「16 X トナー チェック」「16 X トナー コウカン」「1G X トナー コウカン」の違いについて



「16 X トナー チェック」「16 X トナー コウカン」「1G X トナー コウカン」の違いについて
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000027621



詳細情報:
  1. 「16 X トナー チェック」「16 X トナー コウカン」「1G X トナー コウカン」の違い

【詳細1】「16 X トナー チェック」「16 X トナー コウカン」「1G X トナー コウカン」の違い

■概要

「16 X トナー チェック」「16 X トナー コウカン」「1G X トナー コウカン」の違いについて説明しています。

メッセージ内の「X」には、該当のトナーカートリッジの色が表示されます。
カートリッジの色表示につきましては、関連情報をご参照ください。
 

■回答

メッセージ
メッセージ
ステータス
表示される時期 内容および対処
16 X トナー チェック*1
警告メッセージ*2
トナーカートリッジの交換時期が近づいたとき
プリンタは継続できます。
表示された色の新品のカートリッジを用意してください。
大量のプリントをするときは、カートリッジを交換することをおすすめします。
16 X トナー コウカン*1 エラースキップ可*3 トナーカートリッジの交換時期が近づいたとき
プリンタは停止します。
[オンライン]を押すとプリントは継続できます。
表示された色の新品のカートリッジを用意してください。
大量のプリントをするときは、カートリッジを交換することをおすすめします。
カートリッジをセットしても、メッセージが消えるまで数秒時間がかかります。
1G X トナー コウカン
LBP-2030/2160を除く
-
トナーカートリッジが寿命になったとき
プリンタは停止し、継続してプリントすることはできません。
表示された色のカートリッジを新品のカートリッジに交換してください。
カートリッジをセットしても、メッセージが消えるまで数秒時間がかかります。
*1 トナーが少なくなったときに「16 X トナー チェック」と「16 X トナー コウカン」のどちらが表示されるかは、セットアップメニューの「警告処理の設定によります。プリンタの工場出荷時の状態では、「16 X トナー チェック」が表示されるように設定されています。
*2 下記機種の場合、<警告メッセージ>の付いているメッセージは共通セットアップメニューの「警告表示」を「シナイ」に設定すると警告状態が発生している場合でも、メッセージは表示されません。
・LBP-2810/2710/2510
・LBP5800/5700/5500
*3 下記機種の場合、<エラースキップ可>の付いているメッセージは、[オンライン]を押すとエラーを回避(エラースキップ)してプリントを継続できますが、プリントデータが欠落したり、正しくプリントされなかったりします。処理を中止したい時は、ソフトリセットの操作を行い、原因を取り除いてから、[オンライン]を押して再度プリントし直してください。
・LBP-2040/2300/2360
・LBP-2810/2710/2510
・LBP5800/5700/5500
また、共通セットアップメニューの「自動エラースキップ」を「ツカウ」に設定すると自動的にエラースキップさせることもできます。

【重要】
印字がかすれたり、印字むらが出るときは、「16 X トナー チェック」や「16 X トナー コウカン」メッセージが表示されなくても、カートリッジの寿命がきていることが原因です。印字品質が低下したら、そのまま使い続けずに新品のカートリッジと交換してください。

 

戻る
関連情報: 戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-2030 / LBP-2040 / LBP-2050 / LBP-2160 / LBP-2200 / LBP-2260 / LBP-2260N / LBP-2300 / LBP-2360 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP5500 / LBP5700 / LBP5800

 

[TOP▲]
このページのトップへ