シンプルログイン使用時にカラーの出力を制限したい(カラー複合機):iR-ADV Gen3



シンプルログイン使用時にカラーの出力を制限したい(カラー複合機):iR-ADV Gen3
更新日 : 2017年2月7日
文書番号 : Q000090302



部門別ID管理を運用することにより部門単位でカラープリント/カラーコピーの出力上限枚数(制限面数)を設定することができます。ユーザー情報と部門別IDを連携させることによりユーザーごとにカラープリント/カラーコピーの出力枚数の上限を設定することも可能になります。

 シンプルログインの設定方法
 部門別IDの登録/編集とカラープリント上限枚数の設定方法
 ユーザーIDと部門別IDの連携方法

シンプルログインの設定方法

シングルログインの設定方法やログイン画面が表示されたときの操作については、「シンプルログインを使用したい(iR-ADV Gen3)」を参照してください。

部門別IDの登録/編集とカラープリント上限枚数の設定方法

 1.
(設定/登録)を押します。
 2.
[管理設定][ユーザー管理][部門別ID管理]を押します。
 3.
ON[暗証番号の登録]を押します。

 4.
[登録]を押します。

 5.
部門IDと暗証番号を(テンキー)で入力します。
暗証番号を登録しなくても運用できます。

 6.
[制限のON/OFFと制限面数の設定]を押します。

 7.
制限面数を設定します。
カラープリント/カラーコピーの面数を制限するための項目の[ON]を押したあと、カウンターの左横にあるボタンを押すと(テンキー)で制限面数を入力することができます。

カラープリント/カラーコピーの面数の制限は以下の項目で設定できます。

カラートータルプリント制限

カラーコピーとカラープリントの合計

カラーコピー制限

フルカラーとモノカラーコピーの合計

カラースキャン制限

カラー送信とカラーでのプルスキャン、カラーでボックスへの原稿読み込みを行った合計

カラープリント制限

プリンタードライバーからのカラー出力とボックス保管文書のカラー出力の合計


 メモ

 制限面数の入力範囲は0〜999999です。設定した数値を超えるコピー/スキャン/プリントはできなくなります。
 制限面数とは、プリント面に対しての数です。1枚の用紙に両面プリントした場合は面数は2になります。
 複数のユーザーに異なる内容でカラープリント/コピープリントの制限面数を設定したいときは、対象となるユーザー数に合わせて複数の部門別IDを設定してから個々に連携させてください。

ユーザーIDと部門別IDの連携方法

制限面数は部門別ID管理を運用するための設定ですが、1ユーザーに対して1部門IDを連携させることにより、設定したカラープリント/カラーコピーの制限面数を個々のユーザーに適用することもできます。
 1.
(設定/登録)を押します。
 2.
[管理設定][ユーザー管理][認証管理]を押します。

 3.
[認証ユーザーの登録/編集]を押します。

 4.
[登録]を押します。

表示されたユーザー名を選択し[詳細/編集]を押して登録済みユーザーの設定を変更することもできます。
 5.
[リストから選択]を押します。

 6.
表示された登録済みIDのリストから部門IDを選択し[OK]を押します。

 7.
必要に応じて部門ID以外の項目も設定し[OK]を押します。

 メモ

 ユーザー情報の登録/編集項目の詳細については、「ユーザー情報の登録方法(iR-ADV Gen3)」を参照してください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C355F / iR-ADV C3520F / iR-ADV C3530 / iR-ADV C3530F / iR-ADV C5535 / iR-ADV C5535F / iR-ADV C5540 / iR-ADV C5540F / iR-ADV C5550 / iR-ADV C5550F / iR-ADV C5560 / iR-ADV C5560F / iR-ADV C7565 / iR-ADV C7570 / iR-ADV C7580

 

[TOP▲]
このページのトップへ