ファクス送信で画像を調整する方法(iR-ADV C3300シリーズ)



ファクス送信で画像を調整する方法(iR-ADV C3300シリーズ)
更新日 : 2015年4月24日
文書番号 : Q000083702



ファクス送信画像の文字が薄い場合は原稿の種類を設定、また、画像が粗い場合は解像度を上げてください。

 原稿の種類を選択する
 解像度を設定する

原稿の種類を選択する

原稿の種類に応じて画質を調節できます。

文字/写真モード

文字と写真が混在する原稿に適しています。

写真モード

網点で作られている写真原稿(印刷されている写真)に適しています。

文字モード

文字だけで構成された原稿や、手書きの文字や図などのある原稿に適しています。

 1.
[ファクス]を押す

 2.
宛先を指定[その他の機能][原稿の種類]を押す

 3.
原稿の種類を選択
[文字/写真]を選択すると原稿を読み取るときに、文字/写真の読み取り優先度を調整できます。
文字/写真の読み取り優先度を調整するときは、[レベル調整]を押して、[文字を優先]または[写真を優先]を選択して[OK]を押します。
[文字を優先]: 文字がきれいに読み込まれます。
[写真を優先]: 写真がきれいに読み込まれ、画像にモアレが生じにくくなります。
文字をよりきれいに読み込むには、[文字を優先]を押してインジケーターを左へ、写真をよりきれいに読み込むには、[写真を優先]を押してインジケーターを右へ移動することでレベルを調整できます。
 4.
OK[閉じる]を押す

 重要

印刷写真(網点写真)を読み込んで送信すると、モアレ(まだら模様)が出ることがあります。そのときは、シャープネスを使ってモアレを低減させます。

 メモ

原稿がOHPフィルムのときは、画質を設定したあと、原稿に合わせて濃度を調節してください。

解像度を設定する

ファクスを送信するときの解像度を指定します。高解像度にするほど細部まで見えるようになります。
 1.
[ファクス]を押す宛先を指定解像度を押す

 2.
解像度を選択OK]を押す

 重要

送信できる画像の画素数は、400×400 dpiの解像度でA3サイズまでです。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C3320F / iR-ADV C3330 / iR-ADV C3330F

 

[TOP▲]
このページのトップへ