IPファクスを使用するための本体の設定方法



IPファクスを使用するための本体の設定方法
更新日 : 2013年11月22日
文書番号 : Q000076497



IPファクスを使用するには、あらかじめ、IPファクスを送受信する接続環境に応じた本体の設定が必要です。
ここでは、以下の流れで「IPファクスを使用するための本体の設定方法」を説明します。

 IPファクス回線の設定
 接続環境の設定

IPファクスを送受信する接続環境によって、必要な設定項目が異なります。
「IPファクスを使用するために必要なオプションと接続環境に応じた機器の準備について」を参照してお使いの環境をご確認の上、以下の表に従って設定してください。

設定の流れ

接続環境

必要な設定

設定方法の参照先

IPファクス回線の設定

-
(接続環境に関わらず設定が必要)

IPファクス回線の設定

 IPファクス回線の設定方法

接続環境の設定

イントラネット内送受信

イントラネット設定

 イントラネット内でIPファクスを送受信する場合の設定方法

IPファクス宛先にURI を使用するための設定

SIPのSSL暗号化通信で使用する鍵ペアの設定*1

 SIPのSSL暗号化通信で使用する鍵ペアの設定方法

イントラネット内送受信
(SIPサーバー使用)

イントラネット設定

 SIPサーバーを使用してイントラネット内でIPファクスを送受信する場合の設定方法

SIPサーバーの設定

SIPのSSL暗号化通信で使用する鍵ペアの設定*1*2

 SIPのSSL暗号化通信で使用する鍵ペアの設定方法

G3ファクス対応機への送信
(VoIPゲートウェイ使用)

VoIPゲートウェイ設定

 VoIPゲートウェイを使用してG3ファクス対応機とIPファクスを送信する場合の設定方法

VoIPゲートウェイの優先設定

NGN送受信/NGN送受信
(マイナンバー使用)

NGNマイナンバー設定*3

 NGNに接続されたIPファクス対応機と送受信をする場合の設定方法

NGN設定

送信エラー時に自動的にG3ファクスで再送信するための設定*4

*1

SIP通信でSSLを使用する場合に設定が必要です。

*2

Cisco製のSIPサーバーを使用する場合、SSLは使用できません。

*3

マイナンバーを使う場合にのみ設定します。また、マイナンバーを使う場合は、「IPファクス回線の設定方法」の手順4で、追加番号分のIPファクス回線の設定します。

*4

G3ファクス回線の設定が必要です。


 必要な条件

 ネットワークの設定がされている
 IPファクスを使用するために必要なオプションと接続環境に応じた機器が準備がされている(→IPファクスを使用するために必要なオプションと接続環境に応じた機器の準備について)

 関連情報
 IPファクスを使用するために必要なオプションと接続環境に応じた機器の準備について
 IPファクス回線の設定方法
 イントラネット内でIPファクスを送受信する場合の設定方法
 SIPサーバーを使用してイントラネット内でIPファクスを送受信する場合の設定方法
 SIPのSSL暗号化通信で使用する鍵ペアの設定方法
 VoIPゲートウェイを使用してG3ファクス対応機とIPファクスを送信する場合の設定方法
 NGNに接続されたIPファクス対応機と送受信をする場合の設定方法


このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F

 

[TOP▲]
このページのトップへ