中綴じフィニッシャー・G1の中とじユニットの針づまり処理方法(iR-ADV 4200シリーズ)



中綴じフィニッシャー・G1の中とじユニットの針づまり処理方法(iR-ADV 4200シリーズ)
更新日 : 2013年11月22日
文書番号 : Q000076322



針づまりの位置を確認して、画面に表示される処理方法を参考にしながら、次の手順に従って、つまっている針を取り除いてください。

 重要

 針づまりの処理を行う場合は、本製品のカバーやカセットが閉じていることを確認してから行ってください。
 中とじユニットの針づまりの処理を行う前に、製本トレイに排紙された用紙をすべて取り除いてください。


 メモ

中綴じフィニッシャー・G1はオプションです。

 1.
フィニッシャーの前カバーを開きます。

 2.
中とじユニットを引き出します。


1. 中とじユニットの取っ手を持ち、止まるまで引き出します

2. ホチキスユニットを一度手前に引いたあと起こします

*1 ホチキスユニット
*2 中とじユニット
 3.
針カートリッジの左右をつまんで取り外します。

 4.
つまみを引き上げます。


1. Aの部分を下に押します

2. Bのつまみを引き上げます

 5.
つまっている針を取り除きます。


1. つまっている針を取り除きます

2. Bのつまみを元に戻します

 6.
針カートリッジを元に戻します。

針カートリッジは、カチッと音がするまで押し込んでください。
 7.
中とじユニットを押し戻します。


1. ホチキスユニットを一度手前に引いて元に戻します

2. 中とじユニットの取っ手を持ち、元に戻します


注意

中とじユニットを元に戻すときは、すき間に指をはさまないように注意してください。

 8.
フィニッシャーの前カバーを閉じます。

注意

カバーを閉じるときは、すき間に指をはさまないように注意してください。


 メモ

針づまりの処理が終了したら、以下の手順で針の頭出しを必ず行ってください。
1.(設定/登録)を押します。
2.[調整/メンテナンス]→[動作調整]→[中とじ針頭出し]を押します。
3.[開始]を押します。

このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F

 

[TOP▲]
このページのトップへ