ファクス転送がエラーを起こしてしまった場合のジョブはどのようになりますか(iR-ADV C3300シリーズ)



ファクス転送がエラーを起こしてしまった場合のジョブはどのようになりますか(iR-ADV C3300シリーズ)
更新日 : 2015年4月24日
文書番号 : Q000083540



転送エラージョブの処理設定によって、転送エラージョブをプリントするか設定できます。
初期設定は、プリントしない設定になっています。
 1.
(設定/登録)を押す
 2.
[ファンクション設定][受信/転送][共通設定]を押す
 3.
[転送エラージョブの処理]を押す
 4.
次の項目を選択OK]を押す
選択する項目

[常にプリント]:

転送エラージョブをプリントします。

[保存/プリント]:

転送エラージョブをシステムボックスに保存します。[ファンクション設定](設定/登録)で、ファクス/Iファクスメモリー受信が「OFF」に設定されているときはプリントします。

[OFF]:

転送エラージョブはプリントされずに、ジョブが消去されます。設定時は注意が必要です。


 メモ

 本設定は権限のあるユーザーのみ行えます。
 [ファンクション設定](設定/登録)の[エラージョブクリア]が「OFF」に設定されている場合は、転送エラージョブは状況確認/中止画面のジョブ状況に保存され、ここで設定する転送エラージョブの処理は行われません。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C3320F / iR-ADV C3330 / iR-ADV C3330F

 

[TOP▲]
このページのトップへ