部門別ID・制限面数・ファンクション制限設定方法(iR-ADV C3300シリーズ)



部門別ID・制限面数・ファンクション制限設定方法(iR-ADV C3300シリーズ)
更新日 : 2015年4月24日
文書番号 : Q000083687



部門別ID管理機能を使用して、目的に応じて、出力枚数や使用できる機能を制限できます。

例として以下のような場合に設定します。

制限面数

 コピー/プリントの出力枚数を、各部門月1000枚までに制限したい。
 プリントの出力枚数を、ユーザーごとに制限したい。

ファンクション制限設定

 送信/ファクスを部門別ID管理の対象にしたい。
 送信/ファクスを部門別ID管理の対象から外したい。
 ファクス受信文書の出力も部門別ID管理の対象にしたい。
 コンピューターからのファクス送信も部門別ID管理の対象にしたい。

 タッチパネルディスプレーから設定する
 リモートUIから設定する

タッチパネルディスプレーから設定する

 部門別ID管理を行う
 部門ID/暗証番号の登録、および制限面数を設定する
 ファンクションを制限する
 暗証番号と制限面数を変更する
 部門IDを削除する

部門別ID管理を行う

 1.
(設定/登録)を押す
 2.
[管理設定][ユーザー管理][部門別ID管理]を押す
 3.
ONOK]を押す

部門別ID管理を行わないときは、[OFF]を押します。

部門ID/暗証番号の登録、および制限面数を設定する

 1.
(設定/登録)を押す
 2.
[管理設定][ユーザー管理][部門別ID管理]を押す
 3.
ON[暗証番号の登録]を押す

 4.
[登録]を押す

 5.
部門IDと暗証番号を(テンキー)で入力

 [部門ID]を押す部門IDを入力
 [暗証番号]を押す
 [暗証番号]を押す暗証番号を入力
 [確認入力]を押す同じ暗証番号を入力OK]を押す
7桁未満の数字を入力しても、先頭に「0」が追加されて7桁の数字として設定されます。ただし、ログイン時には、先頭の「0」の入力を省略できます。例えば、「2」、「02」、「002」と入力しても、すべて「0000002」として設定されますが、ログイン時には「2」、「02」、「002」と入力してもログインできます。
また、「0」、「00」のような「0」だけの連数字はシステム管理部門IDまたは暗証番号として登録することはできません。

 メモ

 (クリア)を押すと、入力した数字を取り消すことができます。
 暗証番号を登録しない場合は、部門IDを入力しただけで、本製品が使えるようになります。

 6.
[制限のON/OFFと制限面数の設定]を押す
 7.
制限面数を設定
カラー/白黒コピーを制限する場合は、[コピー制限設定]を押して、制限面数を設定したあと、[OK]を押します。
カラー/白黒スキャンを制限する場合は、[スキャン制限設定]を押して、制限面数を設定したあと、[OK]を押します。
カラー/白黒プリントを制限する場合は、[プリント制限詳細設定]を押して、制限面数を設定したあと、[OK]を押します。

 メモ

面数とは、プリント面の数です。1枚の用紙に両面プリントした場合は面数は2になります。制限面数とは、プリント面数の上限数のことです。

 面数を制限する項目の[ON]を押す

 メモ

 「トータルプリント」は「カラートータルプリント」と「白黒トータルプリント」の制限枚数の合計です。
 「カラートータルプリント」は「カラーコピー」と「カラープリント」の制限面数の合計です。
 「白黒トータルプリント」は「白黒コピー」と「白黒プリント」の制限面数の合計です。
 「カラースキャン」と「白黒スキャン」はトータルプリント制限に含まれません。
 コピー機能の[2色カラー]は、「カラートータルプリント」に含まれます。

 面数を制限する項目のを押す
 (テンキー)で制限面数を入力

 重要

 カラー選択の「自動(カラー/白黒)」、または「自動(カラー/グレースケール)」設定時に、各制限においてカラー、白黒(グレースケール)のいずれかが制限面数に達している場合、各操作を行うことはできません。
 カラー/白黒が混在している文書のプリント中に、プリント制限のいずれかが上限に達した場合、出力は中止されます。
 カラー/白黒が混在している原稿のコピー中に、トータルプリント制限、コピー制限のいずれかが上限に達した場合、出力は中止されます。
 ファクス送信中に、「スキャン制限」が制限面数に達した場合、送信は中止されます。
 フィーダーからの原稿読み込み中にスキャン制限が上限に達した場合、ジョブは中止されます(読み込まれた分のスキャンはカウントされません)。

 メモ

 (クリア)を押すと、入力した数字を取り消すことができます。
 制限面数の入力範囲は0〜999999です。設定した数値を超えるコピー/スキャン/プリントはできません。制限面数に達した場合、次のような画面が表示されます。
 コピー中

 送信時の原稿読み込み中

 プリント中

 OKOK]を押す

 8.
OKOK]を押す
コピーカードリーダー・F1装着時に制限面数の設定を「ON」にすると、各ファンクションの基本画面にカウント残数(制限面数−カウント面数)が表示されます。

ファンクションを制限する

ファンクション制限機能により、コピー/プリント以外の機能も部門別ID管理の対象にできます。ファンクション制限の設定のしかたによって、ログイン画面が表示されるタイミングは次のように変わります。
 ファンクション制限がすべて「ON」の場合
起動/復帰後の画面にログイン画面が表示されます。ログイン画面で部門ID/暗証番号を入力すると、各ファンクションが使用できるようになります。

 ファンクション制限が一部「OFF」の場合
ファンクション制限の対象となっているファンクションを使用しようとすると、ログイン画面が表示されます。ここで部門ID/暗証番号を入力すると、対象ファンクションが使用できるようになります。

 1.
(設定/登録)を押す
 2.
[管理設定][ユーザー管理][部門別ID管理]を押す
 3.
暗証番号の登録画面を表示
 コピーカードリーダー・F1非装着時:
 コピーカードリーダー・F1装着時:
コピーカードリーダー・F1非装着時:
 ON[暗証番号の登録]を押す

 [ファンクション制限]を押す

コピーカードリーダー・F1装着時:
 [暗証番号の登録]を押す

 [ファンクション制限]を押す

 4.
コピー/プリント以外で部門別ID管理の対象とするファンクションの[ON]を押す

制限できるファンクションはそれぞれ以下のとおりです。

[ファイル保存/利用、受信トレイ]:

[送信/ファクス]:

[その他]:

コピー/プリント機能のみ対象とするときは、すべてのファンクションの[OFF]を押します。
imageRUNNER ADVANCE C3330の場合、<送信/ファクス>は、FAXボードを装着している場合に表示されます。FAXボードを装着していない場合は、<送信>と表示されます。

 メモ

上記以外のファンクションおよび各種MEAPアプリケーションは、[部門別ID管理]が「ON」の場合、ファンクション制限の設定に関わらず常に以下のように動作します。
 以下のファンクションおよび各種MEAPアプリケーションは、常に使用が制限されます。

 以下のファンクションは常に使用できます。

 5.
OKOK]を押す

 重要

コントロールカードを使用していて、[ファンクション制限]で、制限を「OFF」にした項目がある場合、本体起動時にメインメニュー画面が表示されます。この場合は、コントロールカードを挿入しない状態で、手順1からの操作を行ってください。


 メモ

 カウント残数は、「ON」に設定されている制限項目のみ表示されます。
 コピー基本画面とプリント設定画面には、カウント残数の少ない項目が2つ表示されます。ただし、トータルプリントの残数が一番少ない場合には、トータルプリントの残数のみ表示されます。

暗証番号と制限面数を変更する

登録されている暗証番号と制限面数を変更します。
 1.
(設定/登録)を押す
 2.
[管理設定][ユーザー管理][部門別ID管理]を押す
 3.
暗証番号の登録画面を表示
 コピーカードリーダー・F1非装着時:
 コピーカードリーダー・F1装着時:
コピーカードリーダー・F1非装着時:
 ON[暗証番号の登録]を押す

コピーカードリーダー・F1装着時:
 [暗証番号の登録]を押す

 4.
でリストをスクロール暗証番号を変更する部門を選択[編集]を押す

を長押しすると、ページ番号が増減し、キーを離した時点のページが表示されます。部門IDが大量に登録されている場合に、すばやく目的の部門IDを表示させることができます。
 5.
(テンキー)で暗証番号を入力
 [暗証番号]を押す
 [暗証番号]を押す新しい暗証番号を入力
 [確認入力]を押す同じ暗証番号を入力OK]を押す
7桁未満の数字を入力しても、先頭に「0」が追加されて7桁の数字として設定されます。ただし、ログイン時には、先頭の「0」の入力を省略できます。例えば、「2」、「02」、「002」と入力しても、すべて「0000002」として設定されますが、ログイン時には「2」、「02」、「002」と入力してもログインできます。
また、「0」、「00」のような「0」だけの連数字はシステム管理部門IDまたは暗証番号として登録することはできません。

 メモ

 (クリア)を押すと、入力した数字を取り消すことができます。
 部門IDの変更はできません。

 6.
[制限のON/OFFと制限面数の設定]を押す制限面数を変更

 メモ

 (クリア)を押すと、入力した数字を取り消すことができます。
 制限面数の入力範囲は0〜999999です。設定した数値を超えるコピー/スキャン/プリントはできません。
 面数とは、プリント面の数です。1枚の用紙に両面プリントした場合は面数は2になります。制限面数とは、プリント面数の上限数のことです。

 7.
OKOK]を押す
 8.
OKOK]を押す

部門IDを削除する

登録されている部門を削除します。
 1.
(設定/登録)を押す
 2.
[管理設定][ユーザー管理][部門別ID管理]を押す
 3.
ON[暗証番号の登録]を押す
 4.
でリストをスクロール削除する部門を選択[削除]を押す

 メモ

を長押しすると、ページ番号が増減し、キーを離した時点のページが表示されます。部門IDが大量に登録されている場合に、すばやく目的の部門IDを表示させることができます。

 5.
[はい]を押す
 6.
OKOK]を押す

 重要

コピーカードリーダー・F1で部門別ID管理をしている場合は、部門IDの登録/削除はできません。

リモートUIから設定する

 1.
[設定/登録][ユーザー管理][部門別ID管理]をクリック

本製品に登録されている部門IDの一覧が100件ずつ表示されます。別の100件を表示するには、[1〜100]以外をドロップダウンリストから選択して[表示切替]をクリックします。

 重要

コピーカードリーダー・F1装着時は、自動的に部門別ID管理が開始されます。この場合、[新規部門の登録]、[部門の削除]は表示されません。

 2.
部門IDの管理方法を設定する場合は、[設定...]をクリック必要な項目を設定OK]をクリック

項目

設定内容

[部門別ID管理をする]:

部門別ID管理ができます。チェックマークを付けると、本製品でコピー/送信機能などを使用する前に部門IDの入力が必要になり、部門ごとのカウンター管理やプリント面数の制限などができるようになります。また、ジョブやファクスボックス、システムボックスの操作をするときにも、部門IDと暗証番号の入力が必要になります。
コピーカードリーダー・F1装着時は、この項目は表示されません。

[ファンクション制限]:

「スキャンして保存」、「保存ファイルの利用」、「受信トレイ」、「スキャンして送信」、「ファクス」、「リモートスキャナー」、「ウェブブラウザー」の各ファンクションに対して部門別ID管理を設定できます。User Authenticationを使用している場合は、ファンクション制限の設定は使用できません。

[ファイル保存/利用、受信トレイ]:

チェックマークを付けると、「スキャンして保存」、「保存ファイルの利用」、「受信トレイ」が部門別ID管理の対象になります。

[送信/ファクス]:

チェックマークを付けると、「スキャンして送信」、「ファクス」が部門別ID管理の対象になります。

[その他]:

チェックマークを付けると、「リモートスキャナー」、「ウェブブラウザー」が部門別ID管理の対象になります。

[ID不定プリンタージョブを許可する]:

チェックマークを付けると、部門別ID管理に対応していないプリンタードライバーからのプリントも可能になります。チェックマークをはずすと、部門別ID管理に対応しているプリンタードライバーからのみプリントが可能になります。

[ID不定リモートスキャンジョブを許可する]:

チェックマークを付けると、部門別ID管理に対応していないコンピューターからのリモートスキャンも可能になります。チェックマークをはずすと、部門別ID管理に対応しているコンピューターからのみリモートスキャンが可能になります。

[白黒コピー/プリントジョブを許可する]:

チェックマークを付けると、部門別ID管理に対応していない白黒コピー、プリントが可能になります。

[白黒プリンタージョブを許可する]:

チェックマークを付けると、部門別ID管理に対応していない白黒プリントが可能になります。

[ラージ2カウントで管理する]:

チェックマークを付けると、ラージ用紙(A3)1枚がプリント面数2枚としてカウントされます。

[カウントオールクリア]:

全部門のカウンターの値を0に戻すことができます。

 3.
部門を登録する場合は、[新規部門の登録]をクリック必要な項目を設定OK]をクリック

項目

設定内容

[部門ID]:

部門IDを7桁までの半角数字で入力します。

[暗証番号]:

暗証番号を7桁までの半角数字で入力します。

[確認入力]:

暗証番号と同じ番号を入力します。暗証番号と異なる番号を入力した場合は、エラーのダイアログボックスが表示されます。

[制限面数]:

設定する項目にチェックマークを付け、その部門のコピーやスキャン、プリントに許可する最大面数を半角数字で入力します。


 重要

コピーカードリーダー・F1装着時は、新規部門の登録はできません。


 メモ

「トータルプリント」は「コピー」と「プリント」の制限面数の合計です。

 4.
部門を削除する場合は、削除する部門ID[部門の削除]をクリック
 5.
OK]をクリック
 6.
暗証番号と制限面数を変更する場合は、部門IDをクリック<部門の編集>ページの必要な項目を変更OK]をクリック

 メモ

部門のカウントを消去する場合は、[カウントクリア]をクリックします。確認のメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C3320F / iR-ADV C3330 / iR-ADV C3330F

 

[TOP▲]
このページのトップへ