プリンタドライバの共有設定方法(LIPS機)



プリンタドライバの共有設定方法(LIPS機)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000027669



■概要

ここでは、以下のネットワーク環境で使用する場合のプリントサーバ機とクライアント機の共有設定方法について説明します。

1   :プリントサーバ
2、3 :クライアント

ネットワーク環境において、プリントサーバを利用することにより、効率よく印刷管理を行うことができます。
プリントサーバ機、クライアント機それぞれで以下の順で設定を行ってください。

  1. プリントサーバ機で共有設定を行う
    インストーラを使って、ドライバをインストールします。インストールの途中で、共有設定および代替ドライバのインストールを行います。
    プリントサーバ機での共有設定方法(Windows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合)
    プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 98/Meの場合)

  2. クライアント機で共有設定を行う
    プリントサーバ機にインストールされているドライバにアクセスして、ネットワーク経由でインストールを行います(Windows NT 4.0/2000/XP/Server2003)。
    クライアント機でのプリンタドライバインストール方法(プリントサーバ機がWindows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合)
    クライアント機でのプリンタドライバインストール方法(プリントサーバ機がWindows 98/Meの場合)

ネットワーク上に接続する各コンピュータのOSが同じである必要はありません。
ただし、OSや組み合わせによってインストール方法や制限事項に違いがありますのでご注意ください。

  • Windowsに付属しているプリンタドライバ(Microsoft社製)とキヤノン製のプリンタドライバの組み合わせでは、ネットワーク印刷ができません。プリントサーバ機、クライアント機ともに各OSに合ったキヤノン製のプリンタドライバをご使用ください。
  • プリントサーバ機と各クライアント機には、本機に同梱されているプリンタドライバを、それぞれのOSに合わせてインストールしてください。
                           
  • クライアントがWindows95の場合(プリントサーバWindows95/Windows98/WindowsMe、クライアントがWindows95/Windows98/WindowsMe)クライアントの設定を参照下さい。

■ネットワークに関する制限

  • Windows NT4.0サーバ、Windows 2000/XPクライアントの環境でプリンタドライバをインストールする場合は、クライアントであるWindows 2000/XPにはWindows 2000/XP/Server2003対応のLIPS4ドライバをインストールしてご使用ください。

 

 



詳細情報:
  1. プリントサーバ機での共有設定方法(Windows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合)
  2. プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 98/Meの場合)

【詳細1】プリントサーバ機での共有設定方法(Windows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合)

■プリントサーバ機での共有設定方法(Windows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合)

ここでは、プリントサーバ機がWindows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合の共有設定方法について説明します。
プリントサーバ機がWindows 98/Meの場合には、プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 98/Meの場合)をご参照ください。

インストーラを使って、ドライバをインストールします。
インストールの途中で、共有設定および代替ドライバのインストールを行います。

  • 代替ドライバとは、共有設定したプリントサーバ上に他のOS用のドライバもコピーしておき、クライアントが接続した時にドライバをネットワーク経由でインストールするWindows NT4.0/200/XP/ Server2003の機能です。
  • Windows 2000/XP/Server2003 サーバ、Windows NT4.0クライアントの環境で共有設定を行う場合は、[マイコンピュータ]-[CANON_LIPS]を右クリックで開き、[LIPSV]-[LIPS4]フォルダの[SETUP.EXE]をダブルクリックして、LIPS4プリンタドライバをインストールしてください。
  • Windows NT4.0サーバ、Windows 2000/XPクライアントの環境で共有設定を行う場合は、クライアントであるWindows 2000/XPにはWindows 2000/XP/Server2003対応のLIPS4ドライバをインストールしてご使用ください。

既にプリントサーバ機(Windows NT 4.0/2000/XP/Server2003)で共有設定が完了している場合には、クライアント機でプリンタドライバのインストールを行ってください。インストール方法については以下をご参照ください。

クライアント機でのプリンタドライバインストール方法(プリントサーバ機がWindows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合)

下記画面はWindows XPでLIPS 4プリンタドライバ(Ver10.80)を使用した場合の例となります。

プリントサーバ機での共有設定方法
(Windows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合)

インストールする前にAdministratorsのメンバーとしてWindowsにログオンしてください。
インストールする前には、必ず他のアプリケーションソフトを終了してください。

1

プリンタドライバのインストーラを起動します。

2
[次へ]をクリックします。

使用許諾契約書が画面に表示されます。

3
内容を確認して、[はい]をクリックします。
4
[ポートを手動で設定してインストール]を選択したあと、[次へ]をクリックします。
5

処理の選択画面で、[LIPS4プリンタドライバ(またはLIPS LXプリンタドライバ)]にチェックマークを付けたあと、[次へ]をクリックします。
共有プリンタ環境で、デバイス情報取得、およびキャリブレーションを使用する場合は、プリントサーバでインストールを行うときに[Canon Driver Information Assist Service]にチェックマークを付けます。[Canon Driver Information Assist Service]が既にインストールされている場合は、【手順6】に進みます。

<実行する処理>

[プリンタを追加し、ドライバを更新する]:
新規にプリンタドライバを追加して、併せて既に登録されているプリンタドライバを更新します。

[プリンタを追加する]:
新規にプリンタドライバを追加します。

[ドライバを更新する]:
既に登録されている既存のプリンタドライバを更新します。

6

[プリンタ一覧]から追加したいプリンタを選択し、[追加]をクリックします。

選択したプリンタが[インストールするプリンタ一覧]に表示されます。
複数のプリンタを選択する場合は、Ctrlキーを押しながら選択してください。
7
[インストールするプリンタ一覧]を確認したあと、[次へ]をクリックします。
8
使用するポートを設定します。
 
複数のドライバが選択されている場合、右画面がドライバごとに表示されるため、プリンタによって異なるポートを選択できます。
ポートの設定方法が分からない場合は、仮のポート([LPT1]など)を選択し、ドライバのインストールが終了したら、正しいポートを設定してください。
9

[プリンタを共有する]にチェックマークを付けたあと、[共有名]を入力し、[次へ]をクリックします。

通常使うプリンタとして設定するときは、[通常のプリンタとして使う]にチェックマークを付けます。
ウィザードに戻ります。
10

[インストールするプリンタ一覧]を確認したあと、[開始]をクリックします。

11

「インストール開始後は中止することができません。よろしいですか?」というメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。

インストールが開始されます。
お使いの環境によっては、コンピュータの再起動を促すメッセージが表示される場合があります。その場合は、コンピュータの再起動後にインストールを続けてください。
12

インストール完了の画面が表示されたら、[ただちにコンピュータを再起動する]にチェックを入れ、[再起動]をクリックします。
 

パソコンの再起動が終了したら、関連情報オプション装着時のプリンタドライバの設定方法を参照してオプションや機種名などを設定してください。

以上でプリントサーバ機の共有設定と代替ドライバのインストールが終了しました。
続いて、クライアント機の共有設定を行います。
設定方法については以下をご参照ください。

クライアント機でのプリンタドライバインストール方法(プリントサーバ機がWindows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合)

 

 

■クライアント機でのプリンタドライバインストール方法(プリントサーバ機がWindows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合)

プリントサーバ機(Windows NT 4.0/2000/XP/Server2003)で代替インストールしている場合、クライアント機(Windows NT 4.0/2000/XP/Server2003、Windows 98/Me)には以下の手順でインストールを行ってください。

  • プリントサーバ機(Windows NT 4.0/2000/XP/Server2003)で共有設定が完了していない場合には、まずプリントサーバ機で共有設定を行った後に、クライアント機で共有設定を行ってください。→プリントサーバ機での共有設定方法(Windows NT4.0/2000/XP/Server2003の場合)
  • Windows 2000/XP/Server2003 サーバ、Windows NT4.0クライアントの環境で共有設定を行う場合は、[マイコンピュータ]-[CANON_LIPS]を右クリックで開き、[LIPSV]-[LIPS4]フォルダの[SETUP.EXE]をダブルクリックして、LIPS4プリンタドライバをインストールしてください。
  • Windows NT4.0サーバ、Windows 2000/XPクライアントの環境で共有設定を行う場合は、クライアントであるWindows 2000/XPにはWindows 2000/XP/Server2003対応のLIPS4ドライバをインストールしてご使用ください。
クライアント機でのプリンタドライバインストール方法
(プリントサーバ機がWindows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合)
1
[マイネットワーク](または[ネットワークコンピュータ])から、共有設定しているコンピュータ(プリントサーバ)を選択してダブルクリックします。
2

インストールするプリンタをダブルクリックします。

右図は、Windows Meをお使いの場合の画面例です。
メッセージが表示されます。
3

[はい]をクリックします。

右図は、Windows Meをお使いの場合の画面例です。
4
Windows 98/Meをお使いの場合は、ウィザードの指示に従ってインストールを行います。
5
インストールが終了したら、コンピュータを再起動します。
以上でインストールの作業が終了しました。

 

 

戻る

【詳細2】プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 98/Meの場合)

■プリントサーバ機での共有設定方法(Windows 98/Meの場合)

ここでは、プリントサーバ機がWindows 98/Meの場合の共有設定方法について説明します。
プリントサーバ機がWindows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合には、プリントサーバ機での共有設定方法(Windows NT 4.0/2000/XP/Server2003の場合)をご参照ください。

プリントサーバ機がWindows 98/Meの場合、下記の手順でプリンタの共有設定が必要となります。

既にプリントサーバ機(Windows 98/Me)で共有設定が完了している場合には、クライアント機でプリンタドライバのインストールを行ってください。インストール方法については以下をご参照ください。

クライアント機でのプリンタドライバインストール方法(プリントサーバ機がWindows 98/Meの場合)

下記画面はWindows Meの場合の例となります。

プリントサーバ機での共有設定方法
(Windows 98/Meの場合)
インストールする前には、必ず他のアプリケーションソフトを終了してください。
1

[マイコンピュータ]→[コントロールパネル]→[ネットワーク]アイコンの順にダブルクリックします。

[ネットワーク]ダイアログボックスが表示されます。
2

[ネットワークの設定]ページを表示して、[追加]をクリックします。

[ネットワークコンポーネントの選択]ダイアログボックスが表示されます。
3
[サービス]アイコンを選択し、[追加]をクリックします。
4

[Microsoftネットワーク共有サービス]を選択し、[OK]をクリックします。

[ネットワークコンポーネントの種類の選択]ダイアログボックスが一度表示され、[ネットワーク]ダイアログボックスに戻ります。
5

[ファイルとプリンタの共有]をクリックします。

6

[プリンタを共有できるようにする]が選択されていることを確認し、[OK]をクリックします。

7

[アクセスの制御]ページを表示して、[共有レベルでアクセスを制御する]または[ユーザーレベルでアクセスを制御する]のどちらかを選択します。

印刷できるユーザを指定したいときは、[ユーザーレベルでアクセスを制御する]を選択します。
8

[OK]をクリックし、Windowsを再起動します。

次にプリンタの共有設定を行います。
プリンタドライバがインストールされていない場合には、プリンタドライバのインストールを行ってください。
インストール方法については、関連情報をご参照ください。

9

[スタート]メニューから[設定]→[プリンタ]を選択します。

[プリンタ]フォルダが表示されます。
10

プリンタのアイコンを右クリックし、ポップアップメニューから[共有]を選択します。

11

[共有する]を選択します。
必要に応じて[共有名]を変更し、[コメント]、[パスワード]を入力します。

【手順7】で[ユーザーレベルでアクセス制御する]を選択している場合は、[追加]をクリックしてプリンタを使用するユーザを選択します。
共有名に、スペースや特殊文字は使わないでください。
12

[OK]をクリックします。

プリンタアイコンが、プリンタ共有アイコンに変更されます。

以上でプリントサーバ機の共有設定が終了しました。
続いて、クライアント機の共有設定を行います。
設定方法については以下をご参照ください。

クライアント機でのプリンタドライバインストール方法(プリントサーバ機がWindows 98/Meの場合)

 

 

■クライアント機でのプリンタドライバインストール方法(プリントサーバ機がWindows 98/Meの場合)

プリントサーバ機がWindows 98/Meの場合、以下の手順でクライアント機(Windows NT 4.0/2000/XP/Server2003、Windows 98/Me)にプリンタドライバのインストールを行ってください。

下記画面は、Windows XPでLIPS 4プリンタドライバ(Ver10.80)を使用した場合の例となります。

クライアント機でのプリンタドライバインストール方法
(プリントサーバ機がWindows 98/Meの場合)
Windows 2000/XP/Server2003の場合、インストールする前にAdministratorsのメンバーとしてWindowsにログオンしてください。
インストールする前には、必ず他のアプリケーションソフトを終了してください。
1

プリンタドライバのインストーラを起動します。

2
[次へ]をクリックします。

使用許諾契約書が画面に表示されます。

3
内容を確認して、[はい]をクリックします。
4
[ポートを手動で設定してインストール]を選択したあと、[次へ]をクリックします。
5

処理の選択画面で、[LIPS4プリンタドライバ(またはLIPS LXプリンタドライバ)]にチェックマークを付けたあと、[次へ]をクリックします。
共有プリンタ環境で、デバイス情報取得、およびキャリブレーションを使用する場合は、プリントサーバでインストールを行うときに[Canon Driver Information Assist Service]にチェックマークを付けます。[Canon Driver Information Assist Service]が既にインストールされている場合は、【手順6】に進みます。

<実行する処理>

[プリンタを追加し、ドライバを更新する]:
新規にプリンタドライバを追加して、併せて既に登録されているプリンタドライバを更新します。

[プリンタを追加する]:
新規にプリンタドライバを追加します。

[ドライバを更新する]:
既に登録されている既存のプリンタドライバを更新します。

6

[プリンタ一覧]から追加したいプリンタを選択し、[追加]をクリックします。

選択したプリンタが[インストールするプリンタ一覧]に表示されます。
複数のプリンタを選択する場合は、Ctrlキーを押しながら選択してください。
7
[インストールするプリンタ一覧]を確認したあと、[次へ]をクリックします。
8
[ポートの追加]をクリックします。
 
複数のドライバが選択されている場合、右画面がドライバごとに表示されるため、プリンタによって異なるポートを選択できます。
[ポートの追加]ダイアログボックスが表示されます。
9
[追加するポート]で[ネットワーク]を選択し、[OK]をクリックします。
 
[ネットワークポートの設定]ダイアログボックスが表示されます。
10

プリントサーバの中の共有されたプリンタのアイコンを選択して、[OK]をクリックします。

プリントサーバ機がWindows 98/Meの場合のコンピュータ名は、[コントロールパネル]→[システム]→[コンピュータ名]で「フルコンピュータ名」を確認してください。
11

[次へ]をクリックします。

通常使うプリンタとして設定するときは、[通常のプリンタとして使う]にチェックマークを付けます。
ウィザードに戻ります。
12
[インストールするプリンタ一覧]を確認したあと、[開始]をクリックします。
13

「インストール開始後は中止することができません。よろしいですか?」というメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。

インストールが開始されます。
お使いの環境によっては、コンピュータの再起動を促すメッセージが表示される場合があります。その場合は、コンピュータの再起動後にインストールを続けてください。
14

インストール完了の画面が表示されたら、[ただちにコンピュータを再起動する]にチェックを入れ、[再起動]をクリックします。

以上でインストールの作業が終了しました。

 

 

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1310 / LBP-1420 / LBP-1510 / LBP-1610 / LBP-1620 / LBP-1710 / LBP-1810 / LBP-1820 / LBP-1910 / LBP-2030 / LBP-2040 / LBP-2050 / LBP-2160 / LBP-2200 / LBP-2260 / LBP-2260N / LBP-2300 / LBP-2360 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP-310 / LBP-320 / LBP-320Pro / LBP-350 / LBP3410 / LBP3700 / LBP3800 / LBP3900 / LBP3920 / LBP3950 / LBP3970 / LBP-430 / LBP-450 / LBP-470 / LBP5400 / LBP5500 / LBP5700 / LBP5800 / LBP5900 / LBP5900SE / LBP-720 / LBP-730 / LBP-740 / LBP-740e / LBP-750 / LBP-830 / LBP-840 / LBP-850 / LBP-870 / LBP-880 / LBP-910 / LBP-930 / LBP-930EX / LBP-950

 

[TOP▲]
このページのトップへ