WindowsXP ServicePack2 / ServicePack3 対応状況(レーザビームプリンタ)



WindowsXP ServicePack2 / ServicePack3 対応状況(レーザビームプリンタ)
更新日 : 2016年6月3日
文書番号 : Q000027568



詳細情報:
  1. WindowsXP ServicePack3 対応状況(レーザビームプリンタ)
  2. WindowsXP ServicePack2 対応状況(レーザビームプリンタ)

【詳細1】WindowsXP ServicePack3 対応状況(レーザビームプリンタ)

Windows XP Service Pack 3 セキュリティ強化機能搭載 対応状況(レーザビームプリンタ)

2015年5月14日現在

Canon レーザビームプリンタのMicrosoft社製Windows XP Service Pack 3 セキュリティ強化機能搭載(以下SP3)への対応状況につきましてご案内いたします。

Windows XP SP3への最新対応状況は、以下のとおりです。

LIPS V/IVシリーズ:LIPSLXはVer.2.30以降のドライバにて対応 、LIPS4はVer.12.25以降のドライバにて動作可能
CAPTシリーズ   :現在Web公開中の最新プリンタドライバにて動作可能
            (LBP-1110シリーズ、LBP-1120、LBP-1210、LBP3200についてはドライバのインストール後、
            各ダウンロードページにご用意している修正モジュール使用してドライバの更新を行ってください。 )

なお、制限事項については、Windows XP SP2に準拠します。詳しくは、下記をご覧ください。
※WindowsXP対応状況につきましては関連情報をご覧下さい。


【詳細2】WindowsXP ServicePack2 対応状況(レーザビームプリンタ)

Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載 対応状況(レーザビームプリンタ)

Canon レーザビームプリンタのMicrosoft社製Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載(以下SP2)への対応状況につきましてご案内いたします。

※WindowsXP対応状況につきましては関連情報をご覧下さい。


■ドライバ・ユーティリティ対応状況

※ 以下に記載のない製品につきましては、対応予定はございません。

最新ドライバーはキヤノンホームページダウンロードサイトからダウンロード可能です。

ドライバ/ユーティリティ 対応状況
対応バージョン 詳細
LIPSLX対応
プリンタ
LBP9950Ci/9900Ci
Ver21.40にて対応  
LBP9660Ci/9520C
Ver21.05にて対応
LBP9650Ci/9510C
Ver20.70にて対応
LBP8900
Ver21.30にて対応
LBP8730i/8720/8710/8710e
Ver21.05にて対応
LBP6710i
Ver20.70にて対応
LBP6700
Ver20.40にて対応
LBP6600
Ver20.70にて対応
LBP9600C/9500C
Ver2.50にて対応 詳細は下記
【LIPSプリンタドライバ】
の表をご参照ください
LBP7700C
Ver2.60にて対応
LBP7600C
Ver2.80にて対応
LBP5910F/5910
Ver2.15にて対応
LBP5900SE/5900
Ver1.30にて対応
LBP5400
Ver1.75にて対応
LBP3980
Ver2.25にて対応
LBP3970/3920
Ver1.85にて対応
LBP3950/3900
Ver1.57にて対応
LBP3930/3910
Ver2.20にて対応
LBP3800/3700
Ver1.21にて対応
LBP3410 Ver.1.62にて対応
LIPS4対応
プリンタ
LBP9660Ci
Ver21.05にて対応  
LBP9650Ci
Ver20.70にて対応
LBP8900
Ver21.30にて対応
LBP8730i/8720/8710/8710e
Ver21.05にて対応
LBP6710i
Ver20.70にて対応
LBP6700
Ver20.40にて対応
LBP9600C
Ver12.50にて対応 詳細は下記
【LIPSプリンタドライバ】
の表をご参照ください
LBP7700C
Ver12.60にて対応
LBP5910F/5910
Ver12.10にて対応
LBP5900SE/5900/1810
Ver10.70にて対応
LBP5400
Ver11.17にて対応
LBP3980
Ver12.25にて対応
LBP3970/3920
Ver11.26にて対応

LBP3950/3900

Ver10.90にて対応
LBP3930/3910
Ver12.20にて対応
LBP3410 Ver.11.02にて対応
LBP5800/5700/5500
LBP3800/3700
LBP-2810/2710
LBP-2510/2050
LBP-1910/1820/1620
LBP-1420/1310
Ver10.60にて対応
LBP-2360/2300
LBP-2260N/2260
LBP-2200/2160
LBP-2040/2030
LBP-1810/1710
LBP-1610/1510
LBP-950/910
LBP-930EX/930
LBP-880/870/850
LBP-840/830
LBP-750/740e/740
LBP-730/720
LBP-470/450/430
Ver5.05にて対応

LIPS3対応
プリンタ

LBP-350
LBP-320Pro/320
LBP-310
Microsoft社が標準で添付している
プリンタドライバにてお試しください。
LBP-A309GII
LBP-A304GII/A304EII/A304E
LBP-B406GII/B406G
LBP-B406EII/B406E
LBP-B406S/B406D
LBP-A405Jr.
LBP-A404F/A404GII
LBP-A404E/A404

CAPT対応
プリンタ

LBP9200C R1.00にて対応 詳細は下記
【CAPTプリンタドライバ】
の表をご参照ください
LBP9100C R1.00にて対応
LBP7200CN/7200C R1.00にて対応
LBP7010C R1.00にて対応
LBP6340/6330 R1.00にて対応
LBP6300 R1.00にて対応
LBP6200 R1.00にて対応
LBP5610 R1.00にて対応
LBP5600SE/5600 R1.00にて対応
LBP5300 R1.00にて対応
LBP5200 R1.00にて対応
LBP5100 R1.00にて対応
LBP5050N/5050 R1.00にて対応
LBP5000 R1.00にて対応
LBP3600 R1.02にて対応
LBP3500 R1.00にて対応
LBP3310 R1.00にて対応
LBP3300 R1.01にて対応
LBP3210
R1.00にて対応
LBP3200 R1.02にて対応
LBP3100 R1.00にて対応

LBP3000B

R1.01にて対応
LBP3000
R1.01にて対応
LBP-2410
R1.06にて対応
LBP-1210 R1.04にて対応
LBP-1120 R1.03にて対応
LBP-1110/1110SE R1.08にて対応
LBP-250
非対応
CARPS2対応プリンタ
LBP8100
Ver21.15にて対応
LBP7110C/7100C
Ver20.62にて対応
LBP6240/6230 Ver21.15にて対応
LBP6040/6030 Ver21.10にて対応
WPSプリンタ
LBP-220/220Pro/210
非対応

ユーティリティ
/ソフトウェア

NetSpot Device Installer
Ver3.02にて
動作確認済み
詳細は下記
【ユーティリティ/ソフトウェア】
の表をご参照ください
NetSpot Job Monitor
Ver5.11にて
動作確認済み
NetSpot Console
Ver4.10にて
動作確認済み
LPR Port Utility
Ver2.20にて対応
NDPS Gateway
Ver1.21にて対応
Device Status Extension
Ver1.20にて
動作確認済み

【TOPへ】


■Windowsファイアウォールに由来する不具合と回避方法

レーザビームプリンタのWindows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載による影響と対応状況を以下に記載します。

● LIPSプリンタドライバ ● CAPTプリンタドライバ ● ユーティリティ/ソフトウェア

【LIPSプリンタドライバ】


ドライバ/機能 発生する可能性のある不具合 回避方法

LIPS4ドライバVer10.xx
LIPSLXドライバ
Ver1.xx

DIASサービスの使用

サーバクライアント環境で印刷ができません。

※Peer to Peer環境や、サーバクライアント環境でWindowsファイアウォールを無効に設定している場合は問題ありません。

最新ドライバをダウンロードしてご利用ください。
(LBP5900/3950/3900/3410は同梱ドライバでご利用が可能です。)

ダウンロードしたドライバのインストール途中で警告メッセージが表示されますので、[はい]を選択し、インストールを続行してください。

SP2未対応ドライバをそのままご利用いただく場合:
1.サーバ側でWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。

2.サーバ側でWindowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、[CnxDIAS.exe]を追加します。

[CnxDIAS.exe]の参照先パス:
C\Program Files\Canon\DIAS\CnxDIAS.exe
※上記参照パスはCドライブにOSがインストールされている場合になります。
※設定方法の詳細につきましては、つきましてはこちら をご覧ください。
構成情報が取得できません。

最新ドライバをダウンロードしてご利用ください。
(LBP5900/3950/3900/3410は同梱ドライバでご利用が可能です。)

ダウンロードしたドライバのインストール途中で警告メッセージが表示されますので、[はい]を選択し、インストールを続行してください。

SP2未対応ドライバをそのままご利用いただく場合:
1.サーバ側でWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。

2.サーバ側でWindowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、[CnxDIAS.exe]を追加します。

[CnxDIAS.exe]の参照先パス:
C\Program Files\Canon\DIAS\CnxDIAS.exe
※上記参照パスはCドライブにOSがインストールされている場合になります。
※設定方法の詳細につきましては、つきましてはこちら をご覧ください。
クライアントからの構成情報が取得できません。

最新ドライバをダウンロードしてご利用ください。
(LBP5900/3950/3900/3410は同梱ドライバでご利用が可能です。)

インストールの途中で警告メッセージが表示されますので、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
サーバ/クライアント共に、SP2対応ドライバをインストールしていただく必要があります。OSがWindowsXP以外の場合も、バージョンアップをしてください。

SP2未対応ドライバをそのままご利用いただく場合:
サーバ側でクライアントユーザを追加し、Administrator権限を与えてください。
クライアント側でWindowsファイアウォール→例外→プログラムの追加を開き、「Windows Explorer」を追加し、チェックを入れてください。

※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
LIPS4ドライバVer5.xx

NetSpot Suite Serviceの使用
サーバクライアント環境で印刷ができません。

※Peer to Peer環境や、サーバクライアント環境でWindowsファイアウォールを無効に設定している場合は問題ありません。
最新ドライバをダウンロードしてご利用ください。
インストールの途中で警告メッセージが表示されますので、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
SP2未対応ドライバをそのままご利用いただく場合:
1.サーバ側でWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。

2.サーバ側でWindowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、[AuVdc.exe]を追加します。

[AuVDC.exe]の参照先パス:
C:\Program Files\Canon\Vdc\AuVDC.exe
※上記参照パスはCドライブにOSがインストールされている場合になります。
※設定方法の詳細につきましては、つきましてはこちら をご覧ください。
構成情報が取得できません。 Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、[AuVdc.exe]を追加します。

[AuVDC.exe]の参照先パス:
C:\Program Files\Canon\Vdc\AuVDC.exe
※上記参照パスはCドライブにOSがインストールされている場合になります。
※設定方法の詳細につきましては、つきましてはこちら をご覧ください。
クライアントからの構成情報が取得できません。 サーバ側でクライアントユーザを追加し、Administrator権限を与えてください。
クライアント側でWindowsファイアウォール→例外→プログラムの追加を開き、「Windows Explorer」を追加し、チェックを入れてください。

※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
LIPS4ドライバ/LIPSLXドライバ

NetWare環境での使用
Novell Client32インストール後、クライアントPCを再起動した時、「セキュリティの重要な警告」ダイアログが表示されます。 ダイアログ表示時、「ブロックを解除する」を選択してください。「ブロックを解除する」を選択しないと、NDPSのイベント通知を受け取れず印刷ができません。

※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:875399 「[Windows セキュリティの 重要な警告] 画面について」をご確認ください。

【TOPへ】



【CAPTプリンタドライバ】

● CAPT機全般 ● LBP5600/5000/3500/3300 ● LBP5200
● LBP3600/NB-C1

● LBP3210/3000/3000B

 
● LBP3200/LBP-1210/1120/1110/1110SE
● LBP-2410
機種 発生する可能性のある不具合 回避方法

CAPT機
全般

サーバクライアント環境時、印刷ができません。

※Peer to Peer環境、サーバクライアントモデルでもWindowsファイアウォールをOFFに設定している場合は問題ありません。
サーバ側でWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
機種 発生する可能性のある不具合 回避方法

LBP5600
LBP5000
LBP3500
LBP3300
NB-C1

共有プリンタでの、クライアントPC上におけるステータスの表示が正常に行えない。 プリンタドライバをサーバ/クライアントの両方にインストールしてください。(クライアントPCがWin98/Meの場合もバージョンアップしてください)
インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
サーバ側でWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
共有プリンタでの印刷に時間がかかってしまう(出力できない)。 プリンタドライバをサーバPCにドライバをインストールしてください。
インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
クライアントPCでWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
共有プリンタでの構成情報の取得がうまくいかない。

例)オプションカセットを増設していても、未装着になり、出力段がおかしくなる。
プリンタドライバをサーバ/クライアントの両方にインストールしてください。
インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
共有プリンタでのオプションメニューでの各種操作がうまくいかない。
NB-C1使用時、NetSpot Device InstallerにてIPアドレス未設定のデバイスにIPアドレスが設定できない

Administrator権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、NetSpot Device Installer(nsdi.exe)を追加します。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\NetSpot Device Installer\nsdi.exe

※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合はNetSpot Device Installerがインストールされているフォルダを指定して[nsdi.exe]を追加ください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。

NB-C1使用時、IPアドレス設定後にデバイス探索してもみつからないため、ポートの作成ができない。

インストーラを使用してプリンタドライバのインストールを実行してください。
インストール途中で警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択してください。

プリンタドライバのインストーラを使用して、ネットワークインストールを実行しても、ネットワークの自動探索でIPアドレス未設定のNB-C1が検出されず、ポートが作成されない。 NB-C1にIPアドレスを設定後、インストーラを使用してプリンタドライバのインストールを実行してください。
インストール途中で警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択してください。
機種 発生する可能性のある不具合 回避方法

LBP5200

共有プリンタでの、クライアントPC上におけるステータスの表示が正常に行えない。 インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
サーバ側でWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
共有プリンタでの印刷に時間がかかってしまう(出力できない)。 最新ドライバをダウンロードしてご利用ください。
インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
バージョンアップは、現在インストールされているドライバをアンインストールしてから行ってください。
SP2対応プリンタドライバは こちら からダウンロードしてください。
クライアントPCでWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
共有プリンタでの構成情報の取得がうまくいかない。 ドライバをサーバ/クライアントの両方にインストールしてください。
インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
共有プリンタでのオプションメニューでの各種操作がうまくいかない。
内蔵ネットワークボード使用時、NetSpot Device InstallerにてIPアドレス未設定のデバイスにIPアドレスが設定できない Administrator権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、NetSpot Device Installer(nsdi.exe)を追加します。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\NetSpot Device Installer\nsdi.exe

※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合はNetSpot Device Installerがインストールされているフォルダを指定して[nsdi.exe]を追加ください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
内蔵ネットワークボード使用時、IPアドレス設定後にデバイス探索してもみつからないため、ポートの作成ができない。 ドライバのインストーラを使用し、インストールを実行してください。
インストール途中で警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択してください。
インストーラを使用して、ネットワークインストールを実行しても、ネットワークの自動探索でIPアドレス未設定のLBP5200が検出されず、ポートが作成されない。 LBP5200の内蔵ネットワークボードにIPアドレスを設定後、ドライバのインストーラでインストールを実行してください。
インストール途中で警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択してください。
機種 発生する可能性のある不具合 回避方法

LBP3600
NB-C1

共有プリンタでの、クライアントPC上におけるステータスの表示が正常に行えない。 最新ドライバをダウンロードして、サーバ/クライアントの両方にインストールしてください。(クライアントPCがWin98/Meの場合もバージョンアップしてください)
インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
バージョンアップは、現在インストールされているドライバをアンインストールしてから行ってください。
SP2対応プリンタドライバは こちら からダウンロードしてください。

サーバ側でWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
共有プリンタでの印刷に時間がかかってしまう(出力できない)。 最新ドライバをダウンロードして、サーバPCにドライバをインストールしてください。
インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
バージョンアップは、現在インストールされているドライバをアンインストールしてから行ってください。
SP2対応プリンタドライバは こちら からダウンロードしてください。
クライアントPCでWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
共有プリンタでの構成情報の取得がうまくいかない。

例)オプションカセットを増設していても、未装着になり、出力段がおかしくなる。
最新ドライバをダウンロードして、サーバ/クライアントの両方にインストールしてください。
インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
バージョンアップは、現在インストールされているドライバをアンインストールしてから行ってください。
SP2対応プリンタドライバは こちら からダウンロードしてください。
共有プリンタでのオプションメニューでの各種操作がうまくいかない。
NB-C1使用時、NetSpot Device InstallerにてIPアドレス未設定のデバイスにIPアドレスが設定できない

Administrator権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、NetSpot Device Installer(nsdi.exe)を追加します。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\NetSpot Device Installer\nsdi.exe

※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合はNetSpot Device Installerがインストールされているフォルダを指定して[nsdi.exe]を追加ください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。

NB-C1使用時、IPアドレス設定後にデバイス探索してもみつからないため、ポートの作成ができない。

最新ドライバをダウンロードし、インストーラを使用してインストールを実行してください。
インストール途中で警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択してください。

インストーラを使用して、ネットワークインストールを実行しても、ネットワークの自動探索でIPアドレス未設定のNB-C1が検出されず、ポートが作成されない。 NB-C1にIPアドレスを設定後、最新ドライバをダウンロードしてご利用ください。のインストーラでインストールを実行してください。
インストール途中で警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択してください。
IPアドレスの設定方法などの詳細につきましては、下記の簡単操作ガイドをご覧下さい。
機種 発生する可能性のある不具合 回避方法

LBP3210
LBP3000
LBP3000B

AXIS1610/1611使用時に印刷ができない。
※WindowsファイアウォールをOFFに設定している場合は問題ありません。
Windowsファイアウォール→例外→ポートの追加で、「AXIS CAPT Port」を追加してください。

※設定方法につきましては こちら をご覧下さい。
詳細は、アクシスコミュニケーションズ(株)へお問合せください。
http://www.axiscom.co.jp/
共有プリンタでの、クライアントPC上におけるステータスの表示が正常に行えない。 インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
サーバ側でWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
共有プリンタでの印刷に時間がかかってしまう(出力できない)。 サーバにインストーラを使用してドライバをインストールしてください。警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
クライアントPCでWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
共有プリンタでの構成情報の取得がうまくいかない。 インストーラを使用してドライバをインストールしてください。警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
共有プリンタでのオプションメニューでの各種操作がうまくいかない。
共有プリンタでのキャリブレーション値に取得がうまくいかない。
機種 発生する可能性のある不具合 回避方法

LBP3200
LBP-1210
LBP-1120
LBP-1110
LBP-1110SE

AXIS1610/1611使用時に印刷ができない。
※WindowsファイアウォールをOFFに設定している場合は問題ありません。
Windowsファイアウォール→例外→ポートの追加で、「AXIS CAPT Port」を追加してください。

※設定方法につきましては こちら をご覧下さい。
詳細は、アクシスコミュニケーションズ(株)へお問合せください。
http://www.axiscom.co.jp/
共有プリンタでの、クライアントPC上におけるステータスの表示が正常に行えない。 最新ドライバをダウンロードしてご利用ください。
インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
サーバ側でWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
共有プリンタでの印刷に時間がかかってしまう(出力できない)。 最新ドライバをダウンロードして、サーバPCにインストーラを使用してドライバをインストールしてください。警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
クライアントPCでWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
共有プリンタでの構成情報の取得がうまくいかない。 最新ドライバをダウンロードし、インストーラを使用してドライバをインストールしてください。
警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
共有プリンタでのオプションメニューでの各種操作がうまくいかない。
共有プリンタでのキャリブレーション値に取得がうまくいかない。
機種 発生する可能性のある不具合 回避方法

LBP-2410

AXIS1610/1611使用時に印刷ができない。
※WindowsファイアウォールをOFFに設定している場合は問題ありません。
Windowsファイアウォール→例外→ポートの追加で、「AXIS CAPT Port」を追加してください。

※設定方法につきましては こちら をご覧下さい。
詳細は、アクシスコミュニケーションズ(株)へお問合せください。
http://www.axiscom.co.jp/
共有プリンタでの、クライアントPC上におけるステータスの表示が正常に行えない。 最新ドライバをダウンロードして、サーバ/クライアントの両方にインストールしてください。(クライアントPCがWin98/Meの場合もバージョンアップしてください)
インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、インストールを続行してください。
バージョンアップは、現在インストールされているドライバをアンインストールしてから行ってください。
SP2対応プリンタドライバは こちら からダウンロードしてください。
サーバ側でWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
共有プリンタでの印刷に時間がかかってしまう(出力できない)。 最新ドライバをダウンロードしてインストールしてください。
インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、印刷を続行してください。
バージョンアップは、現在インストールされているドライバをアンインストールしてから行ってください。
SP2対応プリンタドライバは こちら からダウンロードしてください。
クライアントPCでWindowsファイアウォール→例外を開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れてください。
設定方法につきましては、こちら をご覧ください。
共有プリンタでの構成情報の取得がうまくいかない。

例)オプションカセットを増設していても、未装着になり、出力段がおかしくなる。
最新ドライバをダウンロードして、サーバ/クライアントの両方にインストールしてください。
インストールの際、警告メッセージが表示された場合は、[はい]を選択し、印刷を続行してください。
バージョンアップは、現在インストールされているドライバをアンインストールしてから行ってください。
SP2対応プリンタドライバは こちら からダウンロードしてください。
共有プリンタでのオプションメニューでの各種操作がうまくいかない。
共有プリンタでのキャリブレーション値に取得がうまくいかない。

【TOPへ】


【ユーティリティ/ソフトウェア】

ドライバ/機能 発生する可能性のある不具合 回避方法

NetSpot Device Installer

IPアドレス未設定のデバイス探索ができなくなる。
他のサブネット指定のブロードキャストが探索できなくなる。
Administrator権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、NetSpot Device Installer(nsdi.exe)を追加します。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\NetSpot Device Installer\nsdi.exe

※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合はNetSpot Device Installerがインストールされているフォルダを指定して[nsdi.exe]を追加ください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
NetSpot Job Monitor
デバイスの情報取得が正しく行われない。

1.Administrators権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加を開き、NetSpot Suite JobNotify Service(Aussdrvs.exe)を追加してください。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\Canon\JobComm\Aussdrvs.exe

※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合は、NetSpot Job Monitorがインストールされているフォルダを指定して[Aussdrvs.exe]を追加してください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。

2.Administrators権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、以下のプログラムを追加してください。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\Canon\Job Monitor\stlist.exe

※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合は、NetSpot Job Monitorがインストールされているフォルダを指定して[stlist.exe]を追加してください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。
3.Administrators権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、以下のプログラムを追加してください。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\Canon\Vdc\AuVDC.exe
※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合は、NetSpot Job Monitorがインストールされているフォルダを指定して[AuVDC.exe]を追加してください。
※設定方法の詳細につきましては、つきましてはこちら をご覧ください。
NetSpot Console
他のサブネット指定のブロードキャスト探索ができなくなる。 Administrators権限を持つユーザが、Windowsファイアウォール→例外→プログラムの追加 を開き、以下のプログラムを追加してください。

例外に追加するファイル:
C:\Program Files\canon\nsc\wnappsrv.exe
C:\Program Files\canon\nsc\wnwebsrv.exe


※上記参照パスはデフォルト値になります。インストールフォルダが異なる場合は、NetSpot Consoleがインストールされているフォルダを指定して[wnappsrv.exe][wnwebsrv.exe]を追加してください。
※設定方法につきましては、マイクロソフト社 サポート技術情報 文書番号:884347 「Windows ファイアウォールの例外リストに手動でプログラムを追加および削除する方法」をご確認ください。

【TOPへ】

 


関連情報:

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1110 / LBP-1110 SE / LBP-1110 Premium / LBP-1120 / LBP-1210 / LBP-1310 / LBP-1420 / LBP-1510 / LBP-1610 / LBP-1620 / LBP-1710 / LBP-1810 / LBP-1820 / LBP-1910 / LBP-210 / LBP-220 / LBP-220Pro / LBP-250 / LBP-2030 / LBP-2030PS / LBP-2035PS / LBP-2040 / LBP-2050 / LBP-2160 / LBP-2200 / LBP-2260 / LBP-2260N / LBP-2260PS / LBP-2260PSII / LBP-2300 / LBP-2360 / LBP-2410 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP251 / LBP252 / LBP-310 / LBP-320 / LBP-320Pro / LBP-350 / LBP3000 / LBP3000B / LBP3100 / LBP3200 / LBP3210 / LBP3300 / LBP3310 / LBP3410 / LBP3500 / LBP351i / LBP352i / LBP3600 / LBP3700 / LBP3800 / LBP3900 / LBP3910 / LBP3920 / LBP3930 / LBP3950 / LBP3970 / LBP3980 / LBP-430 / LBP-450 / LBP-470 / LBP5000 / LBP5050 / LBP5050N / LBP5100 / LBP5200 / LBP5300 / LBP5400 / LBP5500 / LBP5600 / LBP5600SE / LBP5610 / LBP5700 / LBP5800 / LBP5900 / LBP5900SE / LBP5910 / LBP5910F / LBP6030 / LBP6040 / LBP6200 / LBP6230 / LBP6240 / LBP6300 / LBP6330 / LBP6340 / LBP6600 / LBP6700 / LBP6710i / LBP-720 / LBP-730 / LBP-730PS / LBP-740 / LBP-740e / LBP-750 / LBP7010C / LBP7100C / LBP7110C / LBP712Ci / LBP7200C / LBP7200CN / LBP7600C / LBP7700C / LBP-830 / LBP-840 / LBP-850 / LBP-870 / LBP-880 / LBP8100 / LBP841C / LBP842C / LBP843Ci / LBP8610 / LBP8620 / LBP8630 / LBP8710 / LBP8710e / LBP8720 / LBP8730i / LBP8900 / LBP-910 / LBP-930 / LBP-930EX / LBP-950 / LBP9100C / LBP9200C / LBP9500C / LBP9510C / LBP9520C / LBP9600C / LBP9650Ci / LBP9660Ci / LBP9900Ci / LBP9950Ci / LBP-A304E / LBP-A304EII / LBP-A304GII / LBP-A309GII / LBP-A404 / LBP-A404E / LBP-A404F / LBP-A404GII / LBP-A404PS / LBP-A404PS-Lite / LBP-A405Jr. / LBP-A408 / LBP-B406 / LBP-B406D / LBP-B406E / LBP-B406EII / LBP-B406G / LBP-B406GII / LBP-B406PS / LBP-B406PS-Lite / LBP-B406S

 

[TOP▲]
このページのトップへ