オプション装着時のプリンタドライバの設定方法



オプション装着時のプリンタドライバの設定方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000028051



詳細情報:
  1. オプション装着時のプリンタドライバの設定方法

【詳細1】オプション装着時のプリンタドライバの設定方法

■オプション装着時のプリンタドライバの設定方法

プリンタ本体に下記のオプションを装着して使用する際には、印刷前に装着したオプションなどのプリンタの環境を設定してください。
※オプションを装着するたびに、必ず設定してください。

<オプション例>
・両面ユニット
・給紙カセット
・ペーパーデッキ
・7ビンソータ
・ステイプルスタッカ
・封筒フィーダ
・拡張メモリ
・ハードディスク

【重要】
共有プリンタ環境で下記手順を行う場合は、Canon Driver Information Assist Serviceがプリントサーバにインストールされている必要があります。

設定方法

1

プリンタを正しく接続したあと、プリンタの電源が入っていること、およびプリンタのオンラインランプが点灯していることを確認します。

2

[スタート]メニューから[設定]→[プリンタ]を選択します。

[プリンタ]フォルダが表示されます。

Windows XP Professional/Server2003の場合は[スタート]-[プリンタとFAX]、Windows XP Home Editionの場合は[スタート]-[コントロールパネル]-[プリンタとその他のハードウェア]-[プリンタとFAX]を選択してください。
3 お使いのプリンタ名のアイコンを選択したあと、[ファイル]メニューから[プロパティ]を選択します。

プリンタプロパティダイアログボックスが表示されます。

プリンタ名のアイコンを右クリックして[プロパティ]を選択しても、プリンタプロパティダイアログボックスを表示できます。
4 [デバイスの設定]ページを表示して、[デバイス情報取得]をクリックします。
 
5 給紙オプションや排紙オプションなど、お使いの環境を確認したあと、[OK]をクリックします。
 
Canon Driver Information Assist Serviceがインストールされていない、またデバイス情報取得がエラーになった場合は、給紙オプションや排紙オプションなどのお使いの環境を手動で設定してください。

以上でオプション装着時のプリンタドライバの設定が終了しました。

 

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1310 / LBP-1420 / LBP-1510 / LBP-1610 / LBP-1620 / LBP-1710 / LBP-1810 / LBP-1820 / LBP-1910 / LBP-2030 / LBP-2040 / LBP-2050 / LBP-2160 / LBP-2200 / LBP-2260 / LBP-2260N / LBP-2300 / LBP-2360 / LBP-2410 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP3410 / LBP3600 / LBP3700 / LBP3800 / LBP3900 / LBP3920 / LBP3950 / LBP3970 / LBP-430 / LBP-450 / LBP-470 / LBP5200 / LBP5400 / LBP5500 / LBP5600 / LBP5600SE / LBP5700 / LBP5800 / LBP5900 / LBP5900SE / LBP-720 / LBP-730 / LBP-740 / LBP-740e / LBP-750 / LBP-830 / LBP-840 / LBP-850 / LBP-870 / LBP-880 / LBP-910 / LBP-930 / LBP-930EX / LBP-950

 

[TOP▲]
このページのトップへ