音量を調整する(iR-ADV C3300シリーズ)



音量を調整する(iR-ADV C3300シリーズ)
更新日 : 2015年4月24日
文書番号 : Q000083676



(音量調整)を押して、ファクス送信・受信のアラーム音量と通信音量を調整できます。また、ファクス着信時の呼び出し音を設定できます。

 アラーム音量・通信音量を調節する(音量調整)
 着信時に呼び出し音を鳴らす(着信呼出)

アラーム音量・通信音量を調節する(音量調整)

ファクス送信・受信時のアラーム音の音量と通信音の音量を設定します。
ファクス機能有効時に設定できます。imageRUNNER ADVANCE C3330をお使いの場合は、ファクス機能が使用できる状態かどうかお使いの製品をご確認ください。
 1.
操作パネルの(音量調整)を押す

 2.
 を押す<アラーム音量><通信音量>を設定OK]を押す
音量は9段階で設定できます。
音量を一番左に設定した場合は、音は鳴りません。

着信時に呼び出し音を鳴らす(着信呼出)

ファクスを受信したときに、着信呼び出し音を鳴らします。電話機またはハンドセット装着時に設定できます。
ファクス機能有効時に設定できます。imageRUNNER ADVANCE C3330をお使いの場合は、ファクス機能が使用できる状態かどうかお使いの製品をご確認ください。
 1.
操作パネルの(音量調整)を押す

 2.
[ファクス着信呼出]を押す

 3.
ON]を押す-][+]を押して呼び出し回数を設定OK]を押す

呼び出し音を鳴らさないときは[OFF]を押します。

 メモ

次の条件をすべて満たしているときは、[ファクス着信呼出]を「OFF」に設定しても、電話機またはハンドセット・G2の呼び出し音が鳴ります。
 [スリープ時の消費電力]を「少ない」に設定している
 本製品がスリープモードに入っている
呼び出し音を鳴らさないようにするには、[タイマー/電力設定](設定/登録)の[スリープ時の消費電力]を「多い」に設定します。


 重要

回線を増設した場合、この設定が機能するのは回線1(標準回線)のみです。回線1(標準回線)にてお使いください。


 メモ

 アラーム音とは、送信・受信を中止したときに鳴る音("ピーポーピーポー")と、ファクス受信プリント終了時に鳴る音("ポー")です。
 通信音とは、相手先のファクスに接続したときに鳴る音("ピーヒャラ")です。
 呼出回数は、PBXに接続されている場合など、呼出信号によって鳴動回数が変わることがあります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C3320F / iR-ADV C3330 / iR-ADV C3330F

 

[TOP▲]
このページのトップへ