印刷データの消去/一時停止/再開方法(LBP3600/3210/3000/3000B)



印刷データの消去/一時停止/再開方法(LBP3600/3210/3000/3000B)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000027637



ここでは、印刷データの消去/一時停止/再開方法について説明します。


INDEX

  1. 印刷データの消去/一時停止/再開方法(LBP3600/3210/3000/3000B)<Windows>
  2. 印刷データの消去/一時停止/再開方法(LBP3000/3000B)<Macintosh>

■印刷データの消去/一時停止/再開方法<Windows>

プリンタでは、プリンタステータスウィンドウを使って印刷を中止、一時停止、再開することができます。

ここでは、WindowsXPの画面を例に説明します。

印刷ジョブの削除/一時停止/再開方法

1 印刷を開始します。
プリンタステータスウィンドウが表示されます。
 
プリンタステータスウィンドウの[環境設定]メニューの[プリンタステータスウィンドウの表示]の設定によっては、印刷時にプリンタステータスウィンドウが表示されない場合があります。
その際には、関連情報プリンタステータスウィンドウの表示方法(LBP3600/3210/3000/3000B)」をご参照の上、プリンタステータスウィンドウを表示させてください。
2 印刷の中止や一時停止をする場合は、[印刷中ジョブ]タブもしくは[マイジョブの操作]タブの[一時停止]ボタンをクリックします。
[印刷中ジョブ]タブの[一時停止]ボタンをクリックすると、右記のメッセージが表示され、[マイジョブの操作]タブに移動します。

3

[ジョブ操作]ボタンで行いたい操作のボタンをクリックします。

ボタン操作
印刷を一時停止する 一時停止]をクリックします。
印刷を再開する
再開]をクリックします。
印刷を中止する

印刷中止]をクリックします。
※ジョブが削除されます。

 

戻る


■印刷データの消去/一時停止/再開方法(LBP3000/3000B)<Macintosh>

Mac OS Xの「プリンタ設定ユーティリティ」を使って、印刷を中止、一時停止、再開することができます。
これらの操作はプリンタキューウィンドウで行います。

印刷ジョブの削除/一時停止/再開方法
1 お使いのハードディスクから、[プリンタ設定ユーティリティ]を開きます。  
2 プリンタリスト]から、お使いのプリンタをダブルクリックします。
3 プリンタキューウィンドウが表示され、印刷する文書名のリストが表示されます。
文書名の左には印刷ジョブの状況が表示されます。

ジョブを選択して、行いたい操作のボタンをクリックします。

ボタン操作
印刷を中止する

削除]をクリックします。
※ジョブが削除されます。

印刷を一時停止する 保留]をクリックします。
印刷を再開する
再開]をクリックします。
以上で消去/一時停止/再開は完了です。

 

 

戻る


■関連情報

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP3000 / LBP3000B / LBP3210 / LBP3600

 

[TOP▲]
このページのトップへ