キヤノン製ネットワークボードのディップ(DIP)スイッチ変更による初期化方法



キヤノン製ネットワークボードのディップ(DIP)スイッチ変更による初期化方法
更新日 : 2014年10月7日
文書番号 : Q000028129



ここでは、キヤノン製ネットワークボード(NB-5F/4F/E1/C1/C2)のディップ(DIP)スイッチを切り替えて、設定値を工場出荷時の値に戻す初期化方法について説明します。

なお、NB-5F/4F/E1/C1以外のキヤノン製ネットワークボード、または他社製(サイレックステクノロジー(株)製/キヤノンイメージングシステムズ株式会社製/アクシス・コミュニケーションズ株式会社製)のネットワークボードをご利用の場合、ソフトウェアを使用してネットワークボードの初期化を行うことができます。
詳細については、
関連情報キヤノン製ネットワークボード(プリントサーバ)の初期化方法」をご参照ください。

 



詳細情報:
  1. ネットワークボードのディップ(DIP)スイッチ変更による初期化方法(NB-5F/NB-4F/NB-E1NB-E2)
  2. ネットワークボードのディップ(DIP)スイッチ変更による初期化方法(NB-C1/NB-C2)

【詳細1】ネットワークボードのディップ(DIP)スイッチ変更による初期化方法(NB-5F/NB-4F/NB-E1/NB-E2)

■ネットワークボードのディップ(DIP)スイッチ変更による初期化方法(NB-5F/NB-4F/NB-E1/NB-E2)

ここでは、ネットワークボードのディップ(DIP)スイッチを切り替えて、設定値を工場出荷時の値に戻す初期化方法について説明します。

この方法はNB-5F/NB-4F/NB-E1/NB-E2に限って可能です。NB-1/2/3Fや他社製ボードにはこの方法は使えません。

 【参考】

本体パネル操作でIPアドレスの設定ができる機種は、本体パネル操作にて初期化操作を行うことができます。
( 操作手順については 「ネットワークガイド(本編)」 をご確認ください )

ネットワークボードのディップ(DIP)スイッチ変更による初期化方法
1
プリンタからネットワークボードを取り外します。
2
ネットワークボードのディップスイッチ 1 をON側に切り替えて、ネットワークボードをプリンタに取り付けます。
3
プリンタの電源をオンにして1〜2分待ち、プリンタの電源をオフにします。
4

ネットワークボードを取り外し、ネットワークボードのディップスイッチをOFF側に戻します。

【重要】
ディップスイッチ 1 をオンのままにしていると、電源再起動のたびに初期化され、ボードへ設定を行っても設定が反映されない状態になります。ご注意ください。

5
ネットワークボードをプリンタに取り付けます。


戻る

【詳細2】ネットワークボードのディップ(DIP)スイッチ変更による初期化方法(NB-C1/NB-C2)

■ネットワークボードのディップ(DIP)スイッチ変更による初期化方法(NB-C1/NB-C2)

ここでは、ネットワークボードのディップ(DIP)スイッチを切り替えて、設定値を工場出荷時の値に戻す初期化方法について説明します。

【重要】

  • この方法はNB-C1/NB-C2に限って可能です。
  • ネットワークボードをリセットする作業には、プラスドライバが必要です。あらかじめネジに合ったサイズのものをご用意ください。
ネットワークボードのディップ(DIP)スイッチ変更による初期化方法

1

電源スイッチの”○”側を押してプリンタの電源をオフにし、電源プラグを電源コンセントから抜き、アース線を専用のアース線端子から取り外します。
2

すべてのインタフェースケーブルや電源コード、アース線を取り外します。

オプションの両面ユニットが取り付けられているときは、プリンタから取り外します。

3

2本のネジを外して、ネットワークボードを取り外します。

【重要】
ネットワークボードの部品やプリント配線、コネクタには直接手を触れないでください。


4

ディップスイッチ 1 をオン側に切り替えます。

 初期値 = 1:OFF、2:ON、3:OFF、4:OFF

【重要】

  • ディップスイッチは、ボールペンの先などで設定してください。
  • ディップスイッチを設定する際は、ボールペンなどの先でメインボードを傷つけないように気をつけてください。また、シャープペンシルなどの先端の鋭利なものは使用しないでください。

5

ネットワークボードを拡張ボードスロットに差し込みます。

【重要】

  • ネットワークボードは、金属製のパネル部分を持ち、ボードを拡張ボードスロット内部のガイドレールに合わせて差し込みます。
  • ネットワークボードの部品やプリント配線、コネクタには直接手を触れないでください。
  • ネットワークボードのプリンタ接続コネクタを、拡張ボードスロット内部のコネクタにしっかりと確実に押し込んでください。

6
ネットワークボードの上下を、付属の2本のネジで固定します。
7
電源コード、アース線を接続します。
8
アース線を専用のアース線端子へ、電源プラグを電源コンセントへ接続します。
9
電源スイッチの”|”側を押して、プリンタの電源をオンにし、印刷可ランプが点灯するまで待ってから、電源スイッチの"○"側を押してプリンタの電源をオフにします。
10
電源プラグを電源コンセントから抜き、アース線を専用のアース線端子から取り外します。
11
電源コード、アース線を取り外します。
12

ネットワークボードを取り外し、ディップスイッチ 1 をオフ側に戻します。

【重要】

  • ディップスイッチ 1 をオンのままにしていると、電源再起動のたびに初期化され、ボードへ設定を行っても設定が反映されない状態になります。ご注意ください。
  • ディップスイッチは、ボールペンの先などで設定してください。
  • ディップスイッチを設定する際は、ボールペンなどの先でメインボードを傷つけないように気をつけてください。また、シャープペンシルなどの先端の鋭利なものは使用しないでください。
13

ネットワークボードを取り付けます。

オプションの両面ユニットが取り付けられているときは、プリンタから取り外します。

14
すべてのインタフェースケーブルや電源コード、アース線を接続します。
15
アース線を専用のアース線端子へ、電源プラグを電源コンセントに接続します。


戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1310 / LBP-1420 / LBP-1510 / LBP-1610 / LBP-1620 / LBP-1710 / LBP-1810 / LBP-1820 / LBP-1910 / LBP-2040 / LBP-2050 / LBP-2200 / LBP-2260 / LBP-2260N / LBP-2300 / LBP-2360 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP3300 / LBP3310 / LBP3500 / LBP3600 / LBP3700 / LBP3800 / LBP-470 / LBP5000 / LBP5100 / LBP5500 / LBP5600 / LBP5600SE / LBP5700 / LBP5800 / LBP-840 / LBP-870 / LBP-880 / LBP-910 / LBP-950

 

[TOP▲]
このページのトップへ