ユーザーごとに使用できる枚数を制限する(iR-ADV C3300シリーズ)



ユーザーごとに使用できる枚数を制限する(iR-ADV C3300シリーズ)
更新日 : 2015年4月24日
文書番号 : Q000082838



User Authenticationのローカルユーザー認証のユーザーに部門別ID設定を連携して制限面数を設定することで、ユーザーごとに使用できる枚数を制限できます。User Authenticationのローカルユーザー認証のユーザーに部門別ID設定を連携する方法については、「ユーザーに部門別ID設定を連携する方法(iR-ADV C3300シリーズ)」を参照してください。
 タッチパネルディスプレーから設定する
 リモートUIから設定する

タッチパネルディスプレーから設定する

 1.
(設定/登録)を押す
 2.
[管理設定][ユーザー管理][部門別ID管理]を押す
 3.
暗証番号の登録画面を表示
 コピーカードリーダー・F1非装着時:
 コピーカードリーダー・F1装着時:

コピーカードリーダー・F1非装着時:

 ON[暗証番号の登録]を押す

コピーカードリーダー・F1装着時:

 [暗証番号の登録]を押す

 4.
でリストをスクロール暗証番号を変更する部門を選択[編集]を押す

を長押しすると、ページ番号が増減し、キーを離した時点のページが表示されます。部門IDが大量に登録されている場合に、すばやく目的の部門IDを表示させることができます。
 5.
(テンキー)で暗証番号を入力
 [暗証番号]を押す
 [暗証番号]を押す新しい暗証番号を入力
 [確認入力]を押す同じ暗証番号を入力OK]を押す
7桁未満の数字を入力しても、先頭に「0」が追加されて7桁の数字として設定されます。ただし、ログイン時には、先頭の「0」の入力を省略できます。例えば、「2」、「02」、「002」と入力しても、すべて「0000002」として設定されますが、ログイン時には「2」、「02」、「002」と入力してもログインできます。
また、「0」、「00」のような「0」だけの連数字はシステム管理部門IDまたは暗証番号として登録することはできません。

 メモ

 (クリア)を押すと、入力した数字を取り消すことができます。
 部門IDの変更はできません。

 6.
[制限のON/OFFと制限面数の設定]を押す制限面数を変更

 メモ

 (クリア)を押すと、入力した数字を取り消すことができます。
 制限面数の入力範囲は0〜999999です。設定した数値を超えるコピー/スキャン/プリントはできません。
 面数とは、プリント面の数です。1枚の用紙に両面プリントした場合は面数は2になります。制限面数とは、プリント面数の上限数のことです。

 7.
OKOK]を押す
 8.
OKOK]を押す

リモートUIから設定する

 1.
[設定/登録][ユーザー管理][部門別ID管理]をクリック

本製品に登録されている部門IDの一覧が100件ずつ表示されます。別の100件を表示するには、[1〜100]以外をドロップダウンリストから選択して[表示切替]をクリックします。
 2.
[新規部門ID]または<部門ID>ID番号をクリック

 3.
面数を制限する機能にチェックマークを入れる制限面数を入力

[新規部門ID]を選択した場合は、部門IDや暗証番号、確認入力も設定してください。
 4.
OK]をクリック

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C3320F / iR-ADV C3330 / iR-ADV C3330F

 

[TOP▲]
このページのトップへ