Eメールアドレスに転送されたファクス受信文書について(imageRUNNER C3020F)



Eメールアドレスに転送されたファクス受信文書について(imageRUNNER C3020F)
更新日 : 2017年7月12日
文書番号 : Q000091689



Eメールアドレスにファクス受信文書が転送された際、どのようなEメールが届き、ファクス受信文書のヘッダーはどのように表示されるのかを説明します。
 ファクス転送メールの例
 ファクス受信文書のヘッダーの表示例

 メモ

お使いのメールソフトや、相手のファクスの機種の違いによって表示される内容が異なる場合があります。

ファクス転送メールの例

画面は、Microsoft Outlookのものです。
b_wfaq_037_01_a_c.ai

No.

表示される項目

表示例

1

Eメール送信日時
ファクス転送メールの送信日時が表示されます。

2017/04/26(水)08:45

2

添付ファイル名
ファクス受信文書のファイル名が表示されます。
※受付番号(ファクス:0001〜4999、Iファクス:5001〜9999)、日時(年:西暦下2桁、月、日、時、分、秒)、ドキュメント番号を表す数字がファイル名になります。

0011_170426084529_001.pdf
(受付番号:0011、2017年4月26日8時45分29秒の場合)

3

Eメールの件名
ファクス転送メールの件名が表示されます。

Attached Image

4

差出人
本体の「ユーザー略称」または「Eメールアドレス」が表示されます。

aaaa@2017.xx

ファクス受信文書のヘッダーの表示例

b_wfaq_037_01_b_c.ai

No.

表示される項目

表示例

1

ファクス送信日時
相手がファクスを送信した日時が表示されます。

04/26 2017 07:30 AM

2

相手のファクス番号
相手のファクス番号が表示されます。

FAX 03XXXXXXXX

3

相手の名前
相手の名前が表示されます。

●●株式会社

4

原稿枚数
何枚目の原稿かが表示されます。

001/003

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR C3020F

 

[TOP▲]
このページのトップへ