用紙カセット自動選択のON/OFFを設定する(iR-ADV C5500シリーズ)



用紙カセット自動選択のON/OFFを設定する(iR-ADV C5500シリーズ)
更新日 : 2016年6月14日
文書番号 : Q000088501




用紙カセット自動選択を「ON」に設定した給紙箇所は、自動用紙選択と用紙カセット自動選択の対象となります。ファンクションごとに各給紙箇所を自動用紙選択と用紙カセット自動選択の対象とするかどうか設定できます。

 自動用紙選択:コピー/プリントの際、自動的に適切な用紙(給紙箇所)を選ぶ機能です。
 用紙カセット自動選択:選択されていた給紙箇所がコピー/プリント中に用紙切れになったとき、同じサイズの用紙がセットされている他の給紙箇所を自動選択してコピー/プリントを継続する機能です。
 コピーの場合は、[「カラー選択」を考慮する]、[用紙の種類を考慮する]というオプション設定を追加することで、よりきめ細やかに用紙を使い分けることができます。
AutoPaperSelect_001_01.ai (WebFAQ_Folke_Grp2)

「カラー選択」を考慮する:

この設定を「ON」にすると、[「カラー選択」 による用紙カセット自動選択]で設定された内容が適用されます。カラーコピー/白黒コピーで用紙を使い分けている場合に、あらかじめ設定した給紙箇所だけが自動用紙選択や用紙カセット自動選択の対象となります。

用紙の種類を考慮する:

コピー中に用紙切れになったとき、用紙の種類が同じ給紙箇所があれば用紙カセット自動選択の対象となります。
この設定を「ON」にすると、同じサイズの用紙がセットされている給紙箇所があっても、用紙の種類が異なると用紙カセット自動選択は行われません。

コピー

用紙カセット自動選択が「ON」で、次の条件を満たした給紙箇所は、自動用紙選択と用紙カセット自動選択の対象となります。

自動用紙選択*1

用紙カセット自動選択

[用紙の種類を考慮する]が「ON」のとき

薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3、ユーザー設定用紙*2

用紙サイズ、用紙種類、用紙の色が同じ給紙箇所が他にあれば、そこから自動給紙してプリントを継続します。

[用紙の種類を考慮する]と[「カラー選択」を考慮する]両方が「ON」のとき

 次の用紙種類がセットされている
 薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3、ユーザー設定用紙*2
 [「カラー選択」 による用紙カセット自動選択]で設定した内容([カラー]/[白黒])が指定したカラーモードに適合している

用紙サイズ、用紙種類、用紙の色、[「カラー選択」 による用紙カセット自動選択]で設定した内容([カラー]/[白黒])が同じ給紙箇所が他にあれば、そこから自動給紙してプリントを継続します。

[用紙の種類を考慮する]と[
「カラー選択」を考慮する]両方が「OFF」のとき

薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3、色紙、厚紙1、厚紙2、厚紙3、厚紙4、厚紙5、厚紙6、ユーザー設定用紙*3

自動用紙選択の対象になる用紙種類で、用紙サイズが同じ給紙箇所が他にあれば、そこから自動給紙してプリントを継続します。

*1 ユーザー設定サイズなど、用紙サイズによっては自動用紙選択の対象にならない場合があります。
*2 薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3に相当する、白色の用紙
*3 薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3、色紙、厚紙1、厚紙2、厚紙3、厚紙4、厚紙5、厚紙6に相当する用紙

プリンター(コンピューターからのプリント)

用紙カセット自動選択が「ON」で、次の用紙種類がセットされている給紙箇所は、自動用紙選択と用紙カセット自動選択の対象となります。

自動用紙選択

用紙カセット自動選択*3

用紙種類を指定したとき*2

本製品で使用可能なすべての用紙種類が、プリンタードライバーでの指定と一致した場合に自動選択の対象となります。

用紙サイズ、用紙種類、用紙の色が同じ給紙箇所が他にあれば、そこから自動給紙してプリントを継続します。

用紙種類を指定しないとき

薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3、色紙、厚紙1、厚紙2、厚紙3、厚紙4、厚紙5、厚紙6、ユーザー設定用紙*1

自動用紙選択の対象になる用紙種類で、用紙サイズが同じ給紙箇所が他にあれば、そこから自動給紙してプリントを継続します。

*1 薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3、色紙、厚紙1、厚紙2、厚紙3、厚紙4、厚紙5、厚紙6に相当する用紙
*2 プリンタードライバーの[用紙種類で指定]で指定します。
*3 プリンタードライバーの[給紙部で指定]で特定の給紙箇所を指定しているときは、用紙カセット自動選択は動作しません。

保存ファイルの利用(ボックス、ネットワーク、メモリーメディア)

本設定が「ON」で、次の用紙種類がセットされている給紙箇所は、自動用紙選択と用紙カセット自動選択の対象となります。


自動用紙選択*1

用紙カセット自動選択*3

薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3、色紙、厚紙1、厚紙2、厚紙3、厚紙4、厚紙5、厚紙6、ユーザー設定用紙*2

自動用紙選択の対象になる用紙種類で、用紙サイズが同じ給紙箇所が他にあれば、そこから自動給紙してプリントを継続します。

*1 ユーザー設定サイズなど、用紙サイズによっては自動用紙選択の対象にならない場合があります。
*2 薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3、色紙、厚紙1、厚紙2、厚紙3、厚紙4、厚紙5、厚紙6に相当する用紙
*3 給紙箇所を指定しているときは、用紙カセット自動選択は動作しません。

受信/ファクス

本設定が「ON」で、A4、B5、A5のいずれかがセットされた給紙箇所は、自動用紙選択と用紙カセット自動選択の対象となります。対象となる用紙種類は次のとおりです。


自動用紙選択

用紙カセット自動選択*2

薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3、色紙、ユーザー設定用紙*1

*1 薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3、色紙に相当する用紙
*2 ファクスの受信プリントで手差しを用紙カセット自動選択の対象とするには、[手差し用紙のデフォルト設定]を「固定モード」に設定している必要があります。

その他(レポートのプリント)

本設定が「ON」で、A4がセットされた給紙箇所は、自動用紙選択と用紙カセット自動選択の対象となります。対象となる用紙種類は次のとおりです。


自動用紙選択

用紙カセット自動選択

薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3、ユーザー設定用紙*1

用紙種類、用紙色が同じ給紙箇所が他にあれば、そこから自動給紙してプリントを継続します。

*1 薄紙2、薄紙1、普通紙1、普通紙2、普通紙3、再生紙1、再生紙2、再生紙3に相当する用紙
 1.
b_in_Add.ai(設定/登録)を押す
 2.
[ファンクション設定][共通][給紙動作]を押す
 3.
[用紙カセット自動選択のON/OFF]を押す
 4.
目的のファンクションを選択給紙箇所ごとに[ONOK]を押す
自動選択を行わない場合は、[OFF]を押します。
[受信/ファクス]は、FAXボードを装着している場合に表示されます。
FAXボードを装着していない場合は、[受信]と表示されます。
[その他]は、レポート出力時に対象となる給紙箇所の設定を行います。
各ボタンは、それぞれ次の給紙箇所を示しています。
AutoPaperSelect_002_01.ai (WebFAQ_Folke_Grp2)
ステイプル・D3、ADFアクセスハンドル・A1装着時


 メモ

 手差し以外の給紙箇所をすべて「OFF」にすることはできません。
 [コピー]を選択した場合は、カラーモードを考慮するかどうかを設定できます。
 [「カラー選択」を考慮する]を「ON」にした場合:
カラーコピー時にはカラーコピー用の用紙(例:普通紙)、白黒コピー時は白黒コピー用の用紙(例:再生紙)を自動的に選んでコピーできます。
 [「カラー選択」を考慮する]を「OFF」にした場合:
カラーコピー、白黒コピーによる用紙の自動選択は行いません。[「カラー選択」を考慮する]を「ON」にすると、[用紙の種類を考慮する]も「ON」になります。
 [コピー]を選択した場合は、用紙の種類を考慮するかどうかを設定できます。
 [用紙の種類を考慮する]を「ON」にした場合:
プリント中に用紙がなくなったとき、サイズが同じであっても登録されている用紙の種類が異なる場合は、他の給紙箇所から給紙を行いません。
 [用紙の種類を考慮する]を「OFF」にした場合:
プリント中に用紙がなくなったとき、サイズが同じ用紙がセットされていれば、他の給紙箇所から給紙を行います。

 5.
OK]を押す

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5535 / iR-ADV C5535F / iR-ADV C5540 / iR-ADV C5540F / iR-ADV C5550 / iR-ADV C5550F / iR-ADV C5560 / iR-ADV C5560F

 

[TOP▲]
このページのトップへ