強制留め置き印刷について



強制留め置き印刷について
更新日 : 2016年11月8日
文書番号 : Q000086417



出力時に印刷設定変更やセキュリティーを高める

プリントジョブを本体内に保存し、必要に応じて効率のよい出力ができる留め置きプリントに本体標準で対応します。
プリントジョブをiR-ADVに送信すると自動的にユーザー登録が完了し、 認証機能との連動で自分のジョブのみをパネルに表示。
設定変更も簡単に行えるほか、プレビュー表示やお試しプリントも可能です。
放置プリントの抑止によるセキュリティー向上、 無駄なプリントの削減による低コスト化で管理負荷も軽減します。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C355F / iR-ADV C5535 / iR-ADV C5535F / iR-ADV C5540 / iR-ADV C5540F / iR-ADV C5550 / iR-ADV C5550F / iR-ADV C5560 / iR-ADV C5560F / iR-ADV C7565 / iR-ADV C7570 / iR-ADV C7580 / iR-ADV 4525 / iR-ADV 4525F / iR-ADV 4535 / iR-ADV 4535F / iR-ADV 4545 / iR-ADV 4545F / iR-ADV 6555 / iR-ADV 6560 / iR-ADV 6565 / iR-ADV 6575 / iR-ADV 8585 / iR-ADV 8595 / iR-ADV 8505

 

[TOP▲]
このページのトップへ