定着ローラの清掃方法(LBP3600)



定着ローラの清掃方法(LBP3600)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000028075



 



詳細情報:
  1. 定着ローラの清掃方法(LBP3600)

【詳細1】定着ローラの清掃方法(LBP3600)

■定着ローラの清掃方法(LBP3600)

ここでは、定着ローラの清掃方法について説明します。

印刷した用紙の表面や裏面に黒点状の汚れが付着するような場合は、次の手順で定着ローラを清掃してください。
清掃することで、画像不良の発生を防止します。

定着ローラの清掃は、まずA4サイズの用紙に下図のようなクリーニングページを印刷します。そのクリーニングページを使って、手差しトレイから給紙し、排紙トレイに排紙します。操作手順については、以下をご参照ください。

【重要】

  • A4サイズの用紙以外に、クリーニングページをプリントすることはできません。A4サイズの用紙をご用意ください。
  • A4またはレターサイズの用紙が給紙カセットにセットされていないときは、手差しトレイにA4またはレターサイズの用紙を横置きでセットしてください。
  • クリーニングの実行には、約2分かかります。
  • クリーニングは中止することができません。完了するまでお待ちください。
定着ローラの清掃方法(Windows)
1

プリンタステータスウィンドウを表示します。

プリンタステータスウィンドウの表示方法は、関連情報をご参照ください。

2
[オプション]メニューから[ユーティリティ]→[クリーニング 1]を選択します。
3

[OK]をクリックします。

プリンタステータスウィンドウに「クリーニングページを印刷しています」と表示され、クリーニングページが印刷されます。

A4サイズの用紙がいずれの給紙部にもセットされていないときは、用紙交換要求のメッセージが表示されます。手差しトレイに用紙をセットしてください。
4

手差しトレイを開けます。

手差しトレイは中央の取っ手を持って開けます。

5
用紙押さえレバーを上げます。
6
用紙ガイドをA4に合わせます。
7
クリーニングページの印刷された面を下にして、矢印が奥になるように手差しトレイにセットします。
8

用紙押さえレバーを下げます。

用紙がゆっくりと送られて、定着ローラの清掃を開始します。
クリーニングの実行には、約2分かかります。
クリーニングは中止することができません。完了するまでお待ちください。
上記操作をしても印刷した用紙の表面や裏面に黒点状の汚れが付着するような場合は、[クリーニング1]を再度行ってください。

 

以上で定着ローラの清掃は終了です。

 

 

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP3600

 

[TOP▲]
このページのトップへ