受信モードの設定をする(iR-ADV C3300シリーズ)



受信モードの設定をする(iR-ADV C3300シリーズ)
更新日 : 2015年4月24日
文書番号 : Q000083669



ファクスを受信するときに、次の2つのモードをお使いいただけます。
imageRUNNER ADVANCE C3330をお使いの場合は、ファクス機能が使用できる状態かどうかお使いの製品をご確認ください。

自動受信

ファクスを自動的に受信します。ただし、自動受信はファクス専用のため、相手先が電話をかけてきても自動的に受信動作になり、電話をうけることはできません。

FAX/TEL切替

本製品に電話機またはハンドセット・G2を装着しているときに、ファクスと電話を自動的に切り替えて使用できます。相手先がファクスのときは自動的に受信し、電話のときは呼び出し音で知らせます。

 1.
(設定/登録)を押す
 2.
[ファンクション設定][受信/転送][ファクス設定]を押す
 3.
[受信モード選択]を押す
 4.
受信モードを選択OK]を押す
 [自動受信]を選択した場合:
 [FAX/TEL切替]を選択した場合:
[自動受信]を選択した場合:
 OK]を押す
FAX/TEL切替]を選択した場合:
 [詳細設定]を押す
 各項目を設定OKOK]を押す
[呼出開始時間]:
電話をうけてから呼び出し音を鳴らすまでの時間を設定します。
[呼出開始時間]を押したあと、[−][+]で設定します。
[呼出時間]:
呼び出し音を鳴らし続ける時間を設定します。
[呼出時間]を押したあと、[−][+]で設定します。
<呼出後の動作>:
呼び出し音を鳴らしても、こちらが電話に出ないときの本製品の動作を設定します。

[終了]:

こちらが電話に出ないとき、自動的に電話を切ります。

[受信]:

こちらが電話に出ないとき、自動的に受信動作に切り替わります。

<音声応答>:
音声応答メッセージを流す場合は[ON]を押します。

 重要

 回線を増設した場合、この設定が機能するのは回線1(標準回線)のみです。回線1(標準回線)にてお使いください。
 それぞれの設定と電話機またはハンドセット・G2の動作との関係は次のとおりです。

接続電話タイプ

受信モード選択(本設定)

電話機・ハンドセット・G2の動作

電話機
ハンドセット・G2

自動受信

鳴動しない*1

FAX/TEL切替

相手がFAXの場合:鳴動しない*1
相手が電話の場合:鳴動する*2

*1 着信呼出が「ON」の場合は鳴動します。
*2 呼出開始時間後に鳴動します。


 メモ

 本製品に電話機またはハンドセット・G2を装着しているときは、電話をかけることができます。
 自動受信時は、電話をかけることはできますが、うけることはできません。
 [FAX/TEL切替]を設定するには、本製品に電話機またはハンドセット・G2を装着する必要があります。
 次の条件をすべて満たしているときは、[ファクス着信呼出]を「OFF」に設定しても、電話機またはハンドセット・G2の呼び出し音が鳴ります。
 [スリープ時の消費電力]を「少ない」に設定している
 本製品がスリープモードに入っている

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C3320F / iR-ADV C3330 / iR-ADV C3330F

 

[TOP▲]
このページのトップへ