ファクス送信エラー/中止時のレポートが2枚プリントされないようにする方法(iR-ADV Gen3)



ファクス送信エラー/中止時のレポートが2枚プリントされないようにする方法(iR-ADV Gen3)
更新日 : 2017年2月7日
文書番号 : Q000090202



ファクスが送信エラーになった場合やファクス送信を中止した場合、送信結果レポートとファクス送信結果レポートの2枚のレポートがプリントされます。

送信結果レポート:

ファクス、ボックス保管、電子メール、ファイルの送信時にプリントされるレポート

ファクス送信結果レポート:

ファクス送信時にプリントされるレポート


以下の設定をすることで、プリントされるレポートを1枚だけにすることができます。

ファクス送信結果レポートの設定をする

目的の相手先へ正常に送信できたかを確認するためのレポートです。ファクス送信結果レポートは、文書を送信したあとに自動的にプリントされます。また、送信エラーが発生したときのみプリントされるように設定することもできます。
ファクス送信結果レポートに送信原稿の一部をつけてプリントすることもできます。
 1.
b_in_Add.ai(設定/登録)を押す
 2.
[ファンクション設定][送信][ファクス設定]を押す
 3.
[ファクス送信結果レポート]を押す
 4.
[エラー時のみ]または[OFF]を押す
Gen3_FSER.ai
[ファクス送信結果レポート]を[エラー時のみ]にした場合は・・・
[ファンクション設定]→[送信]→[共通設定]の[送信結果レポート]を[OFF]にします。

[ファクス送信結果レポート]を[OFF]にした場合は・・・
[ファンクション設定]→[送信]→[共通設定]の[送信結果レポート]を[エラー時のみ]にします。

ファクス送信結果レポートに原稿の一部をつけてプリントするときは、<送信原稿の表示>の[ON]を押します。
 5.
OK]を押す
[ファクス送信結果レポート]を[エラー時のみ]、[送信結果レポート]を[OFF]に設定した場合
ファクス送信エラー/中止時に、ファクスエラー送信結果レポートのみプリントされます。
b_wfaq_045_01_c_C.ai

[ファクス送信結果レポート]を[OFF]、[送信結果レポート]を[エラー時のみ]に設定した場合
ファクスの送信エラー/中止時に送信結果レポートのみプリントされます。
b_wfaq_045_01_f_C.ai

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C355F / iR-ADV C3520F / iR-ADV C3530 / iR-ADV C3530F / iR-ADV C5535 / iR-ADV C5535F / iR-ADV C5540 / iR-ADV C5540F / iR-ADV C5550 / iR-ADV C5550F / iR-ADV C5560 / iR-ADV C5560F / iR-ADV C7565 / iR-ADV C7570 / iR-ADV C7580 / iR-ADV 4525 / iR-ADV 4525F / iR-ADV 4535 / iR-ADV 4535F / iR-ADV 4545 / iR-ADV 4545F / iR-ADV 6555 / iR-ADV 6560 / iR-ADV 6565 / iR-ADV 6575 / iR-ADV 8585 / iR-ADV 8595 / iR-ADV 8505

 

[TOP▲]
このページのトップへ