IPファクスの送信方法



IPファクスの送信方法
更新日 : 2013年11月22日
文書番号 : Q000076510



本体のファクス画面から、あるいは、コンピューターからIPファクスを送信することができます。
以下項目より、ご利用に応じて選択してください。

 あらかじめアドレス帳に宛先を登録してから、登録した宛先にIPファクスを送信したい。
 ローカルアドレス帳にIPファクス宛先を登録する方法
 アドレス帳に登録した宛先にIPファクスを送信する方法

 アドレス帳に登録していない新規宛先にIPファクスを送信したい。
 新規に宛先を指定してIPファクスを送信する方法

 コンピューターからIPファクスを送信したい。
 コンピューターからIPファクスを送信する方法

 必要な条件

 ネットワークの設定がされている
 IPファクスを使用するために必要なオプションと接続環境に応じた機器が準備がされている(→IPファクスを使用するために必要なオプションと接続環境に応じた機器の準備について)
 IPファクスを使用するために必要な設定がされている(→IPファクスを使用するための本体の設定方法)


 重要

 ジョブ送信履歴から、IPファクス宛先を送信宛先に指定することはできません。
 IPファクスのデータの送受信中は、本体の主電源スイッチを切らないでください。送受信ができなくなります。
 IPファクスの送信後、宛先以外の送信設定が保持される場合があります。
 設定を解除したい場合は、(リセット)を押してください。
 宛先の設定は保持されません。その他の設定を保持したまま次のジョブを送信したい場合は、宛先を再度指定してください。


 メモ

 リモートファクスでIPファクスを送信する場合には、クライアント機ではFAXボードやIPファクス拡張キット、接続環境に応じた機器の準備は必要ありません。ただし、あらかじめリモートファクスでIPファクスを使用するための設定が必要です。設定方法については、「リモートファクスの設定方法」を参照してください。
 IPファクスを使用した手動送信/手動受信はできません。

このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV 4225 / iR-ADV 4225F / iR-ADV 4235 / iR-ADV 4235F / iR-ADV 4245 / iR-ADV 4245F

 

[TOP▲]
このページのトップへ