使用できる用紙・使用できない用紙(LBP5600SE/5600)



使用できる用紙・使用できない用紙(LBP5600SE/5600)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000028121



詳細情報:
  1. 使用できる用紙(LBP5600SE/5600)
  2. 使用できない用紙(LBP5900SE/5900/5600SE/5600)

【詳細1】使用できる用紙(LBP5600SE/5600)

 

■用紙サイズ

LBP5600SE/5600では次の用紙サイズを使用できます。

 

  ◎→片面プリントと自動両面プリントが可能

  ○→片面プリントのみ可能

  ×→セット不可能

 

用紙サイズ 給紙部
手差トレイ カセット1 カセット2
(オプション)
カセット3
(オプション)
カセット4
(オプション)
普通紙

A5

B5  *1
A4  *1
B4  *2
A3  *2
レター  *1
エグゼクティブ  *1
リーガル *2
レジャー(11×17)  *2
12×18  *2 × × × ×
ユーザ定義サイズ   *3 ×   *4   *4   *4

長尺紙  *2

  *5 × × × ×
厚紙 A5〜12×18 × × × ×
ユーザ定義サイズ *3 × × × ×
長尺紙  *2 *5 × × × ×
コート紙 A3 × × × ×
A4 × × × ×
ラベル用紙 A4
はがき  *2 公社製はがき
(100mm×148mm)
× × × ×
往復はがき  *1
(148mm×200mm)
× × × ×
4面はがき  *1
(200mm×296mm)
× × × ×
封筒  *2
 
 

洋型4号
(105mm×235mm)
× × × ×
洋型2号
(114mm×162mm)
× × × ×
角形2号
(240mm×332mm)
× × × ×
*1 横置きのみセット可能です。
*2 縦置きのみセット可能です。
*3 以下のサイズのユーザ定義用紙をセットすることができます。
 ・縦置きの場合:幅98.0〜312.0mm、長さ148.0〜457.2mm
 ・横置きの場合:幅210.0〜297.0mm、長さ148.0〜297.0mm
以下のサイズのユーザ定義用紙を自動両面印刷することができます。
 ・縦置きの場合:幅210.0〜297.0mm、長さ210.0〜431.8mm
 ・横置きの場合:幅210.0〜297.0mm、長さ148.0〜297.0mm
*4 以下のサイズのユーザ定義用紙をセットすることができます。
 ・縦置きの場合:幅210.0〜297.0mm、長さ210.0〜431.8mm
 ・横置きの場合:幅210.0〜297.0mm、長さ148.0〜297.0mm
*5 以下のサイズの長尺紙を縦置きにセットすることができます。
 ・幅210.0〜297.0mm、長さ457.3〜1200.0mm

 

■用紙タイプ

LBP5600SE/5600では次の用紙タイプを使用できます。

使用する用紙にあわせて、プリンタドライバの用紙タイプの設定も変更してください。
プリンタドライバの用紙タイプの設定は、プリンタドライバの印刷設定画面を開き、[給紙]タブシート内の[用紙タイプ]で設定してください。

  ◎→片面プリントと自動両面プリントが可能

  ○→片面プリントのみ可能

  ×→セット不可能

 

用紙タイプ プリンタドライバの
用紙タイプ設定
給紙部
手差トレイ カセット1 カセット2
(オプション)
カセット3
(オプション)
カセット4
(オプション)
普通紙
(64〜105g/m2
[普通紙]*1
厚紙
106〜169g/m2
[厚紙 1] × × × ×
170〜220g/m2
[厚紙 2] × × × ×
コート紙 [コート紙]*2 × × × ×
ラベル用紙 [ラベル用紙]
はがき [はがき]*3 × × × ×
封筒 *4 × × × ×
*1 [普通紙]に設定してプリントした結果、次のような不具合があった場合は、[普通紙 L]に設定してください。
・普通紙(64g/m2)をプリントした結果、用紙のカールが目立つ場合
・幅がレターサイズ(279.4mm)以下の用紙を連続印刷したときに、印刷速度が遅くなる場合
*2 106〜169g/m2以外のコート紙の場合は、以下の設定を行ってください。
・105g/m2以下の場合:[用紙タイプ]の設定を[普通紙]にする
・170〜220g/m2の場合:[用紙タイプ]の設定を[コート紙]にして、[仕上げ]ページ-[仕上げ詳細]-[処理オプション]の順にクリックし、[処理オプション]ダイアログボックスにある[特殊定着モード]の設定を[モード 4]にする
*3 [はがき]は、[ページ設定]ページの[出力用紙サイズ]の設定が[はがき]、[往復はがき]、[4面はがき]の場合にのみ選択できます。また、プリンタは、はがき、往復はがき、4面はがきサイズの普通紙(64〜105g/m2)、厚紙(106〜169g/m2)やキヤノン推奨4面はがきにも印刷することができます。はがき、往復はがき、4面はがきサイズの普通紙(64〜105g/m2)に印刷する場合は、[普通紙]を選択し、厚紙(106〜169g/m2)やキヤノン推奨4面はがきに印刷する場合は、[厚紙1]を選択します。
*4 封筒の場合は、[ページ設定]ページの[出力用紙サイズ]を設定すると自動的に各用紙タイプに適した印刷モードで印刷されます。

 

 

戻る

【詳細2】使用できない用紙(LBP5900SE/5900/5600SE/5600)

紙詰まりやプリンタ本体の故障、トラブルを防ぐため、次にあげるような用紙はお使いにならないでください。

■紙詰まりを起こしやすい用紙

  • 厚すぎる用紙、薄すぎる用紙 
  • 不規則な形の用紙 
  • 湿っている用紙、濡れている用紙 
  • 破れている用紙 
  • 表面が粗い用紙、つるつるしすぎている用紙 
  • バインダ用の穴やミシン目のある用紙 
  • カールした用紙や折り目のある用紙 
  • 紙の表面に特殊なコーティングを施した用紙(インクジェットプリンタ専用コーティング用紙など) 
  • 裏紙が簡単にはがれてしまうラベル用紙 
  • 複写機や他のレーザプリンタで一度使用した用紙(裏面も不可 。ただし、同じプリンタで一度印字した用紙の裏面に、手差しトレイを使用して手動で両面印刷することはできます。一度印字した同一面に再度印字することはできません。)
  • バリのある用紙 
  • しわのある用紙 
  • 角折れのある用紙 

■高温によって変質する用紙

  • 定着器の熱(約190℃)溶解、燃焼、蒸発したり有毒なガスを発するインクを使用した用紙 
  • 感熱用紙 
  • 表面加工したカラー用紙 
  • 紙の表面に特殊なコーティングを施した用紙 (インクジェットプリンタ専用コーティング用紙など) 
  • 糊などがついた用紙 

■プリンタ本体の故障や損傷の原因となる用紙

  • カーボン紙 
  • ホチキス、クリップ、リボン、テープなどがついている用紙 
  • 複写機や他のレーザプリンタで一度使用した用紙(裏面も不可。ただし同じプリンタで一度印字した用紙の裏面に、手差しトレイを使用して手動で両面印刷することはできます。一度印字した同一面に再度印字することはできません。) 

■トナーが定着しにくい用紙

  • ざら紙、和紙のように表面がざらざらしている用紙 
  • 繊維の粗い用紙 
  • 紙の表面に特殊なコーティングを施した用紙 (インクジェットプリンタ専用コーティング用紙など)
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP5600 / LBP5600SE

 

[TOP▲]
このページのトップへ