プリンタの液晶パネルに「5F-51コール」が表示される



プリンタの液晶パネルに「5F-51コール」が表示される
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000027508



5F-51コールのエラーメッセージについては、以下の2つの原因が考えられます。


INDEX

  1. プリンタ本体のハード的故障
  2. プリンタの内部の結露発生

■プリンタ本体のハード的故障

プリンタ本体のハード的故障のおそれがあります。

●対処方法

  1. プリンタの電源をOFF(オフ)にして、再度電源をON(オン)にしてください。

  2. トナーカートリッジの装着が不完全な場合も考えられますので、一度トナーカートリッジを装着し直してみて下さい。
    トナーカートリッジの装着が不完全ですと、レーザシャッター(安全機構)が完全に開かない場合があります。
    トナーカートリッジの装着方法につきましては、関連情報トナーカートリッジの交換方法」をご参照ください。

 

戻る


■プリンタの内部の結露発生

プリンタの内部に結露が発生したおそれがあります。

結露とは、本プリンタの設置してある部屋を急激に暖めた場合や、本プリンタを温度や湿度の低いところから高いところへ移動した場合に、プリンタ内部に水滴が生じることです。

●対処方法

本プリンタを周囲の温度や湿度に 慣らす為に、プリンタを設置してある環境に1時間以上放置してからプリントして下さい。

通常使用時は、特に冬季機械の設置場所が夜間冷え切った環境の場合、朝一機械の電源投入直後、機械に部に結露が生じることがあります。
このような場合は、電源投入後30分以上機械を暖めてご使用いただくことで回避できます。

結露が発生したままの状態でプリントすると、用紙の搬送に不具合が起こり、紙詰まりの原因となったり、印字不良が発生することがあります。

 

戻る



上記の対処を行っても回避されなかった場合には、修理をご依頼ください。

修理依頼の詳細につきましては、関連情報修理を依頼するには」をご参照ください。

CSP/CCGなどの保守契約を提携されている場合は、保守契約先へご連絡ください。
保守契約を結ばれていない場合は、下記のサイトより修理申し込み、またお客様相談センター窓口からも修理の受け付けを行っておりますので、ご利用ください。

 ■修理のお問い合せ
   http://cweb.canon.jp/e-support/repair/

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1310 / LBP-1420 / LBP-1510 / LBP-1610 / LBP-1620 / LBP-1710 / LBP-1810 / LBP-1820 / LBP-1910 / LBP-2030 / LBP-2030PS / LBP-2035PS / LBP-2040 / LBP-2050 / LBP-2160 / LBP-2200 / LBP-2260 / LBP-2260N / LBP-2260PS / LBP-2260PSII / LBP-2300 / LBP-2360 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP-430 / LBP-450 / LBP-470 / LBP5500 / LBP5700 / LBP5800 / LBP-720 / LBP-730 / LBP-730PS / LBP-740 / LBP-740e / LBP-750 / LBP-830 / LBP-840 / LBP-850 / LBP-870 / LBP-880 / LBP-910 / LBP-930 / LBP-930EX / LBP-950

 

[TOP▲]
このページのトップへ