印字結果にムラ、汚れが入る



印字結果にムラ、汚れが入る
更新日 : 2013年8月22日
文書番号 : Q000027495



印刷結果がムラになる・汚れが入る場合は、以下の対処方法をお試しください。


INDEX
  1. トナーカートリッジ内のトナーが均一になっていない
  2. プリンタ内部が汚れている
  3. プリンタ内部がトナーで汚れている
  4. トナーカートリッジ/ドラムカートリッジ内の感光ドラムに傷がついている(劣化した)
  5. 対応用紙以外の用紙を使用している
  6. プリンタのハード障害

■トナーカートリッジ内のトナーが均一になっていない

トナーカートリッジ内のトナーが均一になっていない可能性があります。
以下の手順でトナーカートリッジを振ってください。

対処方法 詳細
1 プリンタからトナーカートリッジを取り出し、カートリッジを平行に持ちます。(両手でカートリッジの両端を持ちます) トナーカートリッジの取り出し方
2 トナーがこぼれることのないように、トナーカートリッジを上下に5〜6回振ります。 モノクロトナーカートリッジI054013752459.gif (2606 バイト)
カラートナーカートリッジI001000001211.JPG (37566 バイト)
3 トナーカートリッジをセットし、印刷をお試しください。 トナーカートリッジのセット方法

LBP5910/5610/5900SE/5900/5600SE/5600をお使いの方は、本操作を行わず次の対処方法からお試しください。

 

戻る


■プリンタ内部が汚れている

プリンタ内部が汚れている可能性があります。
プリンタの清掃方法」をご参照いただき、プリンタの清掃を行ってください。

対処方法 詳細
1 プリンタ本体からトナーカートリッジを外します。 トナーカートリッジの取り出し方
2 乾いた布でプリンタ内部の見える範囲で清掃を行います。

転写ローラに触れると印字品質低下の原因となるため、転写ローラには触れないように注意してください。
プリンタの機種によっては、清掃用ブラシや除電針ブラシがプリンタに取り付けられていますので、それらを用いてプリンタ内部の清掃を行ってください。
清掃方法
清掃完了後、印刷をお試しください。




戻る

■プリンタ内部がトナーで汚れている

プリンタ内部がトナーで汚れている場合、トナーカートリッジよりトナーが内部に漏れてしまっている可能性があります。
以下の手順でプリンタの清掃を行ってください。

対処方法 詳細
1 プリンタ本体からトナーカートリッジを外します。 トナーカートリッジの取り出し方
2 トナーカートリッジ外部に漏れてしまっているトナーを拭き取り、プリンタ内部の清掃を行ってください。

転写ローラに触れると印字品質低下の原因となるため、転写ローラには触れないように注意してください。
プリンタの機種によっては、清掃用ブラシや除電針ブラシがプリンタに取り付けられていますので、それらを用いてプリンタ内部の清掃を行ってください。
清掃方法

清掃完了後、印刷をお試しください。

頻繁にトナー漏れが発生する場合は、プリンタ本体のメンテナンスをご検討ください。
メンテナンスの依頼につきましては、「修理を依頼するには」をご参照ください。
なお、トナーカートリッジは消耗品のため、メンテナンスの際に新しいトナーカートリッジとの交換になる場合がございます。


 

戻る


■トナーカートリッジ/ドラムカートリッジ内の感光ドラムに傷がついている(劣化した)

トナーカートリッジ/ドラムカートリッジ内の感光ドラムが劣化、あるいは損傷している可能性があります。

対処方法 詳細
1 トナーカートリッジ(カラー機の場合は、ドラムカートリッジ)を新しいカートリッジに交換してください。 交換方法
2 カートリッジ交換の際は、プリンタ内部の清掃、ドラムカートリッジ周辺の清掃も行ってください。 清掃方法
清掃完了後、印刷をお試しください。


【参考】

「トナーチェック」「トナーコウカン」「ドラムコウカン」「ドラムコウカンヨコク」などのメッセージが表示されたあとにもそのまま使い続けると、トナーカートリッジ/ドラムカートリッジが劣化し、印刷品質にムラ等のトラブルが発生してきます。
また、光がトナーカートリッジやドラムカートリッジ内の感光ドラムにあたり、性能が劣化し、プリントの品質が低下し印刷結果にムラ等のトラブルが現れることもあります。


戻る


■対応用紙以外の用紙を使用している

対応用紙以外の用紙や普通紙以外の特殊コーティングしてある用紙を使用した場合、定着能力が落ちる可能性があり、紙づまりや印字品質低下、用紙搬送不具合の原因となります。

対処方法 詳細
1 特定の用紙のみで現象が発生してしまう場合は、プリンタが対応できないことが想定されます。
対応用紙かどうかご確認の上、ご使用ください。

使用できる用紙
対応用紙をご使用でも、紙づまりや印字品質低下、用紙搬送不具合が発生する場合には、プリンタのハード的な障害が発生している可能性も考えられます。 その場合には、プリンタ本体のメンテナンスをご検討ください。
メンテナンスの依頼につきましては、「修理を依頼するには」をご参照ください。


戻る


■プリンタのハード障害

上記の対処方法をお試しいただいたあとも、改善がみられない場合は、プリンタのハード的な障害が考えられますので、一度、プリンタの修理を受けてください。

修理依頼の詳細につきましては、「修理を依頼するには」をご参照ください。

CSP/CCGなどの保守契約を提携されている場合は、保守契約先へご連絡ください。

保守契約を結ばれていない場合は、下記のサイトより修理申し込み、またお客様相談センター窓口からも修理の受け付けを行っておりますので、ご利用ください。

 ■修理のお問い合せ
  http://cweb.canon.jp/e-support/repair/

 

戻る


■関連情報

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1110 / LBP-1110 SE / LBP-1110 Premium / LBP-1120 / LBP-1210 / LBP-1310 / LBP-1420 / LBP-1510 / LBP-1610 / LBP-1620 / LBP-1710 / LBP-1810 / LBP-1820 / LBP-1910 / LBP-250 / LBP-2030 / LBP-2040 / LBP-2050 / LBP-2160 / LBP-2200 / LBP-2260 / LBP-2260N / LBP-2300 / LBP-2360 / LBP-2410 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP-310 / LBP-320 / LBP-320Pro / LBP-350 / LBP3000 / LBP3000B / LBP3100 / LBP3200 / LBP3210 / LBP3300 / LBP3310 / LBP3410 / LBP3500 / LBP3600 / LBP3700 / LBP3800 / LBP3900 / LBP3910 / LBP3920 / LBP3930 / LBP3970 / LBP3980 / LBP-430 / LBP-450 / LBP-470 / LBP5000 / LBP5100 / LBP5200 / LBP5300 / LBP5400 / LBP5500 / LBP5600 / LBP5600SE / LBP5610 / LBP5700 / LBP5800 / LBP5900 / LBP5900SE / LBP5910 / LBP5910F / LBP-720 / LBP-730 / LBP-740 / LBP-740e / LBP-750 / LBP-830 / LBP-840 / LBP-850 / LBP-870 / LBP-880 / LBP-910 / LBP-930 / LBP-930EX / LBP-950

 

[TOP▲]
このページのトップへ