ファクス回線の基本的な設定方法(iR-ADV 6500/8500シリーズ)



ファクス回線の基本的な設定方法(iR-ADV 6500/8500シリーズ)
更新日 : 2016年1月15日
文書番号 : Q000086588



ファクスを使用する前に、本製品に接続するファクス回線にユーザー情報を登録します。

・ユーザー略称
・ファクス回線種別
・発信元記録

登録した内容を、ファクスを送信した相手側の記録紙のヘッダーに、以下のような発信元記録として表示させることができます。 

発信元記録の表示項目

表示項目の説明

日付と時刻

送信した日付と時刻が記録されます。

ファクス番号

「ファクス番号」に登録されている本製品のファクス番号が記録されます。

送信側の名前

「ユーザー略称」に登録されている名称が記録されます。

相手の名前

アドレス帳に登録されている宛先を使用して送信すると、その名称が記録されます。

原稿枚数

何枚目の原稿かが記録されます。

 

ファクス回線の基本的な設定として、以下があります。設定したい項目を選んでください。

 送信側の名前やファクス番号を登録したい。
 ファクス回線にユーザー略称とファクス番号を登録する方法

 部署名やファクス番号が変わったので、登録内容を変更したい。
 ファクス回線のユーザー略称とファクス番号を変更する方法

 回線ごとに名前やファクス番号を登録したい。
 複数のファクス回線それぞれにユーザー略称とファクス番号を登録する方法

 送信側の名前やファクス番号を記録紙のヘッダーに表示させたい。
 発信元記録の設定方法

 メモ

IPファクスを使用する場合には、IPファクス回線に送信側の名前や電話番号を登録します。設定方法については、「IPファクス回線の設定方法」を参照してください。

このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV 6555 / iR-ADV 6565 / iR-ADV 6575 / iR-ADV 8585 / iR-ADV 8595 / iR-ADV 8505

 

[TOP▲]
このページのトップへ