]は「USER_A」、[パスワード]は「*****」となります。
 [キャンセル][キャンセル][閉じる]をクリックします。


このページのトップへ


確認した情報を利用して本体のEメール/Iファクスの送信設定を行う

 1.
本体にシステム管理者としてログインします。
 2.
(設定/登録)を押します。
 3.
[ファンクション設定][送信]Eメール/I ファクス設定]を押します。
 4.
[通信設定]を押します。
 5.
SMTPサーバー]を押し、「コンピューターでお使いのEメールアドレスの設定情報を確認する」の手順4でメモした[送信メールサーバー(SMTP)]を入力して[OK]を押します。

ここでは、「smtp.mail.example.co.jp」と入力して[OK]を押します。
 6.
Eメールアドレス]を押し、本体のEメールアドレスを入力して[OK]を押します。

ここでは、「user_iRADV01@example.co.jp」と入力して[OK]を押します。コンピューターで使用しているEメールアドレスは、設定できません。
 7.
[認証/暗号化設定]を押します。

 8.
SMTP認証の設定を行います。

 記入シートの「認証の有無」の「なし」に○がついている場合
 記入シートの「認証の有無」の「あり」に○がついている場合

■記入シートの「認証の有無」の「なし」にがついている場合

 <SMTP認証(SMTP AUTH>を[OFF]に設定して、[OK]を押します。


■記入シートの「認証の有無」の「あり」にがついている場合

 <SMTP認証(SMTP AUTH>を[ON]に設定します。
 [ユーザー名]と[パスワード]に「コンピューターでお使いのEメールアドレスの設定情報を確認する」の手順7でメモした[アカウント名]と[パスワード]を入力します。
ここでは、[ユーザー名]に「user_a」、[パスワード]に「********」を入力します。

 OK]を押します。
 9.
OK]を押します。
 10.
本体を再起動します。


このページのトップへ


本体からEメールが送信できるかどうか確認する

 1.
原稿をセットします。
 2.
メインメニュー画面で[スキャンして送信]を押します。

 3.
[新規に入力]を押します。

 4.
Eメール]を押します。

 5.
自分のEメールアドレスを入力して、[OK]を押します。

ここでは、「user_a@example.co.jp」と入力して[OK]を押します。
 6.
<データ分割>で[OFF]を選択して、[OK]を押します。
 7.
(スタート)を押します。
自分のメールアドレスに次のようなメールが届けば、Eメール/Iファクスの送信設定は完了です。


このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO / iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F / iR-ADV 6255 / iR-ADV 6265 / iR-ADV 6275 / iR-ADV 8205 PRO / iR-ADV 8285 PRO / iR-ADV 8295 PRO

 

[TOP▲]
このページのトップへ