ワンタッチボタンに登録した宛先を削除する方法(iR-ADV Gen3)



ワンタッチボタンに登録した宛先を削除する方法(iR-ADV Gen3)
更新日 : 2017年6月23日
文書番号 : Q000090193



以下の手順でワンタッチボタンに登録した宛先を削除します。
 重要

[環境設定](設定/登録)の[表示言語/キーボードの切替]を「ON」にすると、ファイルサーバー宛先の「ホスト名」や「フォルダーへのパス」が正しく表示されなかったり、参照できないことがあります。

 メモ

  • 新規宛先をワンタッチのグループ宛先に登録することはできません。宛先はあらかじめワンタッチに登録しておく必要があります。
  • ワンタッチに登録した宛先は、ローカルアドレス帳にも表示されます。
  • Eメール、ファクス、IPファクス、Iファクス、ファイルサーバーの宛先やグループ宛先を登録できます。
  • ファクスやIPファクスの宛先はそれぞれの機能が使用できる場合にのみ登録できます。

 1.
b_in_Add.ai(設定/登録)を押します。
 2.
[宛先設定][ワンタッチの登録]を押します。
 3.
削除するワンタッチボタンを選択したあと、[削除]を押します。
b_Gen_009.ai

 重要

削除する内容を確認してください。

ワンタッチボタン番号を入力して指定する場合は、b_ssend_005.aiを押して3桁のワンタッチボタン番号をb_in_0.aib_in_9.ai(テンキー)で入力します。

 メモ

すでに設定が登録されているワンタッチボタンには、宛先種別を示す次のアイコンが表示されています。
 b_ssend_001.ai
 b_fax_001.ai
 b_ssend_002.ai
 b_ssend_003.ai
 b_ssend_004.ai

 4.
[はい]→[閉じる]を押します。

このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C355F / iR-ADV C3520F / iR-ADV C3530 / iR-ADV C3530F / iR-ADV C5535 / iR-ADV C5535F / iR-ADV C5540 / iR-ADV C5540F / iR-ADV C5550 / iR-ADV C5550F / iR-ADV C5560 / iR-ADV C5560F / iR-ADV C7565 / iR-ADV C7570 / iR-ADV C7580 / iR-ADV 4525 / iR-ADV 4525F / iR-ADV 4535 / iR-ADV 4535F / iR-ADV 4545 / iR-ADV 4545F / iR-ADV 6555 / iR-ADV 6560 / iR-ADV 6565 / iR-ADV 6575 / iR-ADV 8585 / iR-ADV 8595 / iR-ADV 8505

 

[TOP▲]
このページのトップへ